1. トップ
  2. グルメ
  3. 痩せたい人にはこの2つ!「さえみどり」と「そうふう」緑茶を選ぶが正解!?

痩せたい人にはこの2つ!「さえみどり」と「そうふう」緑茶を選ぶが正解!?

  • 2015.8.14
  • 3743 views

いつの季節も気になるダイエット。ダイエットに良いと言われている食べ物や飲み物はいろいろありますが、手軽なものでないと毎日続きませんよね。そこでおすすめなのが、「そうふう」・「さえみどり」という品種の緑茶。通常の緑茶にも含まれる脂肪を燃焼させる働きの期待される「カテキン」に加え、「ケルセチン」というポリフェノールが含まれ、ダブルで脂肪をブロックするそうですよ!

■ダイエットなら「そうふう」、「さえみどり」がおすすめな理由2つ

(1)「ケルセチン」で脂肪を分解

「ケルセチン」には、既に蓄積された脂肪細胞の脂肪を分解するよう促す働きがあることが判っています。ケルセチンは、玉ねぎなどに多く含まれるポリフェノールなのですが、「そうふう」・「さえみどり」という緑茶には、一般的な緑茶の約2.5倍ものケルセチンが含まれているといわれています。農研機構の発表によれば、これらの緑茶を数杯飲むことで、玉ねぎ半分のケルセチンを摂ることができるのだとか。

(2)「カテキン」で脂肪を燃焼

トクホ飲料でもお馴染みのカテキンには、脂肪を燃焼させる酵素を活性化させる働きがあります。また、継続して摂ることで、脂肪を燃焼しやすい身体へと導き、溜まった脂肪を分解して燃焼させる効果もあるそうです。ケルセチンとダブルで蓄積された脂肪にアタックしてくれそう!

■緑茶にチョイ足しで効果UPの食材とは?

本来、発酵して作られた紅茶にしか含まれない紅茶ポリフェノール「テアフラビン」。テアフラビンには、糖を分解する酵素の活性を抑える働きがあるため、食事と一緒に摂ることで糖の吸収を抑える効果が期待できます。

長崎大学大学院の研究によれば、緑茶にミントやリンゴの皮を加えることでテアフラビンが発生するそうですから、食事中はフレーバー緑茶が良さそうですね!

ケルセチンが配合されたお茶は、コンビニでも買うことができますから続けやすいはず。ダイエットが気になる方は、「そうふう」・「さえみどり」を毎日のお茶に選んでみてはいかがでしょうか。

(岩田 麻奈未)

元記事を読む