1. トップ
  2. 恋愛
  3. お見合い結婚とは?恋愛結婚との違い、メリット・デメリットも!

お見合い結婚とは?恋愛結婚との違い、メリット・デメリットも!

  • 2022.1.7
  • 190 views


「お見合い結婚」というと、結婚したい男女を仲人が引き合わせて成婚に導く、昔ながらの婚活方法というイメージの人も多いのでは?お見合い相手と恋愛することはできるのか、離婚率が高いのではないかなど、知らないことや気になることも多いと思います。婚活中の人やこれから結婚相談をしたい人たちのために、婚活アドバイザーの大西明美さんに、お見合いの定義や恋愛結婚との違いについて聞いてみました。婚活方法を間違えて後悔しないためにも、お見合い結婚のメリット・デメリットも解説します!

お見合い結婚とは



お見合い結婚とは、結婚を目的に男女が出会って、結婚に至ることです。

お見合い結婚をするには、主に結婚相談所とマッチングアプリの2つの方法があります。また、結婚相談所には、仲人が会員の中から合うふたりを選んでお見合いさせる仲人推薦型と、自分のプロフィールと相手の条件を入力して会員の中から相性の合う相手を選び出すマッチングデータ型の2つのタイプがあります。

結婚したい男女が集まっているので、結婚相談所やマッチングアプリに入会すればすぐに結婚できると思われがちですが、自分に合う人と出会うのは意外と難しいものです。お見合いは、うまくいかず落ち込むこともあるので、頑張って続けたらいつかは結婚できるものと頭に入れておくことも大切です。

お見合い結婚と恋愛結婚の違い



お見合い結婚と恋愛結婚にはどんな違いがあるのでしょう。

出会い方と結婚に対する考え


お見合い結婚は、結婚相談所やマッチングアプリなどを介して出会い、「価値観が合うか」「一緒に暮らせるか」などと、最初から結婚を意識して相手を見ます。

対する恋愛結婚は、仕事や友人関係などの日常生活の中で相手と出会うので、出会ったときは結婚についてはまだお互いに考えていない可能性が高いです。相手には、「一緒にいて楽しいか」「恋愛感情があるか」などが重視されるでしょう。

好きになる前の情報量


お見合いの場合は、職業や年収などのほか、介護が必要か、持病はあるかなども分かります。

好きになってから徐々に相手の情報が分かってくる恋愛と違い、お見合いは社会的ステータスや家族構成が会う前から分かるので、相手の情報を知った上で関係をつくり上げていくことになります。

結婚相手としての見極め方


結婚相談所によっては、成婚前に体の関係を持つことは禁止されているところもあります。体の関係を持ってしまうと、情が湧いたり、執着したりすることもあるので、相手を結婚相手として見た場合、冷静に判断することが難しくなることもあるからです。

体の関係があるかないかで、相手への気持ちや見方が変わってくるので、結婚相手を感情で選ぶか、理性で選ぶかで違ってくることもあります。

お見合い結婚でも“恋愛”はできる!



結婚を目的に相手と出会ったとしても、最初から相手の情報が分かったとしても、お見合いは出会い方の一つなので、恋愛をすることはできます。

例えば、1時間のお見合いでひと目ぼれをする“1時間ぼれ”というパターン。自分が大切に思っていることを相手から感じたり、相手が話したりすると、「この人は私と同じ考え方だ」とビビッときて、1時間ぼれが起きます。1時間ぼれをして、1カ月で結婚するケースも珍しくはありません。

お見合いでの出会いでときめきやドキドキ感は味わえないと思っている人も多いので、あまり期待をしていない分、「この人だ」と思う人に出会ったときの反動や感動は大きいのでしょう。

お見合い結婚のメリット



お見合い結婚にはどんな良い点があるのか、メリットを見てみましょう。

正しい経歴や経済面が分かる


お見合いでは会う前から経歴や職業、年収などがすべて分かります。結婚相談所に入会するときに、課税証明書や住民票などを提出するので、うそをつかれることもありません。

結婚後のリスクを事前に知ることができる


結婚生活への支障が大きい持病や介護、借金などが事前に分かります。「こんなはずじゃなかった」という可能性が低くなるので、「結婚後に分かって離婚に繋がる」というケースも抑えられます。

相手が見つかれば結婚までが早い


結婚相談所には結婚に前向きな人が集まっているので、もし相手が見つかったら、成婚退会して、結婚するまでがスムーズです。

結婚に対する覚悟やスピード感は恋愛結婚より大きいでしょう。

お見合い結婚のデメリット



物事にはメリットもあればデメリットもあるもの!お見合い結婚にはどんな注意点があるのでしょうか。

出会い方にテンションが下がる


「お膳立てされた出会いだし……」とか、「一緒に暮らす人をお見合いで選ぶのか……」といった、出会い方にテンションが下がる人もいるかもしれません。

しかし、そこにこだわってしまうと、せっかく良い人がいてもうまくいかなかったり、良い出会いを遠ざけたりしてしまいます。お見合いも出会いの一つですし、お見合いで1時間ぼれをすることもあるので、「お見合いでも恋はできる」と頭に入れておくとよいかもしれませんね。

うまくいかず落ち込むことがある


お見合いがうまくいかなくて、落ち込んだり、やる気をなくしたりしてしまう人も少なくないと思います。

自分に合う人に出会えず心が折れてしまいそうになるかもしれませんが、なんとか頑張って続ければ、いつかは「この人だ」という人に出会えます。それを信じて頑張れるメンタルを持つことは大切です。

恋愛偏差値が異なる相手に驚くことがある


結婚相談所には、真面目で恋愛経験が少ない人から、恋愛経験の多い人まで、いろんな方がいます。人並みに恋愛してきた人は、恋愛慣れしていない相手に驚くことがあるかもしれません。

でも、たとえうまくかみ合わなかったとしても、お互いに歩み寄ったり、教えてあげればいいだけの話。恋愛経験の少なさからくるデメリットだったら、少し長い目で見てあげてもよいかも!

自分が納得できる選択を!



お見合い結婚にはメリットもあれば、デメリットもあります。お見合い結婚と恋愛結婚のどちらが正解ということはなく、自分が納得できる選択をすることが大切です。

今の状況や結婚後の生活なども考えて、自分に合った出会いや結婚の形が見つかるといいですね。

取材・文/坂田圭永

【監修】
大西明美さん
婚活アドバイザー。2010年から結婚相談所を経営。1日20件以上の婚活メール相談をこなし、直接面談での婚活アドバイスは年間100人以上。12年で400組以上のカップルを成婚に導く。お見合いのマッチング業務の成功事例、失敗事例を分析し、再現性がある婚活の法則を導き出すことを得意とする。また、テレビや雑誌、ウェブサイトなどのメディアでも、婚活や恋愛についての情報を精力的に発信している。主な著書に『となりの婚活女性は、今日も迷走中』(かんき出版)がある。
公式サイト: http://konkatu.akemiohinishi.com/


元記事で読む
の記事をもっとみる