1. トップ
  2. なにわ男子、答えが出るまで7人で デビュー前の単独ツアーで見えた“メンバーの意識の変化”「最近は年下の子たちがすごく意見をくれる」<RIDE ON TIME>

なにわ男子、答えが出るまで7人で デビュー前の単独ツアーで見えた“メンバーの意識の変化”「最近は年下の子たちがすごく意見をくれる」<RIDE ON TIME>

  • 2022.1.7
  • 250 views
なにわ男子が「RIDE ON TIME」に登場 (C)フジテレビ
なにわ男子が「RIDE ON TIME」に登場 (C)フジテレビ

【写真を見る】なにわ男子、まるで“王子様”!キラキラピンク衣装でキュートな笑顔

1月7日(金)放送の「連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME」(夜1:05-1:35、フジテレビ)では、なにわ男子を特集する。彼らは、11月12日に「初心LOVE」でCDデビューを果たし、初週で70.6万枚を売り上げ、ミュージックビデオの再生回数は2000万回超え、さらにTikTokでの楽曲総再生回数が5億回を突破するなど、快進撃を続ける関西出身の7人組。番組は2018年の結成時から約3年に渡り密着取材し、それぞれが抱くデビューへの強い思いや葛藤、知られざる胸の内に迫る。

CDデビュー前の単独アリーナツアー

2021年3月、デビュー前のジャニーズJr.としては異例の、全国8カ所を巡る単独アリーナツアー「なにわ男子 First Arena Tour 2021 #なにわ男子しか勝たん」の開催が決定した。後にこのツアー中にデビューが発表されることになるコンサートツアーだ。

そのステージ演出を初めて任されたのは、グループのセンターを務める西畑大吾。30曲以上を披露するセットリストやステージ構成を練り上げ、メンバーやコンサートスタッフと意見を交わす。

大西流星は、コンサートグッズのプロデュースを担当。さまざまな使い方をファンに提案したいと、試行錯誤を繰り返していた。藤原丈一郎は、自身が磨いてきた笑いのスキルを生かし、MCコーナーの台本を作成。ホワイトボードに次々と企画を書き出し、検討を重ねていた。

そして最年少の長尾謙杜は、ステージ衣装のデザインに携わっていた。自らの希望を漏れなく伝えるためデザインをイラストにし、衣装の担当者に伝える姿があった。グループ初の大舞台に、メンバーそれぞれが個性をいかし全力で臨んでいた。

答えが出るまで7人で

6月下旬、最終リハーサルが行われていた。この日は美術や技術など様々な部署の主要スタッフが集結。ツアーが決定した3月から積み上げてきたものが、実を結んでいるかが問われる。このステージのために用意された衣装を実際に着用し、30曲にも及ぶ楽曲を通しで確認していく。その中で課題も浮き彫りになった。衣装の早着替えが間に合わないのだ。

衣装をデザインした長尾は「できるだけ新しい衣装でやりたい。でも(本番でも)間に合わなかったら…」と不安な顔を見せる。これまでは、グループをプロデュースする関ジャニ∞の大倉忠義から、多くのアドバイスをもらっていた彼ら。しかし今回のツアーでは、解決策が出るまで7人で話し合いを重ねた。

西畑は「結成当時はあまり言い合えてなかったと思う。最近は年下の子たちがすごく意見をくれるし、本心で話してくれているなっていう感覚がある」と、メンバーの意識の変化について明かした。

メンバーそれぞれの“アイドル”像

その日のリハーサル終わり、西畑はメンバーを集め「今後、どういうアイドルになりたいか?」と投げかけた。大西は「アイドルとして、日本全国の方に認められる(存在)」、高橋恭平は「いろんな人の喜怒哀楽にいたい」、藤原は「俺らってJr.で前例のないことをめっちゃしてる。デビューしても前例のないことをしていきたい」と語った。

メンバーの熱い思いを聞いた西畑は「こういう話し合いも恥ずかしがらずにできるようなグループでいられたらいいと思う」「あかんわ、泣きそうになってきた」と照れ笑いを見せた。

結成から3年、デビューという夢をつかみ取るために、走り続けてきた彼らの熱い志と強い覚悟が明らかになる。

元記事で読む
の記事をもっとみる