1. トップ
  2. 恋愛
  3. 「セックスしても友だちでいられる」と答えた女子、衝撃の…●割!

「セックスしても友だちでいられる」と答えた女子、衝撃の…●割!

  • 2015.8.13
  • 2172 views

突然ですがみなさん、セックスはどんな相手としますか? 本当に突然すみませんでした。ちなみにイケメンとしたいとか、美女としたいとか、そういった話ではないです。

なぜそんな質問をしたかというと、今回Woman Insight編集部では280人(男性:78人 女性:202人)に「セックスをしても友だちでいられるか」というテーマでアンケートを実施したのです。

「友だちでいられる・いられない」の割合と、それぞれの男女比、そして「友だちでいられない」と答えた人はどんな関係になるのか。そういったことが明らかになっています!

調査した私個人としては、かなり衝撃の結果だと思います……まさかこんな数字が出るなんて! 必見です。


◆セックスをしても、友だちでいられますか?

友だちでいられる……49.3% 138人(男性:56人 女性:82人)

友だちではいられない……50.7% 142人(男性:22人 女性:120人)

 
なんと半々! ですが、これは男女を混ぜての割合なので、性別で分けて数字を見てみます。

すると、男子は「友だちでいられる」と答えた割合のほうが多く7割、女子は「友だちでいられない」と答えた割合のほうが多く6割となりました。

とは言っても、意外と「友だちでいられる」と思っている女子多いですね。4割ですよ!

続いて、それぞれの意見を見ていきます。

【友だちでいられる派】

「過去に職場の先輩と一度だけしたことありますが、今は普通に仲のいい先輩後輩です」(女性・26歳 会社員)
「別れた人たちとは今でも親しい友達なので。コミュニケーションの一環であって、あまり深いものとは思っていない」(女性・26歳 建設業)
「セックスはコミュニケーションの一種だと思う。お互いに納得の上なら、普通に遊ぶのと変わりはない。ただエチケットは守るべき」(男性・25歳 営業)
「これ以上の秘密はない友人になれるから」(男性・22歳 ディレクター)

 

基本的に「友だちでいられる」派の人たちは、セックスは関係性をあまり問わずコミュニケーションの一環と捉えている傾向がありました。

 

【友だちでいられない派】

「身体だけの関係であって、その人とは遊園地などそういった普通の場所へのデートはできない楽しめない」(女性・22歳 フリーター)
「友達とすべき行為ではないので、やはり彼氏としたい」(女性・20歳 大学生)
「裸が浮かんじゃうようになってそれしか見えなくなる」(男性・32歳 Webメディア運営)
「だいたい、セックスしたら、今までの関係に我慢できなくなるから」(男性・21歳 大学生)

 

「友だちでいられない」派の人たちは、ほぼ2種類に分けられました。

まずは「セックスをするのは恋人だけ」というタイプ。仮に恋人以外とセックスをしてしまった場合は恋愛感情が生まれてしまうか気まずくなり、関係が切れることが多いようです。

そして「一度したら次も」タイプ。つまり一度したらそのままセフレになるという人です。

 

というわけでみなさんが結果どんな関係になるのかも見ておきましょう。

◆「友だちではいられない」と答えた方は、どんな関係になりますか?

セフレ……42.8%

完全に関係が切れる……32.4%

その他……24.8%

「その他」は「ギクシャクする」「友だち以上恋人未満」といった意見がありつつも、ほとんどが「友だちになる」「それまで通り(友だちのまま)」といった意見でした。

ちなみに、「恋人になる」と答えた方は3%。 「つきあう前に必ずセックスする」「セックスから恋愛を始められる」といった意見もたまに聞きますが、今回の調査ではそういった結果はほとんど見られませんでした。

 

調査結果をまとめると

・男性は「セックスをしても友だちでいられる」と思っている人が多く(7割)、女性は「セックスをしたら友だちでいられない」と思っている人が少し多い(6割)。

・「セックスをしても友だちでいられる」という人はセックス=コミュニケーションの一環と捉えていることが多く、する前の関係に大きく作用はしないことが多い。

・「セックスをしたら友だちでいられない」という人は、「そもそも恋人としかしない」「関係が切れる」「セフレになる」の3タイプに分かれた。

以上の結果となりました。

 

みなさんの予想はいかがでしたか? 予想通りだった方もいるのでしょうか。セックスに対しての価値観は人それぞれですが、大切にしたい人との価値観のズレで関係性に問題が生じないようには気をつけましょう!(鈴木 梢)

 

オリジナルサイトで読む