1. トップ
  2. レシピ
  3. 【妊活レシピvol.2】 誰でも作れて栄養満点! グラノーラクッキーレシピ

【妊活レシピvol.2】 誰でも作れて栄養満点! グラノーラクッキーレシピ

  • 2015.8.13
  • 68843 views

こんにちは! インナービューティー研究家・フードコーディネーターの國塩亜矢子です。

【妊活レシピvol.1】(http://googirl.jp/lifestyle/1507sote254/)では食べ応え抜群の牛肉を使ったおかずをご紹介しました。今回は、妊活中だってもちろん食べたい“おやつレシピ”と妊活ポイントについてご紹介します!

ベースのグラノーラは手作りがおすすめ!

手作りグラノーラのレシピは以前のコラム(http://googirl.jp/lifestyle/1503coconuts092/)でご紹介していますので、そちらをもとにぜひ手作りしてみて下さいね!

市販のグラノーラを使ってもかまいませんが、その場合はお好みのナッツやドライフルーツを足して栄養価をUPさせましょう。スーパーなどで手に入る市販のグラノーラは、オートミールの割合が多く、ほかの食材が少ししか入っていないものが多いです。なのでより栄養価を高めて美味しくするためには、ほんのひと手間を加えることをおススメします! 材料さえそろえてしまえば、あとは混ぜて焼くだけの簡単グラノーラ。週末など時間があるときにまとめてたくさん作っておくと便利ですよ。

それではグラノーラを使ったクッキーレシピをご紹介しましょう!

やわらかグラノーラクッキーレシピ

材料(約5枚分)・ グラノーラ: 100g

・ 無塩バター: 5g

・ 調整豆乳: 50ml

・ 薄力粉: 20g

・ メープルシロップ: 適宜

※ メープルシロップの代りにハチミツやアガべシロップなどでもOK!

下準備・ グラノーラの作り方は以前のコラム(http://googirl.jp/lifestyle/1503coconuts092/)を参照してください

・ バターは調理前に常温に戻して柔らかくしておきましょう

・ オーブンは180℃で予熱しておきましょう

作り方1. ボウルに柔らかくなったバターと豆乳を入れてよく練り混ぜる。バターが溶けて豆乳と馴染んだら薄力粉を加え、粉っぽさがなくなるまで混ぜる

2. (1)にグラノーラを入れてさっくりと混ぜあわせる

3. 天板にオーブンシートをひき、スプーンで(2)をすくって載せたらスプーンの背でそっと押して平らに広げる。180℃で約10分焼く

4. オーブンからとりだし、クッキーが熱いうちにメープルシロップをまわしかける

1枚に「妊娠ビタミン」がギュッとつまった嬉しいクッキー

ご紹介しているグラノーラにはクルミ、アーモンド、かぼちゃの種、ごまなどのナッツ類が豊富に含まれています。ナッツ類には細胞の老化を防ぐ高抗酸化作用のビタミンEが豊富に含まれています。ビタミンEは「妊娠ビタミン」とも呼ばれており、健やかなカラダ・元気な卵子を作るためには必要不可欠な栄養素。そんなビタミンEたっぷりなナッツ類を1枚でたくさん、手軽に摂ることができるグラノーラクッキーはまさに妊活中のおやつにピッタリ!

ドライフルーツでミネラルしっかり!

グラノーラの美味しさの決め手となるドライフルーツ。レーズンやクランベリーなどの定番ものはもちろん、パイナップルやマンゴー、キウイなどの南国系など、手作りならお好みの食材を自由に組みあわせることが出来ます。ドライフルーツには鉄、カリウム、マグネシウムなどのミネラルが凝縮されていて小粒でも栄養満点! たっぷりの食物繊維で美腸作りにも役立ちますよ。

ビタミン・ミネラルにはカラダの各機能を調整する大切な役割がありますが、体内では生産することができない栄養素(ビタミンD除く)なので食べ物からしっかり摂る必要があります。特に妊活に不可欠なのは、赤血球を作る鉄分。子宮内の壁をふかふかにし、着床をスムーズにするのは血液です。妊活中は今まで以上に鉄分を意識して摂るようにしたいですね!

いかがでしたか?

グラノーラには妊活に不可欠な栄養素がたっぷり。持ち歩きやすいクッキーにすれば、オフィスでの休憩時間にも手軽に食べることが出来ます。グラノーラさえあればいつでも簡単に作れるグラノーラクッキー、ぜひ妊活のお供に試してみて下さいね!

元記事を読む