1. トップ
  2. ファッション
  3. お手軽『ダイエット風水』インテリアで痩せる!正月太りを解消!

お手軽『ダイエット風水』インテリアで痩せる!正月太りを解消!

  • 2022.1.4
  • 1576 views

無造作に置いている体重計。つい口にしてしまっているあの食べ物。

それらを【風水】的に見て、インテリアをちょっとだけ変えることで痩せられる! 激太りを防ぐことができるんです!

お正月太りが気になりがちなこの時期に、さっそく試してみてください。

【ダイエット風水1】白いウェアで運動する

■白にはやせる効果がある

ダイエットの際、色の持つ効果を期待するなら、青の他に白があります。白にはやせる効果があると言われています。目にもまぶしい白を身につけると、食欲を抑えることができるのです。

■運動の時にはウェアに白を取り入れる

エクササイズする際のウェアなどは、どこかに白を取り入れるようにしましょう。汗ふきのタオルやシューズにも清潔感のある白がおすすめです。

■白い植物でも効果あり

部屋に植物を置く場合も白い花を選ぶといいでしょう。白い植物を目にすると、食に走りすぎることがなくなります。

【ダイエット風水2】朝は太陽の光を浴びる

■太陽の光で食欲をセーブ

朝、起きた時に晴れていたら、陽の光を浴びると良いでしょう。太陽の光は、食欲が極端に増すのをセーブしてくれます。ただし、紫外線を直接お肌に浴びるのは良くありませんから、UV対策は怠らないようにしてくださいね。

■イキイキと動く活力がわく

太陽の光は、食欲を抑えるだけではありません。明るく暖かな光を浴びることで元気が出て、イキイキと行動する力もわいてきます。ひいては健康的に活動することができ、自然なシェイプアップにつながります。

【ダイエット風水3】下着は赤・ピンク・ワイン・オレンジ

■暖色系の下着が効果あり

インナーウェアには日頃、どんな色を選んでいますか? 風水的に見た場合、ダイエットに効くのは暖色系です。赤、ピンク、ワイン、オレンジなどがおすすめです。濃い色に抵抗があるようでしたら、薄いピンクやオレンジを。逆に落ち着いた色合いが好みなら、ワインや深紅を選ぶといいでしょう。色に抵抗があるようなら、じかに身につけるブラやパンティではなく、肌着に用いればいいのです。

■冷え性の改善も狙える?

こうした暖色系の肌着には冷え性改善の効果もあると言われています。特に秋から冬にかけては暖色系の肌着を選んでみてください。

■アウターだと逆効果

ただし、アウターとしては、ダイエットの効力は期待できません。あくまでもインナーとして用いてください。

【ダイエット風水4】キッチンの換気扇を回しておく

■気の流れを良くする

調理をする場所、食事をする場所としてのダイニングキッチンもダイエットでは意識しておきたい場所です。全体に気の流れを良くしておくようにしましょう。

■換気扇を長く回す

それには、換気扇を長く回しておくことをおすすめします。コンロを使うと、煙や臭いがこもりがちです。なので、長く換気扇を回して、気が澱まないようにすることが大切なのです。

【ダイエット風水5】部屋の南側をすっきり明るく

■美を司る南側をキレイに

あなたの部屋全体がすっきり片づいていることがもちろん大事ですが、特に気をつけてほしいのが南の方位です。南は美を司る位置なので、意識して余計な物を置かないようにしてください。

■物を置かず、すっきり空間キープ

家具や装飾品を置かないのが鉄則です。が、その他、脱いだ洋服や小物をそのままにしておくのもタブー。うっかり脱ぎ散らかしたままにしておくと、太ってしまうかも…。

■太陽の光をたくさん取り入れる

太陽が輝く南側に窓がある部屋も多いと思います。部屋には、太陽の光をいっぱい取り入れるようにしましょう。そうすることで、美のパワーが効果的に働きます。

もしも、あなたの部屋に太陽の光が入りにくい場合は、南側に暖色系の色を使った絵や写真を飾ってみるのでもOK。モチーフは太陽、花、自然の風景など。なるべく鮮やかで、暖かい光を感じさせる物を選んでください。

【ダイエット風水6】キッチンの排水口をきれいに

■排水口、排水管をキレイに

毎日使うキッチンですから、シンク回りはキレイに掃除していることと思います。が、排水口、排水管となると、中まで見えないだけにおざなりになってしまうこともあるかもしれません。

でもダイエットには、ここまでキレイにしておくことも大切なんです。嫌な臭いやぬめりを防ぐためにも、キッチンを使ったら、ささっと掃除してしまいましょう。水回りを清潔にしておくことが食欲を抑えることにもつながります。

■冷蔵庫の近くに観葉植物

ダイエット中に空腹を感じると、冷蔵庫のドアを無意識に開けてしまうことってありますよね。そんな自分の行動を抑えるには、冷蔵庫の近くに観葉植物を置くといいのです。そして、自分自身に「あっ、ドアを開けちゃいけない! うっかり食べてはいけない」と言い聞かせるのです。その行動→思考パターンをすり込むことで、ムダに食べすぎることを防ぐことができますよ。

■西側にお菓子や食べ物を置かない

西は食べ物を表す方位です。中でも、甘い物やお菓子を西側に置くと、無意識に手が伸びてしまいます。この方位にお菓子を置かないようにしてください。無造作に置いておくと、いつの間にか口にしていた、ということになりかねません。ダイエットの妨げ以外の何物でもありませんので。

【ダイエット風水7】南に鏡をかけてボディチェック

■美を司る南の方位

あなたの美を司る方位は南です。ここは美を保つのに欠かせない場所。メイク用のドレッサーはこの方位に置くようにしましょう。ダイエットのためには、南の方位をキレイに片づけて、ヨガマットなどを置くといいのです。もちろん、そこでヨガを実践すれば、効果が期待できます。

■鏡を置いてボディチェック

また、全身が映る姿見もこちらに置くべきです。ダイエットには小まめなボディチェックも欠かせません。朝の着替え前やバスタイムの後など、時間帯を決めて、毎日ボディラインのチェックを行いましょう。地道に続けることで、ダイエットの成果を得ることができます。

■好みの香りを置く

さらに香りによる効果も狙いましょう。香りはどのタイプでもかまいません。自分が心地良いと思う香りを選ぶのが大事です。それによって癒やされ、心が楽になり、肌やボディを良いコンディションのままにキープできるのです。

【ダイエット風水8】西の窓の日差しを遮る

■西の窓にはカーテンを

食べ物を表す西の方位は、南とは逆に明るすぎるのはタブーです。特に西のキッチンの場合は、気をつけてください。明るいキッチンでは食欲も増して、つい食べすぎてしまいます。なので、西側は少し光を押さえ気味にするくらいでちょうどいいのです。もしも西のキッチンに窓があったら、カーテンやブラインドなどでコントロールするといいでしょう。

■西側に戸棚や冷蔵庫は置かない

食べ物を司る西側には冷蔵庫や戸棚を置かないことも大事です。西側の冷蔵庫や戸棚を無意識に開けては覗き、結果、食べすぎてしまうのです。食べすぎを封印するためにも別の方位に移動してください。

■部屋はキレイに掃除して風通し良く

これは言うなれば、風水の基本です。部屋全体、または家全体をキレイに掃除して、物は必要以上に置かないこと。そして、いつも気の流れが通りやすいように、ドアや窓を定期的に開けるようにします。掃除は汚れてからいっぺんにやろうとすると、時間がかかって大変です。常日頃、小まめにやるようにすれば、キレイをキープすることはそんなに難しくありません。

元記事で読む