1. トップ
  2. 恋愛
  3. 「アレ」がきっかけで隣人との恋…!夏ならではのさわやかな話に思わずキュン!

「アレ」がきっかけで隣人との恋…!夏ならではのさわやかな話に思わずキュン!

  • 2015.8.12
  • 674 views

毎日とにかく暑い日が続きますが、エアコンを使っても、薄着をしても、気持ちはどうしてもうんざり……。でもたまに、暑さを忘れてスーッとするような、さわやかな出来事ってありませんか?

『Oggi』9月号では、「思いがけず、すっきりさわやかに過ごせた!」という人たちのエピソードを特集。

「日々の暑さで気持ちがどんより……」という方、ぜひこれを読んで暑さを吹き飛ばしちゃってください!

◆さわやかないい話の定番! 親切な人エピソード

「財布を落としてしまい『もう戻ってこないだろう……』と半分諦めていたら、親切な方が届けてくれて、お金もカードも無事だった。人を信じる気持ちを取り戻せた出来事」(大阪府・28歳 研究開発)

「電車内で乗客の男性が倒れたときのこと。周囲の人が医者を探したり、救急車を呼んだりと見事な連携プレーでその人を助けていた。『日本人も捨てたもんじゃないな』と感心」(東京都・26歳 営業)

暑さが続くと気持ちが落ち込みがち。それを覆すような出来事があると、気持ちが軽くなってすっきりしますね!

 

◆思いがけずラッキーな出来事があり、さわやかな気分に!

「出勤前にドライブスルーでコーヒーを買おうとしたら、『代金は前の方がお支払いになりました』と言われ、見てみると前に上司の車が! 偶然、私を見かけて気をきかせてくれたようです。朝から幸運に恵まれ、さわやかに出勤できました」(栃木県・28歳 専門職)

「残業で遅くなった日、駅で電車を待っていたら目の前に打ち上げ花火が! その日は花火大会で、ちょうど駅のホームから見えることを知らずにいたのでビックリ。仕事の疲れが一気に癒されました」(神奈川県・30歳 サービス業)

良いことがあると、やっぱり気持ちは軽くなるもの。それが夏ならではの出来事だと、さらに得した気分に!

◆夏らしいときめきエピソードが満載! さわやか胸キュン話

「昨夏、家のベランダで育てていた朝顔のツルが隣に侵入してしまい、戻そうとしたら住人の男性に『そのままでいいですよ』と言われ、その優しさに胸キュン。それがきっかけで、現在おつきあいしています。恋のチャンスはどこに転がっているかわかりませんね!」(東京都・27歳 会計士)

「通勤電車にて。急ブレーキでよろけたとき、背後からサッと支えてくれたビジネスマン。『大丈夫ですか?』という声もさわやかで、朝から目がハートになりました(笑)」(東京都・33歳 派遣社員)

こんな体験してみたい! まるでドラマのような出来事ですね。同じような妄想をしてみても、それだけで気持ちがさわやかになります。

 

◆上司、後輩、友達……さまざまな人との関わりで生まれる感動秘話!

「ファミレスにて。長居して申し訳ないな……と思いつつ勉強をしていたのですが、店員さんがお皿を下げるときに『広くご利用くださいね!』と声をかけてくれて感動。ついもう1品注文してしまいました(笑)」(埼玉県・28歳 専門職)

「多数の人が突然公共の場でパフォーマンスを行う”フラッシュモブ”。先日、男友達がフラッシュモブでプロポーズすることになり、私も参加しました。仕事の合間をぬってみんなで集まり、ダンスを練習。そのかいあってプロポーズは成功し、全員で号泣。あんなにさわやかな涙を流したのは久しぶりでした」(東京都・27歳 広報)

人が人を思いやる気持ちはやっぱりいいものです。人にさわやかな気持ちにしてもらったら、自分も何かしたくなりそう。

◆見ているだけで暑さを忘れる「私のまわりのさわやかな人」

「夏は髪を切ったりフットネイルをしたりとサロンへ行く機会が増えるのですが、そのたびに男性スタッフさんのさわやかな白シャツ姿に目を奪われてしまう……。私にとって、夏のささやかな癒しです(笑)」(熊本県・30歳 歯科衛生士)

「いつも職場に来る営業マン。外回りで暑いはずなのに、いつも笑顔で真っ白な歯が印象的。あの笑顔を見るたび、夏の暑さを忘れます」(大阪府・33歳 サービス業)

夏でも暑さを感じさせない、さわやかな人っていますよね。それは清潔感だったり、透き通るような肌の美しさだったり、素敵な笑顔だったり……そんな人になりたいものです。

 

少しはすっきりしましたか? まだまだ暑い日が続きますが、そのぶんその気持ちを解消してくれる出来事も期待できるってこと!

妄想するもよし、人にしてあげるもよし、思いがけず巡り合うのを楽しみにするもよし……夏を涼しくするのは、冷たいものばかりじゃないんですよ。(鈴木 梢)

『Oggi』2015年9月号(小学館)

 

 

元記事を読む