1. トップ
  2. EXILE NESMITHさんが「TAKAHIROくんができないことってあるの?」と思う理由とは?【20周年記念インタビュー】

EXILE NESMITHさんが「TAKAHIROくんができないことってあるの?」と思う理由とは?【20周年記念インタビュー】

  • 2022.1.3
  • 4564 views

2022年に記念すべき20周年イヤーを迎え、1月1日には新アルバム『PHOENIX』をリリースしたEXILE。メンバーの加入や勇退を経ながら進化を続けるEXILEのメンバーが、新春特別企画としてCLASSY.ONLINEに登場!

今回は、2009年3月よりEXILEとして活動するNESMITHさん。EXILEに対する思いやアニバーサリーイヤーでの目標など、今の心境を聞かせてもらいました。

受け継がれてきたブレない軸を未来へと繋いでいきたい

—結成20周年を迎えたEXILE。今のEXILEを漢字一文字で表すと?

なんだろう……。いくつか浮かぶのですが、「魂」ですかね。“EXILE魂”を継承し続けている系譜もありますし、変化を遂げる中で今までのイメージを壊して再構築するときも根本には魂がありました。それをこれからも繋いでいかないといけないという、責任感も感じています。楽曲の選考やライブの演出でも“EXILE魂”を軸に、EXILEがやる意味や伝えたい言葉を常に意識しながら作り上げています。時代の変化に合わせて楽曲やパフォーマンスにはそのときの色が乗っていると思いますが、全員が共通認識で持っている魂があるから、ブレない軸を受け継いでいくことができていると思います。

2022年は、EXILEの“新たな道筋”を作る一年に

—では、2022年のご自身の目標を漢字一文字で表すと何ですか?

「輝」です。グループをより一層輝かせていきたいので。僕たち14人が20周年というアニバーサリーイヤーを輝きや熱狂で盛り上げることで、この先のグループの新たな道筋を作れたらいいなと思っているし、未来のEXILEを作るきっかけとなる1年にしたいです。2021年にリリースした『PARADOX』の歌詞にも「0→1をMakin’」という歌詞があるのですが、個人的に印象深いフレーズで、その意識も高まっています。2022年はツアーも控えているので、今までの魂を受け継ぎつつ、さらに輝きを増していきたいです。

—最後に、一緒にグループの歴史を刻んできたメンバーに、リレー形式でコメントをいただきたいです。NESMITHさんは、TAKAHIROさんへのメッセージをお願いします!

“TAKAHIROくんができないことってあるんですか?”と聞きたいです。歌、作詞、書道、空手…なんでもできて、容姿も完璧で男気もあって。例えばゴキブリが苦手とか、怖いものってあったりするんですか?(笑)

【今回のインタビューは…JJ&CLASSY.ONLINE連動スペシャル企画!】

EXILEのデビュー20周年を記念した今回のインタビュー企画は、CLASSY.ONLINEと姉妹媒体のJJの2つのメディアで連動して掲載。NESMITHさんからメッセージを受け取ったTAKAHIROさんのインタビューが、JJにて2022年1月2日(日)夕方に掲載されます。ぜひ、チェックして!

EXILE 12thアルバム『PHOENIX』2022年1月1日リリース!

前作より約3年半振り、12枚⽬となるオリジナル・アルバム。14⼈体制以降の作品に収録された「RED PHOENIX」や「PARADOX」をはじめ、近年最多となるアルバム初収録の新曲が満載。デビュー20周年イヤーに放たれる今作には、まるで不死⿃(=PHOENIX)のごとく何度でも⽴ち上がる不屈の精神で、エンタテインメントの完全復活を願うメンバーの想いが込められている。

フォトブックも加わったスペシャルパッケージ仕様となる初回⽣産限定盤には、『EXILE TRIBE LIVE TOUR 2021 “RISING SUN TO THE WORLD”』からのLIVE映像7曲を特別に超先⾏収録。合わせて収録されるメンバー14⼈の活動に密着し、それぞれがEXILEへの想いを語った最新ドキュメント映像も必⾒!

撮影/曽根将樹〈PEACE MONKEY〉 取材・文/坂本結香 取材協力/石津愛子 構成/宮島彰子(CLASSY.ONLINE編集室)

元記事で読む
の記事をもっとみる