1. トップ
  2. 恋愛
  3. 2022年は重荷を捨てて……年末年始に恋の断捨離をおすすめする理由とは?

2022年は重荷を捨てて……年末年始に恋の断捨離をおすすめする理由とは?

  • 2022.1.2
  • 5178 views

「誘ってくる男性がウザい」「彼氏と別れたい」そん気持ちの人もいるでしょう。
「タイミングが難しい」と踏ん切りがつかない人もいますよね。
そんな人におすすめしたいのが、年末年始を利用して精算する方法。
今回は年末年始に恋の断捨離をおすすめする理由を紹介します。

新年を迎える機会に恋も断捨離しよう

こちらとしては、「恋愛関係はありえない」と確信を持っている男性がしきりにアプローチしてくるのは鬱陶しいもの。
正直わずらわしいと思いつつ、なんとなく毅然とした態度が取れずに曖昧な態度を取ってしまう場合もありますよね。
また正式にお付き合いしている彼氏でも、「気持ちは冷めているし距離を取りたい」と本音では別れたいと思っている場合もあるでしょう。
恋愛に関することは相手がいるものなので、他人に対して気遣いをしてしまう人ほど、きっぱりと拒絶するのが難しいもの。
そんな人におすすめしたいのが年末年始を利用して恋の断捨離をする方法。
次の見出しで年末年始の恋の断捨離が有効な理由を解説していきます。

年末年始に恋の断捨離をおすすめする理由

年末年始は連休に入る人も多いでしょう。
ふだんは毎日のように顔を合わせている相手ともしばらく会わない状態になります。
「デートしよう」と誘ってくるのが仕事で関わり合いがある同僚、取引先の相手、お客さんなどであれば、年末年始の連休期間には距離を取れるチャンスです。
付き合っている彼氏とも「実家に帰るから」などと、いつもよりは距離を取りやすい状況だといえるでしょう。
いずれにせよ、日常的に顔を合わせている相手から離れられやすいシチュエーションになるわけです。
年末年始の連休に入る直前が断捨離のチャンス。
アプローチをかけてくる相手に対して「友達以上はありえないから」と告げたり、彼氏に「今年かぎりで別れよう」と別れ話をしたりしましょう。
そのまま顔を合わせない年末年始の連休に入ってしまうので、必然的に距離を取って関係を終わらせられるのです。

振られる側も気持ちを切り替えられやすい

もちろん「アプローチしないで」とか「別れましょう」といわれる男性側は最悪の年末年始になる可能性はあるでしょう。
しかし、年末年始は新年を迎えるにあたって気持ちを新たにできるシチュエーションでもあります。
アプローチに対してNOを突きつけられる側にとっても、「来年は別の人に恋をしよう」と切り替えられやすいはず。
すでに恋愛関係になっている彼氏の場合はどうでしょう。
簡単にはいかないかもしれませんが、年末年始の忙しい状況や、実家で家族と顔を合わせるなど、日常とは少し違うシチュエーションが失恋の傷をやわらげる効果が期待できます。
少なからず振られる側は傷つくもの。
しかし、別れを告げる側としては、できれば傷は小さくしてあげたいと思うはず。
年末年始のタイミングはそれをかなえてくれるかもしれません。

まとめ

年末年始のタイミングは連休に入ることもあり、恋の断捨離するには絶好の機会といえるでしょう。
「新年のおめでたいときに相手を振るなんて……」と考える人もいるかもしれません。
しかし振られる側はいつだって傷つくもの。
気持ちを切り替えやすい年末年始に関係を精算しちゃいましょう。
(大船くじら/ライター)


元記事で読む
の記事をもっとみる