1. トップ
  2. 恋愛
  3. ベネディクト・カンバーバッチ、舞台『ハムレット』でファンに撮影禁止を直談判!

ベネディクト・カンバーバッチ、舞台『ハムレット』でファンに撮影禁止を直談判!

  • 2015.8.11
  • 1793 views

昨年のチケット発売日に瞬く間に完売したベネディクト・カンバーバッチの舞台『ハムレット』。今月5日に開幕したステージでファンがマナーに反して携帯電話などで撮影をすることに対して、ベネディクトが直接「やめてほしい」とお願いした。英米の主要メディアが、動画とともに伝えている。

undefined

【関連記事】ベネディクトだけじゃない! 英国のイケメン俳優<イングランド&ウェールズ編>

ベネディクトが、ロンドンにある上演劇場のバービカン・シアターから出てくると、出待ちをしていたファンは大歓声で迎え、カメラのフラッシュが止まらない状態に。ベネディクトは、まずは観劇してくれたことへの感謝を伝えると、「これだよ、こういうカメラ全部、電話もね」と指差しながら、「上演中は本当にやめていただきたい」とダイレクトに語った。

続けて、「舞台の上からカメラが見えるんだ。客席から赤い光(ピントを合わせるAF補助光)が飛んでくるんだよ。今ここにいる人は誰もそんなことはやっていないかもしれないけれど、まぶしいほど明らかなんだ。あれだよ、今の赤いライトだ」と、自分が話している間もカメラを使っていたファンを指差した。

さらに、「今日も観客席の右の3列目から赤いライトが見えて、とても困ったんだ」と、上演中に撮影されることがいかに役者にとって迷惑行為であるかを伝えた。

率直な物言いながらも、サービス精神豊かなベネディクトは、随所にユーモアを交えながらファンに繰り返し言い聞かせ、笑いも誘った。

「とにかくカメラは使用しないでほしい。僕はソーシャルメディアを使っていないけれど、ツイッターでもブログでも、そうしたツールにハッシュタグで『くそったれ』ってつけてでも、このことを発信してくれれば、とてもありがたい」とコメント。

加えて「カメラに収めたいという皆さんの気持ちには応えられないけれど、これはライブパフォーマンスなんだ。願わくは脳裏に焼き付けてもらって、良かったとか悪かったとか、どうでも良かったとか記憶してもらいたいんだ、電話に録画するのではなくね」と語った。

ベネディクトがこう語る間も、見る間にカメラのフラッシュは減っていった。これからは、誰もカメラを取り出すことなく舞台が上演されるようになるよう願うばかりだ。ベネディクトの舞台『ハムレット』は、10月31日まで同劇場で上演される。(海外ドラマNAVI)

Photo:ベネディクト・カンバーバッチ
(C)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

オリジナルサイトで読む