1. トップ
  2. ヘア
  3. 目指すのは「実年齢-5歳」今から知りたい、痛くない若見えポイントは?

目指すのは「実年齢-5歳」今から知りたい、痛くない若見えポイントは?

  • 2015.8.11
  • 8018 views

思春期って、実年齢より大人に見えることが嬉しくて、少し大人びたファッションやメイクを施していましたよね?
それがいつしか、本当の年齢より若く見えたくなるのだから、人と言うのは不思議です。

だけどいくら若く見られと言っても、テレビや雑誌で「息子と恋人同士に間違われる」「娘と服を共有している」なんて語っている年上女性にはそれはそれで違和感を覚えたり…。
若くは見られたい。だけど若作りは嫌だ。
これから先、うまく年齢を重ねていくにはどうしたらいいの!?
どうしたら「若いけど痛くない」の!?
とこれから目指すべき女性像に悩んでいる大人女子に、抑えるべきポイントを教えます。

まず抑えたいのは目指す見え方!
それは「実年齢マイナス3歳~5歳」

無理をせず、楽しみながら気をつけることで若く見える年齢がこの幅です。

「将来は娘と姉妹やお友達同士に見られたい」なんて思うのはやめましょう。
実年齢より、やや若く見えるくらいがちょうどいいのです。
現在25歳の方は22歳くらい。30歳の方は25歳~28歳くらい。そして35歳の方は30歳程度。と、ほんと少しだけ若く見えるくらいがちょうどいいので、それをどんどん継続して行きましょう。

では、そのために抑えるべきポイントは?

①髪

ボリュームやツヤのない髪は、見た目年齢を大きく引き上げます。
ヘアケアをないがしろにしている方って意外に多いですが、シャンプーやドライの方法などから見直していきましょう。

②肌

シミそばかすって、本人は徐々に増えていくためあまり気にならないのが実のところ。
だけど、若い人には絶対にありません。
出来ないようなケアはもちろん、出来てしまったあとのケアも大切です。

③服装

「10代の時から体重や3サイズが変わらないのでずっと同じ服を着ている。」
「娘と服を共有している。」
などと誇らしげに語る女性が時々いますが、数字は変わらなくても位置やボディラインは確実に変わります。
そして、年齢に合ったシルエットや素材の服を着ることも、痛く見えない重要なポイントです。

④毎日を楽しむ

趣味に仕事に、毎日を充実させている人は、表情が活き活きとしていて輝いて見えるもの。
逆に、見た目がいくら若くても、真夏に長袖を着て女優のような帽子とサングラスで外出するなど、ケアに必死になっている人って、なんだかつまらなそうで憧れないですよね?
年を取ることを思いっきり楽しむマインドも大切です!!

どうですか?
これらを少しずつ意識するだけで、歳を重ねるのも楽しくなる予感がしませんか?
美容医療にお金をかけたり、必死にエクササイズしたりする必要もありません。今日から少しずつ、心がけていきましょう。

オリジナルサイトで読む