1. トップ
  2. 恋愛
  3. 【2022年】気になる「祝日」はいつ?GW・お盆・シルバーウィークをチェック

【2022年】気になる「祝日」はいつ?GW・お盆・シルバーウィークをチェック

  • 2021.12.29
  • 1198 views

2022年の祝日や連休はどのようになっているのでしょうか。いつも同じようにも思えますが、じつは大きく変動するのが祝日や連休なのです。そこで今回は、2022年のゴールデンウィークやお盆休み、シルバーウィークなどの休日数を詳しく紹介します。2022年は3連休が9回もあるの、ご存じでしたか?

 

「国民の祝日」は五輪前の日取りに

日本では「国民の祝日に関する法律」によって、こどもの日や敬老の日、勤労感謝の日など、16種類の祝日が定められています。そのなかで2021年は、東京五輪の開催にともなう「令和三年東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会特別措置法」に基づき、海の日は7月22日に、スポーツの日は7月23日に、山の日は8月8日に変更されましたよね。

2022年(令和4年)はそれらの変更が元に戻され、次のように祝日が設定されています。また、2022年は国民の祝日が日曜日に該当する日がないので、振替休日は設定されていません。

【2022年 国民の祝日】

1月1日(土):元日(年のはじめを祝う)

1月10日(月):成人の日(おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます)

2月11日(金):建国記念の日(建国をしのび、国を愛する心を養う)

2月23日(水):天皇誕生日(天皇の誕生日を祝う)

3月21日(月):春分の日(自然をたたえ、生物をいつくしむ)

4月29日(金):昭和の日(激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす)

5月3日(火):憲法記念日(日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する)

5月4日(水):みどりの日(自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ)

5月5日(木):こどもの日(こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する

7月18日(月):海の日(海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う)

8月11日(木):山の日(山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する)

9月19日(月):敬老の日(多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う)

9月23日(金):秋分の日(祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ)

10月10日(月):スポーツの日(スポーツを楽しみ、他者を尊重する精神を培うとともに、健康で活力ある社会の実現を願う)

11月3日(木):文化の日(自由と平和を愛し、文化をすすめる)

11月23日(水):勤労感謝の日(勤労をたっとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう

「ゴールデンウィーク」は2日間の休み取得で10連休に

Benny Marty / Shutterstock.com

毎年楽しみにしている人も多いはずの「ゴールデンウィーク」。2022年は、5月2日(月)に休みを取得した場合は、4月29日(金・昭和の日)~5月1日(日)の3連休と、5月3日(火・憲法記念日)・4日(みどりの日)・5日(こどもの日)の3連休を組み合わせられて合計7連休に! さらに、5月6日(金)にも休みを設定すると、5月7日(土)、8日(日)まで連休が繋がり、最大で10連休とすることができます。

【2022年 ゴールデンウィーク】

4月29日(金・昭和の日)

4月30日(土)

5月1日(日)

5月2日(月)

5月3日(火・憲法記念日)

5月4日(水・みどりの日)

5月5日(木・こどもの日)

5月6日(金)

5月7日(土)

5月8日(日)

「お盆」は最大11連休も可能に

地域などによって「お盆」の期間は異なることが多いですが、8月13日(迎え火・盆の入り)~8月16日(送り火・盆明け)の4日間をお盆休みとするのが一般的ですよね。

2022年も通例通り8月13日(土)~16日(火)をお盆休みとする場合が多いのではないでしょうか。また、直前の8月11日(木)が祝日(山の日)なので、間の12日(金)も休みにして、6連休とする人も少なくないかもしれません。さらに、8月8日(月)~10日(水)も休みにすると、最大で11連休にすることも!

【2022年 お盆前後】

8月6日(土)

8月7日(日)

8月8日(月)

8月9日(火)

8月10日(水)

8月11日(木・山の日)

8月12日(金)

8月13日(土・盆の入り)

8月14日(日)

8月15日(月)

8月15日(火・盆明け)

シルバーウィークはなしだけど・・・9月は3連休が2回も

年によっては5連休にもなる9月下旬の大型連休「シルバーウィーク」ですが、2022年はキーポイントとなる「敬老の日」と「秋分の日」とのバランスがよくなく、長期の連休にはなりません。

しかしその代わりに、敬老の日が9月19日(月)、秋分の日が9月23日(金)なので、9月下旬に3連休が2回訪れるといううれしいスケジュールに。この2つの3連休の間も休みにすると、9連休にすることも可能ですよね!

【9月下旬の2度の3連休】

9月17日(土)

9月18日(日)

9月19日(月・敬老の日)

9月20日(火)

9月21日(水)

9月22日(木)

9月23日(金・秋分の日)

9月24日(土)

9月25日(日)

3連休は合計9回も

2022年は、1月(1回)、2月(1回)、3月(1回)、4月(1回)、5月(1回)、7月(1回)、9月(2回)、10月(1回)と、合計で9回の3連休があります。4連休以上はないものの、事前に計画をたてて旅行やリフレッシュできる機会が十分に得られそうですよね!

【年間の3連休】

1月8日(土)〜10日(月・成人の日)

2月11日(金・建国記念の日)〜13日(日)

3月19日(土)〜21日(月・春分の日)

4月29日(金・昭和の日)〜5月1日(日)

5月3日(火・憲法記念日)〜5日(木・こどもの日)

7月16日(土)〜18日(月・海の日)

9月17日(土)〜19日(月・敬老の日)

9月23日(金・秋分の日)〜25日(日)

10月8日(土)〜10日(月・スポーツの日)

今回は、2022年の祝日をまとめて紹介しました。連休と連休の間に賢く休みを設定することで、長期の連休を設定することもできそうですよね。早めにプランを検討してスケジュール調整するのがおすすめですよ!

[All photos by Shutterstock.com]

 

元記事で読む
の記事をもっとみる