1. トップ
  2. レシピ
  3. 【レシピ】脱マンネリ!ソンベ焼きの食器で楽しむディルとあさりのあったかスープ

【レシピ】脱マンネリ!ソンベ焼きの食器で楽しむディルとあさりのあったかスープ

  • 2021.12.27
  • 206 views

気がつけばもう年末!この時期も昼間は30℃近い気温のホーチミンですが、あたたかい麺類やスープを好んで食べるベトナム。今回は冬の日本でも手に入りやすくなったハーブの「ディル」とあさりを使ったエスニックスープをレシピ付きでご紹介します。お気に入りのソンベ焼きの器によそってテーブルコーデ。いつものレパートリーに飽きてしまったという方はぜひご参考ください♪

Today's MANEKU Style

簡単おいしい!ディルとあさりのスープでエスニックごはん。

暑い日でも常にフォーや鍋を食べるベトナム人。スープも当然のようにあたたかいものが出てきます。

ご飯ものを注文すると一緒に提供されることがしばしばで、どうやら日本の味噌汁のような位置づけのようです。

寒くなると食卓の登場回数が増えるスープ。

今回は冬の日本でも手に入りやすくなった「ディル」を使ってエスニックなスープを作った日の食卓です。

Food & Drink

貝とトマトの旨味にディルの爽やかさが加わった、エスニック好きにはたまらないスープ!

貝の砂抜きさえしておけばすぐに完成します。

✴︎ディルとあさりのスープ

【材料】

・あさり 200g ※しじみでもOK

・トマト 大1つ

・にんにく 2片

・オリーブオイル 小さじ1

・ヌクマム 大さじ3ほど ※ナンプラーでもOK

・水 500ml

【レシピ】

①あさりは砂抜きして洗い、水気を切っておく

②鍋にオリーブオイルとにんにくみじん切りを入れ、香りが出るまで炒める

③トマトとあさりを加えサッと炒める

④水を加えあさりが開くまで火にかけ、灰汁を取る

⑤ヌクマムを入れ味を調整し、ディルを入れて完成

灰汁を取ることと、ディルは煮込まず最後に入れるのがポイントです。

この日は他のメニューもエスニックにしました。

・豚足ヌクマム煮

・空芯菜オイスター炒め

・ポテトと魚肉ソーセージのサテトム炒め

奥深いベトナム料理、来年もどんどん新しい料理を覚えたいと思います!

Tablewear

今年購入して大活躍だったのが、今回もフル活用している【Tuhu Ceramics】の食器。

ベトナム食器である「ソンべ焼き」の専門店です。

ベトナム食器はどれも可愛いですが、デザインが伝統的すぎるとベトナム料理でなければしっくりこないかも…と感じることも。

その点こちらはソンべ焼きの重厚感や温かみはありつつも、デザインはモダン。どんな料理に使ってもさほどケンカせず、普段から大変重宝しています。

本来は観光客も多いお店とのこと。

お手頃価格でつい手が伸びます。

渡航の自由化後、ご旅行の際にはぜひ!

MANEKU Tips

お疲れの胃に優しい、にゅうめんアレンジも。

余ったスープに麺を入れるのもおすすめです。

今回は発掘したそうめんを入れてみましたが、深い旨味のスープとの相性バッチリでした!

ディルには胃もたれを緩和してくれるはたらきも。年末年始で胃が疲れたり、おせちの和食の味付けに飽きたときにも美味しくいただけそうです。

ライター:KANA

元記事で読む
の記事をもっとみる