1. トップ
  2. 恋愛
  3. 12星座別!【2022年上半期占い】半年後に開花する「あなたの能力」

12星座別!【2022年上半期占い】半年後に開花する「あなたの能力」

  • 2021.12.26
  • 23127 views

いろいろあった2021年も、もうすぐ終わり。12月29日には幸運の星・木星が魚座に移り、新たな時代がスタートします。そこで今回は、「半年後に開花するあなたの能力」を、占い師の月風うさぎさんに12星座別に占ってもらいました。

【2022年上半期占い】

おひつじ座(3/21~4/19生まれ)

新たな運命がアップロードされる2022年上半期は、終わりと始まりが同時に訪れそう。これまであなたらしさをもたらしていたアイデンティティや才能を手放し、新しい自分へと生まれ変わるようなタイミングです。

おうし座(4/20~5/20生まれ)

2022年上半期はチーム戦にチェンジ! 本来はマイペースでソロ活動好きな“おうし座”ですが、今期は人と協調&連帯して動くスキルが開花するでしょう。

ふたご座(5/21~6/21生まれ)

頭がよくて何でも器用にこなせる“ふたご座”は、本来コツコツと頑張ることが苦手。木星の力がストイックさを強化してくれる2022年上半期は、努力する才能が花開き、ステキな宝物を手にすることになりそう。

かに座(6/22~7/22生まれ)

かに座は自分の居場所を大切にする星座ですが、半年後には新しいフィールドを見つけて大活躍していそう。手にしているのは、どんな環境や立場の人ともうまくやれる抜群のコミュ力でしょう。

しし座(7/23~8/22生まれ)

半年後に開花するのは、不屈のマインドと粘り強さです。木星によるスパルタ指導を受ける2022年上半期。ハードな日々を生き抜くことで、たくましいキャラへと鍛えあげられるでしょう。

おとめ座(8/23~9/22生まれ)

幸運の木星がイメージ力を高める海王星と手を組む上半期、開花するのはアートやデザインなどのクリエイティブパワーのようです。元々美意識が高い“おとめ座”だけに、美容に目覚める人もチラホラといそう。

てんびん座(9/23~10/23生まれ)

シビアな現実をつきつけられる2022年上半期、てんびん座の中で覚醒するのは実務能力とトラブルシューティング力です。生きていくために必要なスキル&武器を手にしたあなたは、ゴールデンウィーク以降、次のステージへと進んでいくことになるでしょう。

さそり座(10/24~11/21生まれ)

好きこそ物の上手なれという言葉がありますが、さそり座の2022年上半期はまさにその通り! 一途な「大好き」パワーが、あなたの中に眠っているたくさんの才能や可能性を開花させるでしょう。

いて座(11/22~12/21生まれ)

運命の時計が巻き戻される2022年上半期は、リバイバルムード。一度は失ったと思っていた絆を取り戻したり、昔の経験やスキルを活かして活躍したりと、過去に助けられる場面があるかもしれません。

やぎ座(12/22~1/19生まれ)

堅物な印象をもたれやすい“やぎ座”。木星がユーモア精神を高める2022上半期は、あなたの中に眠る茶目っ気や遊び心が目を覚ましそう。その結果、半年後にはイメージがガラリと変わっている人が続出しているかも。

みずがめ座(1/20~2/18生まれ)

2022年上半期、開花するのは日常を愛して慈しむ能力。時代の先を行く“みずがめ座”の視線はいつも未来にあるけれど、今期は目線を足元に落として今をじっくり生きられるようになるでしょう。

うお座(2/19~3/20生まれ)

幸運マイスター・木星が支援してくれる2022年上半期は、無敵! 望めば、どんな才能や能力さえ手に入るほど。欲しい力をハッキリとイメージして動き出すことが、内なるパワーを引き出すトリガーになるでしょう。

月風うさぎ(つきかぜうさぎ)

占術研究家&心理テストクリエイター。学生時代、友人に頼まれてやった占いが当たると大評判になり、占い師を志す。干支、西洋占星術、血液型、心理テスト、数秘術、手相、タロットなど、様々な占術をコラボさせたオリジナル占いが得意。著書「キラッ 妖精の心理テスト」(ポプラ社)、「商談は「名字の相性」で決まる ~ビジネスで使える姓名判断~」(impress QuickBooks)など。現在1羽のやんちゃなうさぎ()と同居中。

©Westend61/gettyimages
©Yuricazac/gettyimages

文・月風うさぎ

元記事で読む
の記事をもっとみる