1. トップ
  2. スキン・ボディケア
  3. はじめての人に! 今日からはじめたくなる簡単女子力アップのアロマスプレーの作り方!

はじめての人に! 今日からはじめたくなる簡単女子力アップのアロマスプレーの作り方!

  • 2015.8.9
  • 3221 views

こんにちは、渡辺早織(@w_saori)です。

ふとしたところでいい香りがする女性って、なんとなく魅力的で気になってしまいますよね。香りには人を癒したり惹きつけるパワーがあります。そんなアロマ、じつは誰にでもブレンドできてすごく簡単にとり入れることができるのです。アロマディフューザーで家だけで楽しむだけではなく、スプレーボトルにいれて自分だけの香りを、もち歩いてみませんか?

今日はそんなアロマスプレーの提案です。

アロマ スプレーって?

基本の材料は? シンプルに3つです。

1: エッセッンシャルオイルアロマスプレーの香りと働きをきめる一番大切な材料がこのエッセッンシャルオイルです。香りによって効果を発揮するアロマオイルは絶対に好きな香りを選びます。どんなに効果が期待できても自分が好きではなかったらリラックスできません。まずはひとつから、お気にいりのものを吟味しましょう。

購入するときの注意点は、しっかり100%天然のエッセッンシャルオイルを選ぶこと。買う際に店員さんにきいてみましょう。また、天然のものの場合は品名、学名・科目、原産地、排出部位、抽出方法、内容量がすべて明記されています。

2 : 無水エタノール(ウォッカも可)アロマディフューザーには原液でいれるオイルですが、皮膚につけるには濃度が濃いためこのアルコールでうすめる必要があります。ウォッカを使用する場合は、アルコール度数が40~70%で純度が高いものであれば使用できます。

3 : 精製水薬局などで買える精製水はアロマディフューザーの香りを拡散するために使用します。冷蔵庫で保管します。エッセンシャルオイルは水に溶けないため、一度アルコールでうすめてから精製水とまぜる必要があります。

作りはじめよう!!

この3つが手に入れば材料は完璧!

あとは、スプレーボトル、ビーカーなどを用意してまぜていきます。作り方はとても簡単。基本の分量はこちら。

・ エッセンシャルオイル: 6滴

・ 無水エタノール: 5ml

・ 精製水: 25ml

1. ビーカーに無水エタノールをいれる

2. エッセンシャルオイルを加えよくまぜる

3. 精製水を加えてまぜスプレー容器に移す

これで完成! よく振ってから使いましょう。

上記の分量で好きなアロマを調合しながら自分だけのお気にいりのアロマスプレーを簡単に作ることができます!

シーン別 アロマスプレーの効能

私が好きな香りや人気の香りを抜粋してその効能を紹介します。

・イランイラン……イライラ、ストレス

・ グレープフルーツ……リフレッシュ

・ ジャスミン……落ち込み

・ ラベンダー……イライラ、不眠、緊張

・ レモン……集中力

・ ゼラニウム……ホルモンバランス

・ オレンジ・スイート……緊張、不眠

このような感じでそれぞれのエッセンシャルオイルには働きがあります。基本の分量におさまるように自分でブレンドして作ります。たとえば不眠の場合は、ラベンダー3滴、オレンジ・スイート3滴に無水エタノール、精製水を加えます。

材料さえそろえば無限の香りを広げることができるアロマスプレー。自分の肌に、洋服に、枕元に……。お気に入りの香りに包まれてリラックスしてみませんか?

元記事を読む