1. トップ
  2. <カムカム第8週振り返り>“鬱展開”から鮮やかミュージカルへ…2代目ヒロイン・深津絵里“るい”の物語、幕開け!

<カムカム第8週振り返り>“鬱展開”から鮮やかミュージカルへ…2代目ヒロイン・深津絵里“るい”の物語、幕開け!

  • 2021.12.25
  • 297 views
ストライプ柄のワンピースがかわいい、大人になったるい(深津絵里) 「カムカムエヴリバディ」第39回より(C)NHK
ストライプ柄のワンピースがかわいい、大人になったるい(深津絵里) 「カムカムエヴリバディ」第39回より(C)NHK

【写真を見る】上白石萌音“安子”絶望…!るいから「I hate you」

上白石萌音、深津絵里、川栄李奈がヒロインを務める連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか※土曜は月~金曜の振り返り)。12月20日から放送された第8週「1951-1962」では、“初代ヒロイン”安子(上白石)からその娘“二代目ヒロイン”るい(深津)へのヒロイン交代が、視聴者の想像を超えるドラマチック展開で描かれた。(以下、第8週までのネタバレがあります)

安子とるいを分断した“I hate you”

第7週ラストで勇(村上虹郎)が安子に求婚。第8週前半では、その結末が描かれた。

安子は返答をできずにいたが、ロバート(村雨辰剛)と一緒にいるところを勇に見られてしまい、動揺。「違うんじゃ、違うんじゃ」と弁明する姿がかえって、安子がロバートに引かれ始めていることを物語っていた。

ショックの勇は、女中・雪衣(岡田結実)をそのはけ口に…。そして、そのことが安子の兄・算太(濱田岳)を絶望させるという、まさに“鬱展開”。算太は「たちばな」再建のため安子と貯めていた金を持ち逃げし、登場人物みなが絶望のスパイラルに巻き込まれていった。

算太を捜して大阪に飛び出していった安子。疲労はピークに達していた。大阪の街中で倒れたところをロバートに助けられ、さらにはプロポーズを受けるという激動ぶり。揚げ句、たった一人で捜しに来たるい(古川凛)にその瞬間を見られてしまった。

雨の中、母を捜して大阪へ向かったるい(古川凛)が見たのは… 「カムカムエヴリバディ」第38回より(C)NHK
雨の中、母を捜して大阪へ向かったるい(古川凛)が見たのは… 「カムカムエヴリバディ」第38回より(C)NHK

その日は、るいにとって幸せな一日になるはずの、小学校入学式当日。母の愛情を信じられなくなったるいは、弁解しようとする安子を「I hate you」と冷たく拒絶した。

 雉真るい(深津絵里) 「カムカムエヴリバディ」第39回より(C)NHK
雉真るい(深津絵里) 「カムカムエヴリバディ」第39回より(C)NHK

第38回ラスト、絶望した安子がロバートにすがるシーンの後、オープニング映像をはさんで場面は一気に約10年後の雉真家へ。安子の姿はなく、勇に「るい」と声をかけられ振り返った女性が、成長したるい(深津絵里)だった。

深津“るい”に視聴者から歓声「かわいい!」

第39回からは様子がガラリと変わり、るいの物語が始まった。

居心地の悪そうな雉真家の描写の後、新たな人生を歩むべく大阪へ出てきたるい。“安子編”クライマックスの悲壮感を吹き飛ばすように、大都会と新生活へのワクワクがミュージカル調で描かれた。街で買ったパステルカラーのワンピースに身を包んで軽やかにステップを踏むるいに、視聴者の心も心機一転。「るいちゃん、かわいい!」「透明感がすごい」「新しいドラマが始まったみたい!」と、久しぶりに明るい感想が飛び交った。

気のいい夫婦との出会いも! 「カムカムエヴリバディ」第40回より(C)NHK
気のいい夫婦との出会いも! 「カムカムエヴリバディ」第40回より(C)NHK

週なかばという異例のタイミングで大きく舞台を転換した「カムカムエヴリバディ」。“るい編”では、開始2話ですでに新たな登場人物も続々登場。クリーニング店を営む夫婦、平助(村田雄浩)・和子(濱田マリ)は温かく、るいにとって家族のように大切な存在になる予感。第40回では、クリーニング店の客としてオダギリジョーも登場し、同じ日には、今後新たに風間俊介と佐々木希が“るい編”に出演することも発表され、新ヒロインの門出を盛り上げた。

元記事で読む
の記事をもっとみる