1. トップ
  2. 原田知世×三上博史「私をスキーに連れてって」公開35周年記念でBlu-ray化!

原田知世×三上博史「私をスキーに連れてって」公開35周年記念でBlu-ray化!

  • 2021.12.25
  • 1621 views

原田知世×三上博史「私をスキーに連れてって」公開35周年記念でBlu-ray化!

画像1
2022年2月16日に発売 / (C)1987 フジテレビ・小学館

原田知世の主演作「私をスキーに連れてって」が公開35周年を記念し、Blu-ray化されることがわかった。発売は、2022年2月16日となる。

ホイチョイ・ムービー3部作の第1作として、1987年に公開された「私をスキーに連れてって」。“スキー”をモチーフに、現代の若者像を瑞々しく切り取った演出や、ゲレンデでの躍動感溢れるアクションなど、当時のスキーブームの火付け役となった。監督は、ホイチョイ・プロダクション代表の馬場康夫。2カ月足らずの男女の恋の軌跡をハートフルにつづった“ボーイ・ミーツ・ガール・ストーリー”だ。

画像2
(C)1987 フジテレビ・小学館

原田は、本作で第7回日本アカデミー賞の話題賞(作品部門/俳優部門)を受賞。そのほか、三上博史、布施博、竹中直人、田中邦衛さんらが共演している。挿入歌として、松任谷由実の「サーフ天国、スキー天国」「恋人がサンタクロース」「A HAPPY NEW YEAR」「BLIZZARD」などが使用されている。

26歳の矢野文男は商社勤めのサラリーマン。仕事はイマイチだが、スキーの腕前はバツグン。そんな彼がスキー場で出会ったOL・池上優に一目惚れ。しかしオクテの彼は、想いを打ち明けられない。折しも、会社で開発したスキーウェアの発表会が、バレンタイン・デーに万座で開かれることに。この日、文男は優のために志賀のスキーツアーに出かけていたが、社内の陰謀によりウェアが万座に届いていないことが判明。頼みの綱は、文男と仲間たちが身につけていた6着のウェアのみ。志賀から万座へ、文男たちはスキーで難所越えに挑む。

画像3
(C)1987 フジテレビ・小学館

今回のBlu-ray化に際し、馬場監督がコメントを発表。「1980年代初め、年間500万人前後だった日本のスキー人口は、その後の10年で約2.5倍に跳ね上がりました。『私をスキーに連れてって』はそんなスキー全盛時代の映画です。ボクも毎年3~4回はスキーに行ってました。あの時代のスキー場の空気感を感じていただければ幸いです」と語っている。

「私をスキーに連れてって」のBlu-rayは、22年2月16日に発売。価格は、4180円(税込み)。

元記事で読む