1. トップ
  2. レシピ
  3. ヒース・レジャーが生きていたら『ダークナイト』最終章はどうなっていた?1枚の絵が話題

ヒース・レジャーが生きていたら『ダークナイト』最終章はどうなっていた?1枚の絵が話題

  • 2021.12.23
  • 2100 views

ヒース・レジャーが演じるジョーカーが、『ダークナイト ライジング』にも登場していたら、どうなっていたのだろうか?(フロントロウ編集部)

ヒース・レジャーが演じたジョーカー

DCコミックスのヴィランであり、これまでにジャック・ニコルソンやホアキン・フェニックス、ジャレッド・レトが演じてきたジョーカー。しかし、クリストファー・ノーラン監督による『ダークナイト』でヒース・レジャーが演じたジョーカーは、そのなかでも非常に高い人気を誇っている。

しかしヒースは、『ダークナイト』の公開前に28歳で急死。その演技は高く評価され、アカデミー賞助演男優賞を死後に受賞することになるなど、映画史に残るものとなっている。

『ダークナイト』は3部作であり、脚本に携わったデヴィッド・S・ゴイヤーは、非常に初期の構想ではジョーカーを2作品に登場させるつもりだったと明かしている。一方で、ノーラン監督は3部作の各作品を個別の映画として捉えており、2作目の『ダークナイト』のメガホンを取ったのも、ワーナーブラザースの説得があったから。そして『ダークナイト ライジング』を“作る気”になるのも、彼が納得できる脚本が出来上がった結果。

最終章を制作するつもりがなかったということは、ジョーカーを最終章に登場させるつもりがあったとも言えないが、関係者は米Huffpostに、『ダークナイト』の撮影を通してノーラン監督とヒースの間には絆が出来ていたと話しており、3部作の撮影時にヒースが存命であれば、彼は出演していたはずだと予想されている。

画像: 2009年の第14回放送映画批評家協会賞で助演男優賞を受賞したヒースの代わりにトロフィーを受け取ったノーラン監督。
2009年の第14回放送映画批評家協会賞で助演男優賞を受賞したヒースの代わりにトロフィーを受け取ったノーラン監督。

そしてなによりも、ファンがヒースの出演を望んでいた!

『ダークナイト ライジング』にジョーカーが登場していたら…

『バットマン ビギンズ』ではラーズ・アル・グールが、『ダークナイト』ではジョーカーが、『ダークナイト ライジング』ではベインがメインのヴィランだったが、ヒースが生きていたらどうなっていたのか。

そう考えたパキスタンを拠点とするアーティストが、1枚のイラストを制作。その完成度に、多くのファンが興奮している。

ベインが刑務所から犯罪者を逃亡させたシーンから着想を得て制作されたというイラストがこちら。ベインの行動によって、ジョーカーも刑務所から脱出し、バットマンとふたたび対峙。

ゴッサムシティを背景に、バットマン側にはコウモリが、ジョーカー側にはトランプが舞い、鋭い視線を交換する2人…!

『ダークナイト ライジング』は、ジョーカーなしでも傑作だった。しかし、ジョーカーが姿を見せ、ストーリーに絡んでいたら、また別の傑作が誕生していただろう。

(フロントロウ編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる