1. トップ
  2. ヘア
  3. カラーの色味で印象が変わる…?【色味・明度別】ヘアカラーの印象教えます♪

カラーの色味で印象が変わる…?【色味・明度別】ヘアカラーの印象教えます♪

  • 2015.8.7
  • 2224 views

カラーリングって、寒色系と暖色系の色味に大別されるってご存知でしたか?洋服と同じように、髪の色味によって受ける印象は、かなり変わってきます。そして、化粧品と同じように、肌色によって似合う色味も異なります。今回は、中山陽平さんにご協力頂き、暖色系と寒色系のカラーリングを明度別に集めてみました。是非、次回のカラーリングの参考にして下さいね♪

『暖色系・明度高め』元気で明るい印象に。

明度高めの暖色系というと、ピンクやオレンジが代表格。

可愛らしく、活発な印象になります。

暖色系の色味は肌の血色をよく見せてくれる効果も♪

高めの明度で、肌の透明度もUPしちゃいますよ☆

『寒色系・明度高め』でクールでかっこいい雰囲気に。

明度高めの寒色系は、アッシュ系が代表格。

クールでかっこいい印象になります。

ドライ感が強調されるので、

レイヤースタイルやショートカットの方におススメの色味です!

髪色がクールで個性的になるので

しっかりめのアイメイクや、流行の真っ赤なルージュも

女子度が上がりすぎる心配がなく、挑戦しやすくなりますよ♪

『暖色系・明度低め』はしっとりした大人のカラー。

明度低めの暖色系は、レッド系やパープル系。

落ち着いていて、しっとりとした大人の印象になれます。

肌色をキレイに見せる暖色系は

もちろん明度が下がっても、その効果はバツグン!

明度が下がることにより

さらに色白に見せる効果も期待出来ちゃいます♪

秋冬に向けてダークカラーにしたい方も

暖色系の色味を入れることで濃いカラーリングが楽しめますよ☆

寒色系・明度低め

明度低めの寒色系は、マット系が代表格。

マニッシュな中にも、女性らしさが残る印象になります。

自然な色味なので、オフィスでもOK♪

ファッションスタイルがシンプルな方や

色味のないファッションを好まれる方には、おススメのカラーリングです☆

最後に

いかがでしたか?

カラーリングの色味を変えることで、印象はかなり変わってきます。

今まで何気なく入れていたカラーも、是非少しこだわってみては?

似合う色味が分からない!という方は、積極的に美容師さんにご相談してみて下さいね♪

まずはご自身の好きな色にしてみる、というのも、良いとっかかりですよ☆

この記事を監修した美容師さん

中山陽平

カットが得意な前髪職人。第一印象のほとんどを決めるのは前髪と言われています。前髪一つで顔全体の雰囲気も変えることができる印象効果があります。ぜひ、ご相談ください。サロンワーク以外にテレビや雑誌、イベントのヘアメイクとしても活動させていただいております。

LINEからのご予約も受付中!!

元記事を読む