1. トップ
  2. レシピ
  3. 【恵比寿】イートイン&ショップでできたて豆腐の魅力を楽しんで! 豆腐工房併設「豆富食堂」オープン♪

【恵比寿】イートイン&ショップでできたて豆腐の魅力を楽しんで! 豆腐工房併設「豆富食堂」オープン♪

  • 2021.12.20
  • 570 views

JR恵比寿駅から徒歩2分ほど。落ち着いた佇まいの「豆腐食堂」が2021年11月30日にオープンしたので一足お先に伺ってみました。

豆腐工房併設の店内では、できたて豆腐を使ったアジア圏のメニューが食べられて、入り口のショップでは“できたて豆腐”や揚げのほか、豆腐アイスや豆花などの甘味や、搾りたて豆乳も購入できるという進化系のお豆腐屋さんです♪

出典:リビング東京Web

豆腐スイーツは小さいポーションで3種トライ奥から右回りで「豆花」「みたらし団子」「豆腐アイス」

出典:リビング東京Web

広めのエントランス前から右手のショップ、奥に工房が見えます。

出典:リビング東京Web

奥左)お土産に良さげなビジュアルの「豆乳珈琲パンナコッタ」とシロメダイズ」手前はおぼろ豆富

出典:リビング東京Web
豆から手作りする”できたて豆腐”を楽しもう!

入口を入ると豆腐工房が見えます。思っていたより広くて豆腐工場といってもいいくらい。ものづくりの現場が見られるってワクワクします。豆腐作りを修行中の海外からの職人さんの姿も見えましたよ!

出典:リビング東京Web

豆腐工房「豆腐製造室」の前で頼もしい職人さん

出典:リビング東京Web

良質なタンパク質、ビタミン、食物繊維など栄養価の高い健康食品として、世界中でも注目度の高い豆腐。古くより伝わる伝統的な製法を受け継ぎながら、その魅力を伝えたいとの思いで、毎日豆から手作り。こだわりの豆は宮城県産の「ミヤギシロメ」という、芽の部分が白く甘みとコク強めの大豆だそうです。

ヘルシーな豆腐の魅力をアジアンメニューで

豆腐=和食というイメージですが、言われなければ豆腐メニューだとは気づかないほど。

遊びゴコロと工夫のあるメニューは、香港・台湾・韓国などアジアのさまざまな国からインスパイアされた料理となっていて、ヘルシーなだけじゃなく、しっかり満足できるボリュームも感じられました。

出典:リビング東京Web

おぼろ豆富はそのままでも大豆の甘さで美味しい

出典:リビング東京Web

左奥から右回りから右回り、干し豆富と香味野菜のサラダ、豆腐麹の唐揚げ、肉がんも、おから手毬寿司、

こだわりメニューを少しずつお試しさせていただきました。

すし飯の代わりにおからを巻いた「おから手毬寿司」、お酒にも合うようにしっかり目に下味のついた「肉がんも」。豆腐麹に浸けた胸肉をおからの入った衣でサクッと揚げた「豆腐麹の唐揚げ」は、中国の臭豆腐のような豆腐麹の旨味たっぷりジューシーな味わいでした。

昼は食堂(ランチ営業は2022年1月予定)、夜は酒場へと姿を変える「豆富食堂」。お酒のメニューは瓶で「赤星」や「豆乳割」がよく出ていました。筆者は、今回はノンアルで「搾りたて豆乳」を。濃厚で甘い〜!染み渡りました。

出典:リビング東京Web

ランチのメインにもなるであろう一品は、豆腐ラーメン「豆富白湯(トウフパイタン)」です。干し豆腐+くずし豆腐に鶏のモミジを使った濃厚なコラーゲンたっぷりのスープでいただく罪悪感ない麺類は、飲んだ後にもぴったりですよね。

出典:リビング東京Web

豆腐白湯はレモンと青唐辛子で味変も

出典:リビング東京Web

チャーシュー味がしっかり染みた「豆腐めし」はついついオーダーしたくなりそうなビジュアル()

甘味も少しずつトライさせていただきましたが、中でも絶品は「豆腐アイス」でした♪とろサクッとした食感でコクはしっかり。ナッツのような食感は凍った豆腐そのもの。いいアクセントとなっています。

出典:リビング東京Web
出典:リビング東京Web

豆の甘みが口中に広がりますが、必要以上に甘くないのが◎。豆腐の美味しさを凝縮したような濃厚な風味で後味はさっぱり。これも罪悪感なくいくらでも食べられそう…。ここでしかいただけない絶品アイスでしたよ。

ショップでは自宅用含め手土産が買える

搾りたての豆乳やできたての豆腐は、入り口にあるショップで購入できます。「地域の人たちの日常に寄り添うお店」も目指しているとのこと。上質な落ち着いた外観は街の風景にナチェラルに溶け込んでいます。

出典:リビング東京Web

豆腐や三角揚げ以外に、豆腐を使ったヘルシーなスイーツ(豆腐アイス、みたらし団子、豆花、パンナコッタなど)も購入できるので、家族へのお土産や、日頃の疲れを労うヘルシーなおもたせにも喜ばれそうです。

出典:リビング東京Web

豆富食堂と聞いて、女性がターゲットの和食中心の店も想像しましたが、麻婆豆腐や豆花などアジア圏の人気メニューなどや、豆腐麹やおからなど豆富由来のものを使いつつボリューミーなメニュー、濃いめの味わいでお酒が進みそうなものもありました。

ヘルシーなだけでなく美味しさも十分に考えられたメニュー展開でした。1月に始まる予定のランチも楽しみ。多忙な年の瀬、できたて豆腐の料理&スイーツで身体をやさしくいたわってみて!

出典:リビング東京Web

豆富食堂 住所:東京都渋谷区恵比寿西1-3-1 アクセス:JR恵比寿駅から徒歩2分 営業時間:イートイン17:00〜23:00(L.O.フード22:00、ドリンク22:30) ショップ 12:00〜売り切れまで 電話:03-6455-2516 公式サイト:https://tofushokudo.com ※ランチ営業は2022年1月スタート予定。全て取材時(2021年11月末)の情報ですので、公式SNSなどにて事前に詳細をご確認ください。

元記事で読む
の記事をもっとみる