1. トップ
  2. ファッション
  3. ファッションプロの「大人かわいい」ワードローブ! アイテムと私的コーデ公開♡

ファッションプロの「大人かわいい」ワードローブ! アイテムと私的コーデ公開♡

  • 2021.12.19
  • 5596 views

1|〝Ballsey〟のVネックニット

ふんわりとした毛足とソフトな肌触りが特徴のフラッフィーヤーンを使用。

ニット¥29,700(TOMORROWLAND〈Ballsey〉)

淡色のワントーンでまとめて

「程よくゆとりのあるシルエットとドロップショルダー、やや広めのネックラインでこなれ感のある一枚です。白×モヘアニットはシンプルながらかわいらしさもあり、まさに、大人かわいい組み合わせ。冬だからこそ凜として見える淡色のワントーンでまとめてみました。スカーフなどツヤのあるものをプラスして大人っぽく仕上げます」(TOMORROWLAND プレス・金竹麻姫さん)

2|〝iI〟のティアードスカート

去年ローンチしたばかりの注目ブランド。

スカート¥35,200(アーバンリサーチ オンラインストア〈アイ〉)

モノトーン&辛口小物でまとめて大人っぽく

「ティアードやチェックスカートなど甘く転びがちなデザインは、大人に相応しい丈感やデザインのものを見つけるとついつい買ってしまいます。『アイ』はECメインでトレンドを上手に取り入れたブランド。大人が着こなしやすいデザインが多いので、ギンガムチェックにもトライできました。モノトーンでまとめ、サングラスなど辛口小物やモードなアイテムを必ず投入してバランスをとります」(スタイリスト・縄田恵里さん)

3|〝Mila Owen〟のブラウス

白、ネイビーを加えた3色展開。

ブラウス[12月上旬発売予定]¥9,900(ミラ オーウェン ルミネ新宿2店〈ミラ オーウェン〉)

ダークカラーのアイテムと合わせて、ブラウスの甘さを際立たせて

「袖のボリューム感はもちろんのこと、たっぷり広がるフレアやレイヤード風のデザインで1枚でも着映えします。さりげなくサイドにはリボンも。華やかなイエローはお出かけにもぴったり! あえてピンストライプのパンツなどダークカラーで周りを固めてブラウスの甘さを引き立てるのが「大人かわいい」のさじ加減かなと思います」(Mila Owen プレス・川村らいむさん)

4|〝UNITED ARROWS〟のブラウス

イタリア製のタイプライター素材に加工をほどこし、ハリを抑えた独特な風合いが漂う。

ブラウス¥19,800(ユナイテッド アローズ 六本木ヒルズ店〈ユナイテッドアローズ〉)

異素材ワントーン&黒ブーツで辛口に

「袖のボリューム感に加えて、襟元も細かなギャザー入り。シャツカラーのおかげで甘さの中にもキレがあるデザインです。ふだんなかなかピンクは手に取らないのですが、今年は無性に着たくなり思い切ってトライしてみました。フェイクスウェードのスカートを合わせた異素材ワントーンに、足元は黒ブーツでピリッと辛口に仕上げました」(UNITED ARROWS プレス・家城麻依子さん)

5|〝R’IAM-PLAGE〟のティアードスカート

軽やかなナイロン地のおかげでギャザーの立体感が際立つ。

スカート¥17,600(プラージュ 代官山店〈リアム プラージュ〉)

ボリュームブーツと合わせてバランスをとって♪

「メンズライクな素材でレディース服をつくるというコンセプトの『リアム プラージュ』発のスカートは、シャカシャカ素材×たっぷりのギャザーの甘辛バランスが絶妙! トップスはINしてコンパクトにまとめ、すっきりと着こなしたい気分です。加えて、髪の毛をアップにしたり、旬のボリュームブーツを合わせたりして甘すぎないようにバランスをとってみました」(Plage プレス・森次まりなさん)

6|〝CASA FLINE〟のワンピース

レイヤードしやすい赤みのないネイビー。

ワンピース¥41,800(カーサフライン表参道本店〈カーサフライン〉)

デニムやニットと合わせてカジュアルに

「流行にとらわれず独自の〝大人かわいい〟を追求しているカーサフライン。ヴィンテージライクなコットンの風合いや色味など落ち着きのある甘さが好みです。コンパクトなサイズ感だと子供っぽく転んでしまうので、マキシ丈で袖もしっかりボリューミィなところがセレクトのポイント。カジュアルにデニムとニットをINしてレイヤード前提で冬に着たいです」(スタイリスト・兵藤千尋さん)

7|〝SAYAKA DAVIS〟のタートルニット

サステナブルなウールとリサイクルポリエステルから生まれた、肌にも環境にも優しい素材。

ニット¥39,600(ショールーム セッション〈SAYAKA DAVIS〉)

ウールパンツ、シルバーアクセで引き締めて!

「抜群の暖かさと、毛玉になりにくいのが気に入って毎年買い足している定番人気のニット。モヘアならではのふんわりとしたやわらかさとオートミールカラーの掛け合わせは甘くなりすぎず、まさに、大人かわいい印象。リラックス感のあるウールパンツで雰囲気をキープしつつ、シルバーアクセサリーや小物で、全体を引き締めました」(showroom SESSION プレス・白野あゆみさん)

●この特集で使用した商品の価格はすべて、税込価格です。

2022年Oggi1月号「冬こそ『大人かわいい』がうまくいく!」より
撮影/三瓶康友(人物)、品田健人(静物) 構成/三尋木奈保、堀 由佳
再構成/Oggi.jp編集部

元記事で読む