1. トップ
  2. 『妻、小学生になる。』に15歳の新星・當真あみが出演 訳ありな中学生の天才小説家役に

『妻、小学生になる。』に15歳の新星・當真あみが出演 訳ありな中学生の天才小説家役に

  • 2021.12.18
  • 8174 views
金曜ドラマ『妻、小学生になる。』に出演する當真あみ (c)TBS

2022年1月期のTBS金曜ドラマ『妻、小学生になる。』に、15歳の沖縄出身の新星・當真あみが出演することが発表された。

本作は、芳文社『週刊漫画TIMES』に連載中、村田椰融による累計発行部数130万部(紙+電子)を超える同名漫画を実写化するホームドラマ。10年前に愛する妻を亡くし生きる気力を失った夫とその娘が、思わぬ形で妻(母)と再会するところから物語は始まる。なんと妻(母)は生まれ変わって10歳の小学生になっていた。夫と娘はその姿に戸惑いながらも、彼女から尻を叩かれ叱咤激励されて、生きる喜びを徐々に取り戻していく。そして、周囲の人間も巻き込みながら“生きること”に再び向き合おうとする。

主人公の新島圭介を堤真一、10年前に他界した妻・新島貴恵を石田ゆり子、圭介と貴恵の一人娘・新島麻衣を蒔田彩珠、貴恵の生まれ変わりで10歳になる白石万理華を毎田暖乃が演じる。さらに、万理華の母・白石千嘉役で吉田羊、圭介と同じ食品メーカーに勤めていて圭介の年下上司にあたる守屋好美役で森田望智が出演する。脚本を手がけるのは、『凪のお暇』(TBS系)、『おカネの切れ目が恋のはじまり』(TBS系)の大島里美。

そしてこのたび、中学生の天才小説家・出雲凜音(いずも・りおん)役に、15歳の新人女優・當真あみが決定。當真は今回がドラマ初出演となる。昨年10月に地元沖縄でスカウトされ芸能界入りし、今年の7月に企業CMでデビュー。そして、デビューからわずか半年ながら本作への出演が決定した。當真が本作で演じる凜音は、“あるストーリー”の悲恋を描いた小説が大ヒットした中学生の小説家。何やら訳ありな様子の少女を當真はどのように演じるのか。

【コメント】
●當真あみ
連続ドラマに出ることは、もっと先の事だと思っていたので、決まったと聞いたときは、本当に嬉しかったです。最初、作品の題名を見た時、ファンタジーなのかなと思いました。
でも、実際台本を読んでみると、現実ぽくもあり、心の温かくなる素敵な作品だなと思いました。
私が演じる出雲凛音は、小説家の女子中学生なのですが、ちょっと不思議な女の子です。彼女が心の内に抱えるものをちゃんと考えつつ、出雲凛音になろうと思います。
初めてのドラマですが、監督の指示にしっかりと答えられるように、撮影頑張りたいです。

●プロデュース・中井芳彦
「小学生となった妻」とともに、同じく原作に登場する「天才小説家」を演じていただける方が果たしているのか不安でしたが、オーディションでの當真あみさんの堂々とした振る舞いやたたずまいは、すでにこの役にぴったりでしたし、我々を強引に引き寄せさせるふしぎな魅力を感じました。映像の経験がまだないということを後で知りましたが、迷いなくオファーさせていただきました。
原作の出雲は男性なのですが、原作者の村田椰融さんにご相談して當真さんにお願いすることにしました。
不思議な物語をさらに魅力的にする當真あみさんにご期待ください。

(リアルサウンド編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる