1. トップ
  2. グルメ
  3. 【今日のインサイト】七夕は7月7日じゃなかった!正しくは…

【今日のインサイト】七夕は7月7日じゃなかった!正しくは…

  • 2015.8.6
  • 556 views

宮城県が最も盛り上がるであろう3大イベントのうちのひとつ、仙台七夕が今年も8月6日からスタートします!(あとふたつは光のページェントと楽天優勝ですかね)

★【夏の謎】花火っていつからあるの?「たーまやー」って何!?

 

毎年8月6日から8日に開催されている仙台七夕。伊達政宗公の時代から続く伝統行事として受け継がれており、現代でも全国に広く知られるお祭り。期間中は、仙台市内中心部をはじめ、街中が色鮮やかな七夕飾りで埋め尽くされます。

しかし、「七夕」といえば文字通り「7月7日」なのに、どうして仙台七夕は「8月」に開催されるのでしょうか? その理由を調べてみました。

七夕まつりは本来、旧暦7月7日の行事として全国各地に広まっていました。だいたい旧暦と新暦は約1か月半のズレがありますが、いずれにせよ昔の七夕は、現在の「8月」に行われていたもの。そのため仙台七夕まつりは、その季節感に合わせるため、新暦に1か月を足した暦である「中歴」を用いて、現在の8月6日から8日にかけて開催されています。

ちなみに仙台七夕の特徴の笹飾りですが、飾りはそれぞれのお店の方が数か月前から手作りで準備し、1本の価格は数十万~数百万する、といわれています。飾りの内容は当日まで企業秘密(!)となっており、8月6日の朝8時頃から飾りつけが行われ、その豪華さを競い合い、8月6日の午後には各商店街ごとの「金・銀・銅」の各賞が発表されます。

七夕飾りの吹き流しはもちろん、ステージイベントや飾りの製作体験コーナー、食の魅力がまるごと味わえるフードコートを設置した「おまつり広場」も人気を集め、毎年200万人を超える観光客の方を楽しませているとか!

(すごい人!)

 

「どうせなら観光客が来やすい土日にやればいいのにな……」と思いつつ、毎年ストイックに曜日を問わず8月6日~8日に開催されている仙台七夕まつり。今年の最終日は土曜日なので、観光にも行きやすいのではないでしょうか。最近は観光客の方向けに旅費補助プランを出したり、非常に盛り上がっている宮城県。週末は宮城においでよ!(後藤香織)

 

仙台七夕まつり 公式サイト http://www.sendaitanabata.com/

仙台七夕まつり

開催日 2015年8月6日(木)~8月8日(土)

開催場所 仙台市中心部および周辺商店街

★「蚊に刺されなくなる方法」を蚊のプロに聞いてみた!

写真提供:仙台七夕まつり協賛会

 

元記事を読む