1. トップ
  2. レシピ
  3. 常備菜やおつまみに最適! 暑い夏においしい冷たいナスの南蛮漬け

常備菜やおつまみに最適! 暑い夏においしい冷たいナスの南蛮漬け

  • 2015.8.5
  • 2195 views

毎日こうも暑いと、早く涼しくなってくれないかなぁなんてうんざりしてしまいますが、キンキンに冷えたビールのおいしさだけはこの季節だけの特権。

本日は、そんなビールのおともに最適なとっておきのおつまみをご紹介します。

常備菜やおつまみにも! ナスの南蛮漬け

旬のナスを使った、揚げずに作れる南蛮漬けです。ナスを薄めに切ることで、フライパンと少量の油であっというまに仕上がります。それでは早速作り方です。

ナスの南蛮漬け

ナス…2本

長ねぎ…10cm分

サラダ油…大さじ1~2

塩…適量

<調味料>

しょうゆ…大さじ1

みりん…大さじ2

酢…大さじ2

砂糖…小さじ1

ナスは縦4~5等分の薄さに切り、塩を振っておく。長ねぎは白髪ねぎにする。合わせ調味料は合わせておく。1のナスの水気を拭き取ったら、フライパンに油を熱し、ナスを両面こんがりと焼く。合わせておいた調味料に、ナスが熱いうちに白髪ねぎと一緒に漬け、冷蔵庫に入れて味がなじんだら出来上がり。

調味料に漬け込んで2~3時間ぐらいで味がしみこみおいしく頂けますが、一晩おくとさらに味がしみておいしさアップです。

この他にも、カボチャやししとう、パプリカやズッキーニなどの夏野菜を一緒に焼いて漬けておくのもおすすめです。

色合いもカラフルで夏らしい見た目になってくれます。旬の食材は、スーパーなどでもお手頃価格で買えるのがうれしいですね。

また、常備菜としても使えて便利です。お酢が入ることで多少の日持ちはするので、何かもう一品欲しい時の副菜として役立ちます。

そのまま食べる以外に、冷やしたおそばの上にのせたり、たっぷりのレタスの上にのせてサラダ代わりに食べてもおいしいです。

お酒のおつまみから、常備菜としても使え、とっても便利なナスの南蛮漬け。暑い夏に、冷蔵庫でよく冷えたナスがおいしいレシピです。

(山本 リコピン)

元記事を読む