1. トップ
  2. ダイエット
  3. 熟睡するだけで1ヶ月で1キロ減…!?脂肪の燃焼率がUPする睡眠法

熟睡するだけで1ヶ月で1キロ減…!?脂肪の燃焼率がUPする睡眠法

  • 2015.8.5
  • 70643 views

ダイエットには睡眠が大切ということ、知っていましたか? 肥満外来の専門医である左藤医師によると、人間の身体は「一晩しっかり眠ると約300kcal分の脂肪が燃える」ようにできているのだとか。

さらに、体内時計を整えることで自然と食欲もコントロールできるようになります。ダイエットのための睡眠は、「3時間」「7時間」という数字がカギのようですよ。

■睡眠がダイエットに関係する理由

(1)熟睡で脂肪を燃焼

睡眠中に分泌される成長ホルモン。左藤医師によれば、寝ている間に成長ホルモンが分泌されることで、脂肪が燃焼するとのこと。良質な睡眠と、そうでない睡眠を比べた場合、睡眠による消費カロリーの差は約3倍にもなり、1ヵ月でマイナス1キロのダイエットができる計算になるのだとか。

(2)熟睡で食欲をコントロール

私たちの身体に備わっている体内時計。体内時計は睡眠と覚醒だけでなく、ホルモンの分泌や自律神経の調節など、身体の動きを司っています。

睡眠が充分にとれず体内時計が乱れてしまうと、食欲抑制ホルモン「レプチン」の分泌が減り、食欲増進ホルモン「グレリン」の分泌が増えてしまうのです。とくに、睡眠不足になると甘いものや脂っこいものを食べたくなる傾向にあるそうですから、注意したいところ。

■睡眠のカギ「3時間」と「7時間」とは?

●3時間

成長ホルモンは、寝入りばな3時間の深い睡眠「ノンレム睡眠」の間に分泌されることが判っています。

この3時間、途中で目を覚まさず良質の睡眠がしっかりとるためには、寝る前にたくさん水分を摂るのは控え、快適な室温を保ち、寝室を真っ暗にする、などの工夫をしましょう。

●7時間

最適な睡眠時間は人それぞれですが、米コロンビア大学の研究によれば、7時間~9時間睡眠の人に比べ、5時間睡眠の人は約50%、4時間睡眠の人は約73%太りやすい傾向にあるそうです。

ダイエットのためには、できれば7時間は眠りたいところ。

良質の睡眠は、ダイエットだけでなく健康のためにも欠かせません。朝はしっかりと朝日を浴び、朝食を摂って体内時計をリセットして、夜はしっかり眠る生活を心がけたいですね。

(岩田麻奈未)

オリジナルサイトで読む