1. トップ
  2. <最愛>吉高由里子が語る、チームでこだわった“心”で作り上げる芝居「怖くてモニターチェックしないこともあった」【インタビュー】

<最愛>吉高由里子が語る、チームでこだわった“心”で作り上げる芝居「怖くてモニターチェックしないこともあった」【インタビュー】

  • 2021.12.16
  • 247 views
今作の主演を務める吉高由里子にインタビューを実施 (C)TBS
今作の主演を務める吉高由里子にインタビューを実施 (C)TBS

【写真を見る】吉高由里子“梨央”の腕をぎゅっとつかむ松下洸平“大輝”

金曜ドラマ「最愛」(毎週金曜夜10:00-10:54、TBS系)の最終話が12月17日(金)に放送される。このたび、今作の主演を務める吉高由里子にインタビューを実施。演じる上で特に意識してきた部分や、特に共演シーンの多い井浦新、松下洸平らの魅力、さらに吉高が思う“最愛が愛される理由”などについて語ってもらった。

同作は、金曜ドラマ「アンナチュラル」(2018年)や「MIU404」(2020年)を生み出してきたプロデューサー・新井順子氏と演出・塚原あゆ子氏、そして2人とは金曜ドラマ「夜行観覧車」(2013年)、「リバース」(2017年、4作全てTBS系)でタッグを組んだ脚本家の奥寺佐渡子氏と清水友佳子氏が手掛ける完全オリジナルドラマ。

殺人事件の重要参考人となった実業家・真田梨央(吉高)と、梨央の初恋の相手であり事件の真相を追う刑事・大輝(松下)、そして、あらゆる手段で梨央を守ろうとする弁護士・加瀬(井浦)の3人を中心に、15年前の失踪事件から現在の連続殺人事件へとつながる謎に迫るサスペンスラブストーリーだ。

吉高は「真田ホールディングス」の子会社「真田ウェルネス」の代表取締役を務める梨央を演じている。

「最愛」最終話より (C)TBS
「最愛」最終話より (C)TBS
「最愛」最終話より (C)TBS
「最愛」最終話より (C)TBS

新井順子Pと塚原あゆ子監督とこだわった「感情の動き」

――ここまでの撮影を振り返ってみていかがですか?

白川郷での撮影が3カ月前とは思えなくて、何年も前に感じてしまいます。たった1クールの作品なんですけど、みんなといた時間の濃度が濃すぎてもっと一緒にいたような感覚です。

実際に自分も年を重ねていくような気持ちになりましたし、吉高由里子が演じているというより、梨央という人間がそこにいたんじゃないかと思わせるような作品になったんじゃないかなと思います。

――2度目となる新井さん、塚原さんの現場はいかがでしたか?

新井さんと塚原さんペアの作品なので、2人の世界観を壊さないようにしようと思っていました。2人のファンも多いので、期待値も大きいですし、その分自分へのプレッシャーも大きくなるだろうなと。

でも、いざやってみたらみんなが2人と(仕事を)やりたくなる理由が分かりました。新井さんと塚原さんが作り出す現場は、演出面でなく心でお話を作ってくださる現場なんです。

本当に“最愛”というタイトルがぴったりな作品で、一つ一つの言葉をただの言葉じゃなくて心に訴えかけるような言葉で説明してくれたことが印象的で、とてもいい経験をさせていただいたなと感じています。

――新井さんや塚原さんとは撮影の中でどのようなお話をされましたか?

「最愛」はそれぞれの愛が同時に動いているお話なので、同じシーンにいても登場人物たちの愛の矢印の方向が違うんです。なので「せりふの裏側にこういう感情があるんじゃないか」とか、「悲しいけどあえて笑った方が悲しく見えるよね」とか、技術的な話ではなくて感情の動きに関するお話をすることが多かったですね。

最初は「ヘラヘラ封印だよ、笑顔禁止だからね!」と言われていたので、もっとキレキレな女社長なのかと思っていたら、ちゃんと感情が動く人間らしい役でホッとしました。

実際に梨央を演じる中で、(自分自身の)表情を見るのが怖くてモニターチェックしないこともあって、オンエアで「こういう顔をしていたんだ」と知って驚くこともありましたし、すごくすてきな作品に関われたなとうれしく思っています。

「最愛」第2話より (C)TBS
「最愛」第2話より (C)TBS
「最愛」第3話より (C)TBS
「最愛」第3話より (C)TBS

真田グループの“番犬”加瀬の愛情は「どんどん深くなっていった」

――井浦新さん演じる加瀬の“深い愛”はSNSなどでも大きな反響を呼びました。

新さんの演じる加瀬の愛情というか、懐の深さが回を重ねるごとにどんどん深くなっていって。包まれている感覚というか、安心感がありました。

新さんとは面識があったので最初から安心感はあったんですが、加瀬はそれとは別の“包み込む愛情”がどんどん大きくなるキャラクターでした。

――松下洸平さん演じる大輝とはさまざまな名シーンが生まれました。初共演でしたが、印象はいかがですか?

松下さん演じる大輝は、無骨な男だけれど愛嬌があって、でも、刑事という立場から梨央と関わる葛藤とか、仕事での立場が悪くなっても梨央との愛を育もうとしてくれたり。“大キュン”という言葉が出来ちゃうくらいですから。

梨央も社長なのにああいうマンションに住むような素朴なところを大事にしている人なので、(梨央と大輝は) “小さな幸せを見つけるのが上手な2人だな”と思いながら演じていました。

松下さんはホッとするような優しい声の持ち主なので、そんな大輝に寄りかかって甘えていた部分もあるので、支えになってもらっていたなと思います。

「最愛」第8話より (C)TBS
「最愛」第8話より (C)TBS

――弟役の優を演じた高橋文哉さんとも回を重ねるごとにきょうだいとしての共演シーンが増えていったと思います。初共演でしたがいかがでしたか?

文哉くんは“本当に20歳なの!?”と思うくらい落ち着いている部分もあれば“ウソでしょ!?”と思うくらいピュアで真っすぐで素直な部分もあるんです。

本当はもっとしっかりしている部分もあるのかもしれないんですが、文哉くんの甘え上手な部分や人懐っこい部分が弟のいない私をお姉ちゃんにしてくれたんだと思います。すごくかわいかったです。

「最愛」第5話より (C)TBS
「最愛」第5話より (C)TBS

こだわるのは、視聴者の“満足度”

――今作はSNS上でもさまざまな考察が盛り上がりを見せていますね。

自分で調べようとしなくても「すごく面白い」とか「先が気になる!」とか、普段来ないような人から連絡が来たりして(笑)。反響が如実に分かる作品だったなと感じています。

ネットニュースも土日に開くとすごいですよね? エゴサーチは怖くてしないですけど、ネットニュースのコメントだったら傷つかないかなと思って見てみたりします(笑)。

――そういった反応はどれも満足度が高いものばかりですが、それだけ多くの人に「最愛」が愛される理由はどういった部分にあると思いますか?

視聴者の方が抱えているものが、登場人物の誰かしらに当てはまるからじゃないかなと。誰しもがふたをしておきたくなるような過去や感情があって、それぞれの理由で閉じ込められていると思うんですが、そういう痛々しくもあるようなリアルな部分が共感を得ているのかなと思ったりします。

あとは主題歌(宇多田ヒカル「君に夢中」)の力もすごいですよね。このドラマの視聴者さんを巻き込んでいく“求心力”のある曲が中心にあるなと思います。

――登場人物もそれぞれ抱えているものがあって、いろんな深みがある作品だと思います。

そうですね、視聴者の皆さまの満足度が高ければいいなと思います。

「最愛」第4話より (C)TBS
「最愛」第4話より (C)TBS
「最愛」最終話より (C)TBS
「最愛」最終話より (C)TBS

現場で意識しているのは“自分が一番楽しむ”というマインド

――他の出演者さんのインタビューで必ずと言っていいほど「吉高さんが太陽のように現場を照らしてくださっている」というお話が出るのですが…。

いやいや! 言わせてないですか、大丈夫?(その場にいたスタッフが「ないです!」と全力否定)

――吉高さんは意識して盛り上げていらっしゃったんですか?

盛り上げようというより“自分が一番楽しむぞ”という気持ちは常にあります。楽しんだ分だけ自分の中で深く刻まれる作品だと思うし、いっぱい自分の中に取り入れたい作品でもあったので。キャストの方たち本当にみんないい人ばかりでした。

――新井さんや及川光博さんから「吉高さんの切り替えがすごい」というお話も出ていました。

私から言わせてもらうと“ミッチー、あなたもね!?”という感じなんですが…(笑)。後藤さんを演じるときはスッとしているのに、カットかかったらこうですよ!(おどけた動きをしながら)

でも、それでいうと(自分は)“瞬発力タイプ”だと思うんです。自分で決めたわけではないんですが“カットがかかったらスイッチを切り替える”という無意識の中で自分に落とし込んだルールというか、そういうスイッチの入り方なのかなという感じはします。

「最愛」第1話より (C)TBS
「最愛」第1話より (C)TBS

“愛”の詰まった最終話は「心して見てください」

――今作は“サスペンスラブストーリー”ということでサスペンスだけでなくラブの部分でもネット上では大きな反響が上がっていますが、演じていてキュンとしたシーンがあれば教えてください。

“ラブ”の部分か…。私は第1話と2話の最後が“ヒリヒリしたな!”と思います(笑)。第1話は「よくそんな顔で“はじめまして”なんて言えるな」と思いながら演じていましたし、第2話も「“どこから話す?”ってあんな挑発的に言います!?」って。感じ悪いな私って思っていました(笑)。

でも、“ラブ”だと何だろう。みんなあれだ、歩道橋からの追いかけっこがみんな好きなんじゃないかな?

――そうですね、第6話のシーンが人気かなと思います…!

そうだろ、そういうのが好きなんだろ(笑)!

――最後に最終話に向けて読者へメッセージをお願いします。

最終話は梨央を守ろうとするみんなの愛が詰まっているなと思います。ぜひ、心して見てください!

「最愛」最終話より (C)TBS
「最愛」最終話より (C)TBS
元記事で読む
の記事をもっとみる