1. トップ
  2. 恋愛
  3. 妻がなかなか夫に言えない、セックスにまつわる不満の正体とは??

妻がなかなか夫に言えない、セックスにまつわる不満の正体とは??

  • 2015.8.5
  • 1137 views

夫婦とはいえ、セックスとなると人知れずお悩みも多いようです。昔はもっと楽しめていたのに、すっかりマンネリ化してしまった……あるいは前から気になっていたけど、相手になにも言えないまま時間ばかりすぎてしまい、今さら打ちあけられない……などなど悩みや不満も人それぞれ。でも誰にも言えないだけに、その不満はますます深いものになっていきます。

そのなかで、もっともありがちな不満とはなにか、探ってみました。

セックスしたいなら、もっと家事を手伝って、そういうムードにさせてよ!

よくある夫婦のセックスの悩みとして、「夫が求めているのに、妻が応じない」というケースがよくありますが、実際のところどうなのでしょう? 男性とは違い、女性が「したい!」と思うには、精神的な余裕も必要です。妻は仕事や家事・育児でヘトヘトになっているのに、夫は仕事から帰ってくると、家のことはなにひとつしないでベッドでは求めてくるだけ……というのでは、妻がゲンナリするのも無理はありません。セックスの回数が少ないと不満に思うくらいなら、食事の後片付けくらいやって! もっと家事も積極的にこなして、妻が夜ゆっくり夫とセックスしたくなるような精神的余裕がもてるようにしてよ!! ――という不満の声がじつは多いのです。

「結婚してから、妻がやさしくなくなった」、「夜求めても、妻から断られて、誘いづらくなった」という夫側の意見もありますが、はたしてそんな夫たちは、家庭できちんと夫としての務めを果たしているでしょうか? 「家事」と「セックス」、男性たちの頭のなかではなかなか結びつきにくいのかもしれませんが、妻たちのなかではがっちり“セット”になっているということを覚えておいてください。

夫婦だからこそ、もっとロマンティックにしてほしい!

さらにもうひとつのよくあるのが、「結婚して○年、レスではないけど、なにしろ毎回のセックスが味気なさすぎて不満だらけ!」というお悩み。夫が「夫婦なんだから、セックスできて当然」とばかりに、まったくの自分のペースではじめ、妻の様子などほとんど気にしないまま、コトを終えてしまう……というパターンに、飽き飽きしている妻たちもいます。

女性にとって、セックスは単に性欲を満たすだけのものでなく、「愛されている」という実感が必要。そうでないと気持ちものれないのです。愛のささやきにはじまり、たくさんのキスでムードを盛りあげ、そして身も心も満たされるセックスがやはり求められます。夫婦だからこそ、セックスも一定のパターンではなくロマンティックなものであって欲しい――と切に願っている妻の気持ちを、無視してはいけないでしょう。

「今さら……」なんて照れたりせず、一生添いとげるパートナーとしてどうすればロマンティックなムードを維持できるか、よーく考える必要があります。もちろん、そのためにはお互い正直に「どんなふうにしたいか」と打ちあけられることが大切です。いくつになっても仲良し夫婦であるためには、避けて通れないテーマですね。

▽ 参考記事(海外サイト):5-secrets-about-sex-your-wife-doesnt-know-how-to-tell-you(http://familyshare.com/marriage/5-secrets-about-sex-your-wife-doesnt-know-how-to-tell-you)

オリジナルサイトで読む