1. トップ
  2. 恋愛
  3. 復縁できる確率はどれくらい? 男性がよりを戻したいと思う瞬間とは

復縁できる確率はどれくらい? 男性がよりを戻したいと思う瞬間とは

  • 2021.12.15
  • 11103 views

別れてから復縁するカップルはめずらしくありません。「やり直したい」と思ったら、堅実なやり方で復縁できる確率を高めましょう。この記事では、男性が「よりを戻したい」と思う瞬間や復縁の効果的な方法を、体験談を交えて紹介します。復縁を願う方はぜひ参考にしてみてください!

■復縁の確率はどれくらい?

Image9

復縁したいと願っても、本当に復縁できるかは相手次第。復縁したことがある人の割合って、どれくらいなのでしょうか。

男女の出会いメディア「e-venz(イベンツ)」を運営するノマドマーケティング株式会社が行った調査結果を見てみると、「元恋人と復縁したことがある」と答えた人は約14%(※)。

男女共に、10人に1~2人程度しか復縁経験がないという結果に。年齢を重ねるにつれて交際した経験や元恋人の人数も増えていき、この復縁率は高まると予測できますが、それでも復縁の可能性はかなり低いと推察できます。

それでも復縁をしたいと願うなら、堅実に復縁できそうなやり方で臨みたいところ。そのためにはタイミングを見誤らないことが大切です。

この記事では、男性が「よりを戻したい」と思う瞬間や復縁の効果的な方法を、体験談を交えて紹介していきます。

■男性が「復縁したい」と思うとき

男性はどのようなタイミングやきっかけで「復縁したい」と思うのでしょうか。実際に復縁をした男性5人のエピソードを見ていきましょう。

SNSできれいになった元カノの写真を見て

Image15

別れた彼女とは大学のときからの付き合い。かれこれ10年以上の付き合いでお互いマンネリ感が否めませんでした。デートもほぼ毎回どちらかの家。当然セックスレスで、勝手なイメージではありますが“熟年夫婦”のような関係になってしまいました。僕は結婚したいと思っていましたが、このまま付き合っていても、結婚は難しいかもしれないと思い、僕から別れを伝え、揉めることなく別れました。

それからしばらく経ったあと、気になって彼女のSNSをチェックしたら、とてもきれいになっていて……。正直、やっぱりタイプだなって別れを後悔していました。そうしたら彼女からDM(ダイレクトメッセージ)が来て会うことに。久しぶりに会う彼女は本当にきれいになっていて、別れたことを後悔していると冗談めかして伝えたら、彼女から「もう一度好きになってもらえるように自分磨きをがんばった」って。

その気持ちに心を打たれて復縁し、来年結婚の予定です。(35歳/男性)

一度好きになった人はいわゆる“タイプ”なはずですが、年月が経つにつれ、人は慣れやマンネリを感じてしまいます。けれど別れをきっかけに一度離れると、リセットされて魅力を再発見することも。なんだかんだ言っても人は“見た目がタイプ“に弱いもの。「外見がドストライク」の力は強いのです。

連絡が来て、なんとなく

Image16

好きな人ができてしまい彼女と別れました。彼女のことは嫌いになったわけじゃなかったので申し訳ない気持ちでした。彼女と別れ、好きになった女性と付き合いましたが、うまくいかなかったんですね。性格が合わなかったというか。

その後、特に気になる女性も現れないし恋愛はしばらくいいかなと言う気持ちになっていたら、元カノと共通の友人にご不幸があり、葬儀の連絡が来たんです。葬儀は別々に行きましたが、それをきっかけになんとなく連絡を取り合うようになって、そこから「久しぶりにご飯でも食べよう」ということに。会話のなかでお互いフリーだということが判明し、復縁に合意。

僕は、さまざまな恋愛経験を重ねたことで、彼女の性格の良さや相性を再確認したので今はとても満足しています。ただ、当時の僕は彼女との交際中に他に好きな人ができた経験をしているので、もし彼女に好きな人ができて別れが再び訪れたとしても、また復縁を申し込もうと思っています。今のところ、その心配はないですが(笑)。(42歳/男性)

お互いの気持ちのタイミングが合っていれば、連絡ひとつで復縁がトントン拍子に進むことも。

街でばったり再会して

Image14

元カノと再会したのは別れて半年後。会社帰りに同期とぶらぶら歩いていたら、前から元カノが男とふたりで楽しそうに歩いて来る光景が目に入りました。

その瞬間、自分でもびっくりするくらい動揺たんですよね。一緒に歩いている男が自分から見ても悔しいほどにかっこよくて、隣にいる元カノもなんだかすてきでお似合いのふたりだったんです。思わず「久しぶり」と声をかけてしまい、元カノもびっくりしていました。

その場では挨拶を交わすだけで終わったんですが、その後すぐにLINEしたら、一緒に歩いていた男は新しい恋人じゃなくて言い寄られているだけだということが判明したので、自分から思わず「よりを戻そうよ」と口説いていました(笑)。(29歳/男性)

まるでドラマや恋愛ソングの歌詞のような復縁。ばったり再会したときに彼が復縁したいと願うか、残念ながら「別れて正解」だと感じるかは、再会のシーン次第。ジェラシーは時に強い原動力になる、それを実感する再会からの復縁エピソードでした。

友達から“もったいない”と言われて

Image11

別れたことを友達に報告したら、皆から「もったいない」や「あんないい子もう現れない」と全員から非難ごうごう。さらに元カノがいかに魅力があるかや、すてきな性格の持ち主かを代わる代わるプレゼンされました(笑)。

信頼している友達の言葉だけに「別れなければよかったかも」とちょっと後悔していたら、元カノから連絡が。実際に会ってみたら。やっぱり友達が言う通り「別れなければ良かった」と後悔の念が湧いてきました。そしたら「もう一度やり直してみない?」と彼女から。もちろん快諾しましたよ。(31歳/男性)

別れるときに冷静さを欠いている人もいるでしょう。たとえば喧嘩をしたり、マンネリが続いたりしていると、自分の本当の気持ちを見失ってしまうことも。「もう、いいや」と投げやりになって別れてから湧き上がる、ほのかな後悔。けれど復縁するには熱量が足りない。そんなときに友達からの説得は、効果大なのです。

別れたあとで時間が経ってから再会して

Image2

40代で妻とは熟年離婚。独身に戻りましたが、離婚のあれこれでもう結婚はいいと懲りていました。

そんなとき、高校の同窓会で初恋の元カノと再会しました。人生で初めて付き合った女性だったので再会から始まる何かにすこしだけ期待をしていましたが、今の自分の姿を相手が見たときに幻滅されてしまうのではないかなどの不安もありました。

同窓会で再会した彼女はもちろん年は重ねていましたが、それは自分も同じこと。再会の第一印象はお互い「変わってない」でした。話せば話すほど、あの頃の感情が蘇りました。彼女も離婚して今は独りということが判明し、そのまま何度かふたりで会うようになり、付き合うことに。

高校時代は子ども同士だった私たちも50代になり、大人同士の恋愛を楽しんでいます。この年齢になっての恋愛もいいですね。(51歳/男性)

時間が経つにつれ、嫌な思い出ははるか彼方に消え失せ、残るのはきれいな思い出だけに。時間が経ってから再会すると「なぜ別れたのか?」すら忘れてしまい、お互い前向きな気持ちで復縁できることもあります。

■復縁のために効果的な方法は?

1.冷却期間を置く

Image4

とにかく原因があって別れを決断または受け入れた相手が冷静になる時間は必要です。その期間が1カ月なのか、数カ月なのか、数年なのかは人それぞれですが、まずは冷却期間を置いてから復縁をオファーしましょう。

2.リサーチをする

Image13

冷却期間を置きすぎてタイミングを見誤らないようにリサーチもしっかりしましょう。

「相手が自分のことをどう思っているか」
「ほかに好きな人がいるのか」
「今新しく付き合っている相手がいるのか」

この3つのポイントをしっかりリサーチすることが必要です。

3.タイミングを見極める

Image6

冷却期間も置いた。リサーチの結果、相手もどうやら自分に対してはまだ気持ちがあるらしい。新しい相手もおらず好きな人もいないらしい。

それがわかったら、復縁オファーのタイミングを見極めましょう。たとえば相手の仕事が忙しかったり、プライベートでご不幸があったりなどのタイミングは恋愛モードになりにくいもの。いきなり復縁オファーせずにLINEなどでやり取りしながら「食事でも」と誘い、対面で相手の感触をしっかり見極めることが重要です。

■復縁してうまくいくカップルの特徴

実際に復縁してもうまくいくかどうか、それが肝心ですよね。復縁してうまくいくカップルはどのような特徴を持っているのでしょうか。

特徴その1.別れの原因はどちらかの浮気ではない

Image7

裏切り行為である浮気が原因である場合は、仮に復縁してもうまくいく可能性が低くなります。「また裏切られるのではないか」「浮気されたらどうしよう」など浮気された側の猜疑心が強くなり、浮気した側が反省していたとしても心のどこかで許せない気持ちが態度に出てしまいがち。

浮気ではなく、生活スタイルの違いや仕事の忙しさなどがきっかけで別れたケースは、根本の問題さえきちんと解決されていれば、浮気に比べ復縁後もうまくいく可能性は高いといえるでしょう。

浮気ではなく忙しさが原因で別れた彼女との復縁談
お互い仕事が忙しくて中々会えずに別れてしまった彼女。会えなくても付き合っている安心感があるのとないのでは全然寂しさが違いました。彼女も同じ気持ちだったということがわかり復縁。今はお互い会えるペースで付き合いを続けています。(32歳/男性)

特徴その2.別れの原因を反省し改善した

Image1

何事も振り返りと改善が大切。なぜ別れてしまったのかの原因を反省改善したカップルは、復縁してからのほうがより良い関係を築ける可能性が高いです。

別れの原因を改善して復縁した体験談
彼女のことは嫌いになったわけではなかったんです。けれど、付き合いが長くなるにつれ、マンネリというか、会ってもあまり楽しそうじゃなかったし自分も同じように惰性で付き合っている感覚を感じていました。

けれど別れてもやっぱりお互い会いたいという気持ちは変わらず、ふたりで話し合い「会う時間を大切にして、会ったときはふたりの時間を楽しむ」ことを決めました。別れる前はなんとなく週に1回は会おうとルーティンにしていましたが、復縁してからは月に2回程度のペースになりました。お互い一緒にいる時間を集中して楽しんでいます。(29歳/男性)

特徴その3.相性が良い

Image12

体、コミュニケーション、価値観などとにかく相性が良い。そんな相手は見つかるようで見つからないもの。相性が抜群な相手との復縁は運命ともいえるのかもしれません。

相性の良さを再確認した復縁談
別れて他の人とセックスをしたら彼との体の相性が抜群だったことに気付きました。付き合っていたときは当たり前だと思っていた相性がこんなに違うなんて。私だけではなく、彼も同じように相性の良さを実感してくれていたので、復縁はスムーズでした。(28歳/女性)

特徴その4.冷静になれるくらい時間が経過した

Image10

時間は思い出を美しいものへと変えます。だから別れてからある程度時間が経過したカップルは、すぐに復縁したカップルよりもうまくいく可能性が高くなります。

時間が復縁を叶えてくれた体験談
彼と復縁したのは別れてから3年後。共通の友人の結婚式でした。久しぶりに再会した彼は付き合っていた時よりも大人の魅力が増して、仕事も順調そう。私も元彼に会うからと数か月前から外見には磨きをかけたので(笑)、お互い再会した瞬間にもう一度恋に落ちてしまいました。今は以前よりラブラブですよ。(31歳/女性)

特徴その5.恋人との世界だけ……にならない

Image8

恋愛はどちらかが相手のことばかりになってしまうと、うまくいくものもいかなくなります。甘えはしても依存しすぎない、エスコートしても束縛や支配をしないなど、互いが自立した関係を築けるカップルはうまくいくようです。

別れを経て自立した関係を築き直せた体験談
以前付き合っていたときの彼女は、連絡をマメにいれないとLINEでメッセージを連投したり、デート優先で自分のスケジュールを調整したりするようなタイプでした。正直その気持ちが重くて別れたんですが、再会した彼女は仕事やプライベートが充実した大人の女性になっていました。僕との時間を大切にしつつ、自分のための時間や友人との時間も大切にするバランスが心地よいと感じ、復縁してさらに結婚することになりました。(40歳/男性)

■復縁カップルは少なくない

Image3

筆者の周りにも復縁カップル何組かいます。復縁してうまくいったカップルは「腐れ縁かな」と冗談めかして言っていますが、腐らない縁だからこそ“腐れ縁”と呼ばれ、それこそが運命の関係なのかもしれない、そう感じます。

確率は決して高くない復縁。けれど0%ではない。復縁してからうまくいくカップルも少なからずいますので、忘れられない恋人がいる方は、新しい恋へチャレンジするよりも復縁を目指してがんばってみるのもいいかもしれません。

※復縁の可能性ってどれくらい!?「きっかけ」「復縁から結婚できる確率」「冷却期間」について徹底調査(ノマドマーケティング株式会社)

元記事で読む
の記事をもっとみる