1. トップ
  2. レシピ
  3. マンゴーってどうやって食べるの?意外と知らない果物のカット法

マンゴーってどうやって食べるの?意外と知らない果物のカット法

  • 2015.8.5
  • 589 views

「この果物って、どうやって食べるの?」という果物ありませんか? 特に夏に旬を迎えるマンゴーやパイナップルは、難易度が高い果物として位置づけられています。紫外線で必然的に身体が酸化する夏。優れた抗酸化力と豊富な栄養が含まれる果物は、女性にぜひ食べていただきたい食材です。包丁使いが苦手な方でも上手にカットできる方法をご紹介します。

■ポイントは切り分け方?美容効果の高いマンゴーをキレイに食べる方法

・マンゴーの美容効果

抗酸化作用に長けたビタミンA、ビタミンCの他、妊娠初期にとるとよいとされる葉酸や疲労回復の効果があるとされるビタミンB1、腸内のデトックスをしてくれる食物繊維などたくさんの美容効果があります。

・マンゴーのカット方法

中央の大きな種を挟むように、3つに切り分けていくことがマンゴーをキレイにカットする大きなポイントです。切り分けたら、皮つきのまま果肉部分を約1.5cmの間隔で縦と横それぞれに切り込みを入れていきます。この時、皮まで切り落としてしまわないように注意しましょう。皮と実の接着面にも刃先を入れぐるりとまわし、最後にマンゴーを手に持ち皮の中央部を押し上げるようにして反らせたら、レストランなどでよく提供されているマンゴーフラワーの完成です。

■葉付きのパイナップルでも大丈夫!家でできるパイナップルのカット方法

・パイナップルの栄養

コラーゲンの生成を助けてくれる働きのあるビタミンCの他、代謝UPの効果が期待されるビタミンB群やタンパク質分解酵素のプロメリンも含み、消化器官の障害を改善してくれる働きがあります。

・パイナップルの解体方法

葉をタオルでくるみ、片手で果実部分を持ちタオルをグルグルと回していくと比較的簡単に葉をとることができます。その後は縦に4等分にカットし(大きければ8等分にカットする)芯の部分を包丁で切りとります。皮と実の間に包丁を入れ押し付けるように滑らせていき、実の部分を食べやすい大きさにカットしたら完成です。

食べ方は習うより慣れ! 意外と簡単にできるので、ご自宅で楽しまれる際の参考にしてみてくださいね。

(生井理恵)

元記事を読む