1. トップ
  2. インテリア
  3. 未知なる板金のカタチを表現。清水久和(S&O DESIGN)を迎えた新プロジェクト|EETAL

未知なる板金のカタチを表現。清水久和(S&O DESIGN)を迎えた新プロジェクト|EETAL

  • 2021.12.14
  • 871 views

“新たな板金の可能性”を見出すべく、長崎県諫早市の日本べネックスとプロダクトデザイナー・清水久和氏が新プロジェクトをスタート。

EETAL|イータル

板金とは思えない有機的なフォルムが、ユーザーにひと時の安らぎを

独自で考案した3Dデザインプロセス「コンティニュアス・デザイン」を用いて、使いやすさと美しさを兼備したプロダクトを開発。その名を世界に轟かせるプロダクトデザイナー・清水久和(S&O DESIGN)。この度、長崎県諫早市の日本べネックスと協業し、「SUITE FURNITURE」をデザインした。

Text by WAKABAYASHI Satsuki

精密板金加工技術を軸にさまざまなモノづくりを行っている、長崎県諫早市の日本べネックス。この度、板金の可能性を追求するべく「EETAL」プロジェクトをローンチ。同じく諫早市出身のプロダクトデザイナー・清水久和氏を迎え、スツールとサイドテーブルからなる『SUITE FURNITURE(スイートファニチャー)』をリリースした。

Web Magazine OPENERS
Web Magazine OPENERS
Web Magazine OPENERS
Web Magazine OPENERS
Web Magazine OPENERS
Web Magazine OPENERS
Web Magazine OPENERS
Web Magazine OPENERS

「SUITE STOOL」は、まるで動物のような佇まい。なんとも愛おしいフォルムは、厚みわずか2mmのスチール板2枚のみで構成。カラーバリエーションも豊富であり、さまざまな空間で活用されるに違いない。「SUITE TABLE」は、かわいらしさとクールさを合わせ持った、新感覚の造形が特徴。ベッド横のサイドテーブル、ソファでのPC作業、ディスプレイスタンド...こちらもさまざまなシーンでの使用が想起できる。

Web Magazine OPENERS
Web Magazine OPENERS
Web Magazine OPENERS
Web Magazine OPENERS
Web Magazine OPENERS
Web Magazine OPENERS
Web Magazine OPENERS
Web Magazine OPENERS

無機的な素材が、有機的かつ幅広い年齢層から親しまれるプロダクトに変換された様子を前に、清水氏のデザイン力とメーカーの技術力にただただ脱帽。現在、21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー3にて開催中の「REMOTE WORKS @ 21_21 01: 清水久和(S&O DESIGN)」にて販売中。会場で実物に触れてみてはいかがだろうか。

SUITE STOOL
カラー|ブラック、グリーン、レモンイエロー、クリームホワイト
外形寸法|W375×D310×H360mm
重量|約3.6kg
耐荷重|100kg
販売価格|2万9,800円

SUITE TABLE
カラー|グレー、クリームホワイト
外形寸法|W370×D438×H600mm
重量|約10.5kg
耐荷重|5kg
販売価格|4万9,800円

日本べネックス
https://www.japan-benex.co.jp/
inquiry@japan-benex.co.jp

元記事で読む
の記事をもっとみる