1. トップ
  2. ヘア
  3. 「暗髪」でも大丈夫!!ダークトーンカラーを”こなれ髪”に見せるコツ♡

「暗髪」でも大丈夫!!ダークトーンカラーを”こなれ髪”に見せるコツ♡

  • 2015.8.4
  • 6796 views

『暗髪』の女の子って可愛いですよね♡しかし一歩間違えれば、ダサい髪型になってしまうリスクも。就職活動まっただ中の学生さん達の中にも、黒染めはしたくない...って方多いのではないでしょうか?今回は、渡辺一正さん監修の下、ダークトーンでも重たく・やぼったく見せないコツをまとめてみました☆

コツ①:顔周りに”レイヤー”を入れて軽く見せる☆

重要なのは、”重たく見せない”こと☆

暗いトーンの髪色にすると、

前髪から耳横の毛の重たさが引き立ってしまいがち。

髪をダークトーンにする時には、

前髪からネープにかけての髪にレイヤーを入れて

抜けをつくってあげましょう!

前髪もシースルーバングにして、

”透け感”を意識して作り出します。

顔周りに少し段をつけるだけで、

暗めの髪の毛でも、ぱっと明るい印象になりますよ^^

コツ②:ブラックではなく、アッシュやグレーを選ぶ☆

単色ブラックカラーにしてしまうと、

柔らかさが無くなり、毛質が固く見えてしまいます。

柔らかさを残したいけど、

5〜6トーンの髪色を狙いたいなら、

アッシュ系を選びましょう☆

普通、落ち着いたブラウン系を選びがちですが、

時間が経つとすこしずつ赤みが出てきます。

アッシュカラーで赤みを打ち消して、

そこにブラックやグレーを入れることで、

暗いけど、柔らかく透き通ったカラーになりますよ☆

おすすめは”ヴェールカラー”

より上品な透明感やツヤ感を手に入れることが出来、

暗髪だけど”こなれ感”が出るヘアスタイルになりますよ♡

コツ③:オンの時は髪の毛をまとめると”黒髪”っぽく☆

オンの時は、ひとつに結んでしまえば、

”透け”は目立たなくなり、黒髪っぽい仕上がりになります☆

ブリーチした髪の毛に、単色ブラックを入れると、

次に明るめカラーが入りにくくなったりしますが、

”黒髪”風のカラーをつくることは出来るんです☆

オンの時に、一つに髪をまとめても仕事が終われば、

こめかみをこすってレイヤーを入れてある毛を下ろして、

後れ毛をつくるだけで、一気に可愛いアレンジが簡単に出来上がります☆

ダークトーンでも”抜け感”のある軽やかなヘアスタイルが叶いますよ!

最後に

秋になると、ダークトーンにする人も増えてきますよね。

”こなれ感”を出したい時は、

このコツを参考にしてスタイルを作ってみてください^^

この記事を監修した美容師さん

AnZie 渡辺一正

AnZie スタイリスト

可愛いだけ、キレイなだけじゃ物足りない♪なりたい自分を叶えてくれる♪毎日のヘアースタイルを素敵に♪

予約はコチラ→http://beauty.hotpepper.jp/slnH000087552/stylist/T000078879

/insta→https://instagram.com/kazuanzie/

元記事を読む