1. トップ
  2. スキンケア
  3. もう腐らせない!みかんを美味しく長持ちさせる保存テクニック

もう腐らせない!みかんを美味しく長持ちさせる保存テクニック

  • 2021.12.13
  • 1800 views

みかんが美味しい季節♪大袋や箱買いしたいけれど、どうやって保存しよう……というのが悩みですよね。そこで今回は、みかんを美味しく長持ちさせる保存方法や保存期間をご紹介します。

みかんは傷むのが早い?正しく保存すれば長持ちするんです♪

美味しいだけでなく、健康や美容にもいい「みかん」をたくさん買いたい!だけど、カビたり、しなしなになったり。みかんって傷むのが早いな~と感じませんか?実は適切に保存すると、2~3週間鮮度を保つことができるんですよ。

それではさっそく、みかんが長持ちする保存方法を見ていきましょう!

寒い時期は暖房の効いていない部屋で保存

みかんは5~10℃で保存するのがベスト。玄関や廊下など10℃以下の部屋があれば、常温保存でOKです。約3週間ほど保存できますよ。

保存方法

1.通気性のよい入れ物にキッチンペーパーを敷き、みかんのヘタを下にして並べる。ヘタを下にすると、乾燥によるパサつきを防げますよ。

2.その上にキッチンペーパーを敷いて、みかんを重ねる。

3.乾燥しないように、一番上にもキッチンペーパーをかぶせる

10℃以下の部屋がない場合&冬以外は野菜室で保存

昨今は全館暖房が増えましたね。また住宅性能もあがり、冬でも10℃以下の部屋が無い!なんてご家庭も多いもの。その場合は冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。野菜室は5~7℃に保たれているので、約2週間美味しく保存できます。

乾燥しやすい野菜室では、つぎのように保存するとGood!ちょっとした手間で、みずみずしく保てますよ♪

野菜室での保存方法

1.みかんをキッチンペーパーで1つずつ包む

2.数個まとめてヘタが下になるようにポリ袋に入れ、軽く口を閉じる。きつく結ぶとみかんが呼吸できなくなるので、ゆるくね!
 

3野菜室に入れる。野菜室に入れるときも、ヘタが下になるように置いてください。

みかんを箱買いしたい!長持ちする保存方法


みかん箱に入れたまま涼しい場所で保存すると、約3週間保存できますよ。ちなみに下にあるものから早く傷んでくるので、下にあるものから先に食べるようにしましょう。

保存方法

1.みかんを一旦箱から出し、カビているものや傷んでいるものがないかをチェック!もし傷んでいるみかんがあったら、ほかのみかんにも傷みが移ってしまうので取り除きます。面倒に感じますが、この作業をやるのとやらないのでは大違いですよ。


2.箱の底面にくしゃくしゃに丸めた新聞紙を敷き、はじめ上にあったみかんから順に並べる。このときも、乾燥を防ぐためにヘタが下になるように並べてくださいね。

3.新聞紙を被せ、みかんを並べる。新聞紙が湿気を吸い取って、カビが生えにくくなります。あまり重ねるとみかんが潰れるので、2~3段を目安にね!

湿気がこもらないように、箱のフタは開けたままにしましょう。保存する場所は風通しの良いベランダ。なければ、冷暗所で保存しましょう。

乾燥・湿気・温度に注意して、みかんを新鮮に保とう!

みかんの正しい保存方法をご紹介しました。これを知れば躊躇することなく箱買いできますし、親戚から大量に送られてきた!なんてときも慌てずに済みますね。ぜひ参考にして、この冬家族で思う存分みかんを堪能しましょう。


元記事で読む
の記事をもっとみる