1. トップ
  2. 恋愛
  3. 「年上男子」と「年下男子」、女子が好きになる理由はこんなに違っていた!

「年上男子」と「年下男子」、女子が好きになる理由はこんなに違っていた!

  • 2015.8.4
  • 1619 views

「好きになってしまえば相手の歳なんて関係ない!」なんてよく言いますが、実際はどうなの?

好きな男性のタイプを尋ねられると、ほとんどの人が「年上じゃなきゃダメ!」とか「やっぱり年下はいい~」といった年齢の話になりますよね。やはりパートナーを選ぶときに年齢は大きなポイントになることに間違いはないようです。

株式会社ウエディングパークが20代~30代の女性109人を対象に行ったアンケートから、「年上男子」と「年下男子」どちらが人気なのか、つきあうとどんなメリットやデメリットがあるか、をみんなの実体験をもとに徹底比較してみました!

まずは、年上男子と年下男子、どちらが人気なのかを見てみましょう!

■年上男子と年下男子、どちらが好みですか?

・年上35.8%

・どちらかと言えば年上 44.0%

・どちらかと言えば年下 19.3%

・年下0.9%

なんと、「どちらかといえば年上」という回答を含めると、79.8%の人が「年上派」だということがわかりました!

では、なぜ年上が人気なのでしょう? 実際の声を聞いてみました。

 

★年上男子のココが好き!>>

(1)頼れる

「年上はやはり頼りになると思うし、結婚したら頼れる方が楽! 自分のパートナーが年上ではないので、頼りなく、私が頼られている…」(30代前半)

「私自身が面倒見がよくないタイプなので、相手は、しっかりした大人の方が一緒にいやすい」(30代後半)

「同い年の男友達を見ていると、頼りない。年上=頼りがいがあるとは言い切れないが、社会人経験が長い分、頼れる人が多い気がする」(20代後半)

女性はやっぱりリードして欲しいと願う人が多数。特に結婚を意識しだすと頼りにならない男性は論外。いざと言うときに助けてくれるという安心感があって欲しいものなのですね。

 

(2)甘えられる

「職場ではしっかり者を演じているので、彼の前だけでは素の自分でいたい! とことん甘えたい!」(30代後半)

「甘えられそう! 私には弟がいるので、年下だと弟のように見えてしまう」(30代前半)

女性は化粧をして自分を作り上げて外に出ている生き物。でも本当は素の自分をさらけ出したいものなのです。彼の前ではありのままの自分を見せたいし、とことん甘えたいもの。それが叶うのはやっぱり年上かな。でも時には男性にも甘えて欲しい……のがホンネですね。

 

(3)人生経験が豊富

「自分より経験豊富で、キャパが大きい人が多いと感じるため。年下にはどうしてもお姉さん気質になって、疲れてしまう」(30代後半)

「自分が知らない世界を知っているというだけでカッコよく見えてしまう。酸いも甘いも知っている人だからこそ尊敬できると思う」(30代前半)

いろんな経験をして、成功も挫折も体験している人こそ、強くたくましい大人の男性。若いころは遊んでいても、大きな失敗をしていても問題なし! 大切なのは今どんな生き方をしているかなのです。過去の経験を活かしている人ほど尊敬できますよね。

★年上の彼VS年下の彼「年の差恋愛」実際どうなの?(前編)

ちなみに年上男性とつきあったときのデメリットを聞いてみると、「体力がなくてすぐ疲れてしまう」(30代後半)「見た目がおっさん」(30代前半)「つきあい始めたばかりでも、雰囲気が落ち着きすぎていて長年の夫婦みたい」(20代後半)「会社でそれなりのポジションになっているので仕事が忙しすぎる」(30代後半)といった声が聞かれました。落ち着きがあり、大人の男性であることが魅力の一方、そのおかげで楽しさに欠けるという人も多いようです。

 

では今回は少数派でしたが年下男子の魅力も見てみましょう!

★年下男子のココが好き!>>

(1)尽くしてくれる!

「年上の男性の上から目線が少し嫌。どうせなら、年下男性に対してフレンドリーな関係を築きたい」(30代前半)

「年上の男性が自分よりできないことがあると残念な気持ちになるが、年下の男性が同じことをできない場合には、「いいよ、いいよ。」と許容できるので一緒にいてもイライラしにくい」(30代前半)

年下男子はいい具合に気をつかってくれて尽くしてくれるという人が多いよう。ひとりよがりで物事を進めるのではなく、きちんと女性側の意見を取り入れてくれるのも魅力のよう。

 

(2)なんでも一生懸命

「今までは年上派だったけど、今の年下の彼と出会って変わった。年下なのにいろいろ頑張ってくれるとかわいいと思う」(30代前半)

「何をするときも私の意見を聞いてくれて、私を喜ばせようと一生懸命に努力してくれる」(20代後半)

若くて自分より経験が浅い分、一生懸命に取り組もうという姿勢が強い。そのため自分に対しても全力で愛してくれるというメリットも!!

 

(3)見た目が若くていい!

「外見だけだと、若々しいほうが魅力的」(30代後半)

「若い男性と一緒にいると、自分も若くしなくちゃ、という意識になるので」(30代前半)

いっしょにいる時間が増えるのだから目の保養にならなくちゃ!と思っている女性は案外多いもの。若さにはやっぱりかなわないようです。

一方、年下男子のデメリットは、「頼りがいがない」(20代後半)「常に自分がリードしていなければいけない気がする」(30代前半)「若さゆえに落ち着きがない」(30代後半)「まだ結婚は先だと思っていて、意識してくれない」(30代前半)などがあがりました。

どちらとつきあっても一長一短。こればかりは完全にその人の好みになりますが、最近の女性はどちらかといえば安定志向なのかな!? 自分をすべて受け止めてくれるような安心感のある男性に魅かれているようです。たしかに以前は年下くんの「若さ」と「パワフルさ」に魅かれていた私も、最近はめっきり「大人の男性」がタイプ。自分の年齢が上がったせいもありますが、疲れている私を包み込んでくれるような包容力のある男性を求めてしまいます(笑)。(いしかわちえ)

情報提供元:ウエディングパーク
★10~20代男性が30代女性に怯えてしまう瞬間ランキング

 

元記事を読む