1. トップ
  2. ファッション
  3. ふだん着でも楽しみたい♪ モダンなデザインのプチプラ着物ショップ

ふだん着でも楽しみたい♪ モダンなデザインのプチプラ着物ショップ

  • 2015.8.3
  • 4384 views

「大人かわいい」をコンセプトに、着物女子の心をくすぐるレトロモダンな着物をインターネット販売で展開する「KIMONO MODERN(キモノモダン)」。アメリカ発のブランドで、福岡市中央区今川に実店舗があります。

手にとって試着しながら選べる

シンプルからモダン、レトロ、ビンテージ系まで洗練されたデザインの着物が人気の「キモノモダン」。ネットショップでの販売が中心ですが、今回は福岡市にある実店舗を訪ねました。地下鉄空港線唐人町駅から西新方面へ歩いて10分ほど、鳥飼八幡宮の裏手の閑静な住宅街にあります。金・土曜のみのオープンですが、ここにしかない一点ものの着物や帯、小物などのセレクトアイテムも扱っています。

アメリカから海を越えて日本へ

着物といえば日本を代表する文化のひとつですが、このブランドが生まれたのは、アメリカのカリフォルニアでした。

代表でデザイナーのゆきさんの母は、日本舞踊の先生。日本の文化に囲まれて育つうちに海外への憧れが募り、渡米しました。ようやく生活に慣れてきたころ、空いている時間を利用して「何かしたい」と思いはじめます。また、アメリカで和食や漢字など日本のものにふれ、改めて日本文化のよさを感じるようになったのだとか。そこで、日本で和裁教室に通っていた経験を生かし、着物をつくってみることにしました。

アメリカにはもちろん、反物はありません。現地のアウトレットで何とか和柄風の生地を探し出し、着物や帯をつくってブログで紹介しました。徐々に反響が大きくなり、着物の販売をはじめます。そして、約10年間のアメリカ生活を経て日本に帰国することになり、2010年に地元の福岡でネットショップをスタートし、2013年に実店舗をオープンしました。

ワンピースのように気軽に楽しんで

気軽に着物を着てほしいという思いから「キモノモダン」では、ふだん着用がメイン。木綿や麻のほか、着物にはめずらしいデニム素材のものもあります。ビンテージジーンズのような肌ざわりで、着るほどに肌になじみます。木綿やポリエステルの着物は正絹(シルク)とちがって洗濯機で洗うことができ、手入れも簡単です。

過去にはてぬぐいブランドの「にじゆら」、テキスタイルブランドの「makumo」などコラボレーションしたこともあり、デザイン性の高いテキスタイルは人気があります。2015年は、福岡県八女市の切り絵ギャラリー「くろくも舎」の切り絵作品をプリントした浴衣が登場。着物下着をつければ、着物としても楽しめます。

小物使いで装いにアクセントを

着物だけではなく帯や帯留めなどの小物も、種類やカラーバリエーションが豊富です。ウサギやネコなど動物モチーフの帯留めはユニークで、存在感があります。同じ着物でも小物を変えるだけでガラッと印象が変わるので、その日の気分やコーディネートにあわせて選ぶのも楽しいですね。

着物初心者でも気軽に楽しめます

着物は高級で高価というイメージがありませんか? 「キモノモダン」の着物は手ごろな価格も魅力です。すぐに着られる既製品の着物は一枚2万円台から、反物からのオーダーは3万円台から買うことができます。

さらにネットショップでは、独自の「待ち子割」というサービスがあります。月末の一定期間に特定の商品の予約を受け付け、まとめて制作するため定価より安く購入できることも。商品が届くまで一か月以上待ちますが、時間に余裕がある人は月末にネットショップをのぞいてみるのもいいかもしれませんね。

ほかにも、ゆきさんがセレクトした着物や帯、帯留めなどのアイテムがセットになった「コーデセット」も。組み合わせに悩んだときや着物初心者におすすめです。

着物に興味はあるものの、ふだん着にするのはちょっぴり勇気がいるという人は、これからの季節、まずは浴衣からはじめてみるのもいいですね。夏祭りや花火大会だけでなく、ランチやショッピング、デートのときに浴衣や着物で出かけてみませんか?

元記事を読む