1. トップ
  2. 恋愛
  3. 米CWが『若草物語』をドラマシリーズ化! かなりオリジナルとは異なるストーリー設定に

米CWが『若草物語』をドラマシリーズ化! かなりオリジナルとは異なるストーリー設定に

  • 2015.8.3
  • 1870 views

1868年にルイザ・メイ・オルコットによって書かれた自伝的小説「若草物語」を、米CWがドラマシリーズ化することが明らかとなった。米E!Onlineが報じている。

undefined

【関連記事】『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』マイケル・ウェザリー&ショーン・マーレイのCBSジャンケット・インタビュー!

「若草物語」は、19世紀後半のアメリカを舞台に、戦地に赴いた父が不在のマーチ家で、母と暮らす四姉妹の結婚や妊娠、彼女たちが夢に生きる毎日を描く名作。今までに、本作は計3回映画化されているが、1994年に公開されたウィノナ・ライダー(『ブラック・スワン』)とクレア・デインズ(『HOMELAND』)、キルステン・ダンスト(『スパイダーマン』シリーズ)ら人気女優が集結したバージョンがよく知られている。

ドラマシリーズは、小説とはかなり異なるストーリー設定になる模様で、脚本を担当するアレクシス・ジョリーによると、「半分しか血がつながっていない姉妹、ジョー、メグ、ベスとエイミーが、フィラデルフィアの架空の町で、彼らが想像もできなかったような陰謀を暴くために結束する」という展開になるとのこと。今のところ、時代設定などの詳細は明らかになっていないが、おそらく舞台は現代に置き換えられるようだ。

しかも、シリーズの製作総指揮を務めるのは、『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』で、アンソニー・"トニー"・ディノッゾ役を演じてお馴染みのマイケル・ウェザリー。人気犯罪捜査ドラマでタフな特別捜査官を演じる彼が、四姉妹が巻き込まれるミステリードラマを、どのように仕上げるのか期待したい。(海外ドラマNAVI)

Photo:マイケル・ウェザリー
(C)Ima Kuroda/www.HollywoodNewsWire.net

元記事を読む