1. トップ
  2. スキン・ボディケア
  3. プロ直伝!ファンデーションを崩さないコツは塗る「タイミング」

プロ直伝!ファンデーションを崩さないコツは塗る「タイミング」

  • 2015.8.2
  • 532 views

夏場は汗をたくさんかくので、ファンデーションが崩れやすくなりますよね。崩れないファンデーション作りにはファンデーションを塗る「タイミング」がポイントです。今回も雑誌、広告、映像など幅広いジャンルで活躍されている長井かおりさんに、そのタイミングについて教えて頂きました!

■間違ってない?ファンデーションを塗るタイミング

化粧水や美容液、乳液、クリームを塗った後、ファンデーションをすぐにつけるのはNG。ファンデーションが肌に入りこめず、ヨレたり崩れの原因になります。

では、どんなタイミングでファンデーションをつけるとよいのか? それは、ファンデーションを塗る前の「ペトペトチェック」で確認することができるんです。

●ペトペトチェックのやり方

(1)基礎化粧が終わった後に手の甲を使います。

(2)手を肌に当てた時に肌がペトペトもちもちになったら、ファンデーションを塗ってOKのサインです。

塗ってすぐの場合はベトベト、ぬるぬると感じます。その場合はもう少し時間を置きましょう。逆に肌への潤いが少なく肌がサラサラしすぎる時は、肌に水分をもう少し与えてからファンデーションを塗りましょう。

化粧水、美容液、乳液、クリームをした後は、ファンデーションをつけるまでの間は家の用事や、出かける支度をしていると、ちょうどペトペトもちもちの肌が出来ているはずですよ!

崩れにくい肌作りのポイントは、肌の状態が「ペトペト」です。きちんと肌の土台を作ってあげるには、塗り方だけでなくタイミングも重要なことを、お忘れなく!

(菅野広恵)

【取材協力】

ヘアーメイクアーティスト/長井かおり(ながいかおり)

元記事を読む