1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. おいしさそのまま、超ヘルシー化 広島のお好み焼き店が糖質80%オフに成功

おいしさそのまま、超ヘルシー化 広島のお好み焼き店が糖質80%オフに成功

  • 2021.12.7
  • 1576 views

[みみよりライブ5up - 広島ホームテレビ] 2021年11月25日放送分では、糖質を約8割カットしたお好み焼きを取り上げていました。

お好み焼きといえば材料の小麦粉やソースなど糖質が多く含まれていますが、お好み焼き・鉄板焼きの「徳川」(運営会社:今井観光、本社:広島市)では、なんとお好み焼きの糖質約80%減を実現したそうです。

「徳川」のウェブサイトより

糖質オフのお好み焼きについて、徳川総本店の小畠宏樹店長は「大豆を主原料とした特製の生地となっています」と話します。

店長自ら10種類以上試して出来上がった企業秘密の生地だそうです。

麺に使うのは糖質ゼロのこんにゃく麺。さらに、炒める時に使うラードの代わりにオリーブオイルを使用。

従来の美味しさを損なわないよう試行錯誤の末に完成した糖質オフのお好み焼きです。

ソースも糖質70%オフの特製お好みソースのほか、バジル、特製ダシなど3種類から選べます。

糖質オフの特製ソースで試食した廣瀬隼也アナウンサーは

「フワッとしていて麺も歯ごたえある。おいしさそのままです。言われなかったら気付かないかも。満足感も十分ですね」

と言っていました。

販売開始後、糖質が気になる方からの反響も大きいそうです。

従来のお好み焼きと、食べ比べしてみたいです。

(ライター:momiji)

元記事で読む
の記事をもっとみる