1. トップ
  2. 恋愛
  3. 12星座別!【2021年12月の運勢】「運気に後押しされる」のは誰?

12星座別!【2021年12月の運勢】「運気に後押しされる」のは誰?

  • 2021.12.5
  • 22083 views

ついに2021年を締めくくる師走の時期がやってきました。クリスマスをどう過ごすのか、好きな人とふたりきりのデートはできるのか…? 気になる12月の運勢を星座別に詳しく見ていきましょう!

おひつじ座(3月21日~4月19日生まれ)

自信が高まる月です。友人や先輩の褒め言葉は素直に受け止めて、「私は魅力的」と堂々とするだけでチャンスは向こうからやって来るはず。

おうし座(4月20日~5月20日生まれ)

白黒つけたいことがあるなら14日までに。好きな人への告白やクリスマスデートの約束は、理想的な展開に落ち着くはず。

ふたご座(5月21日~6月21日生まれ)

今月は恋のピークがふたつあって、ひとつ目は4日前後。始まったばかりの関係であっても、紆余曲折を経た恋愛だとしても、先へ進むための判断を下すことになるようです。そして、ふたつ目のピークは19日。先の見通しが見えてきて、「自分がやるべきこと」が明確になるでしょう。

かに座(6月22日~7月22日生まれ)

情熱的な運気に包まれる師走です。関係が濃厚になり、進展するはずなので、好きな人がいるなら積極的に。フリーの人はインパクトのある人と出会いやすく、出会ったその日に付き合う可能性も。

しし座(7月23日~8月22日生まれ)

今月は4日以降に新展開がありそう。フリーの人はいつの間にか恋が始まっていたり、好きな人がいたのに別の人が気になったりするかもしれません。

おとめ座(8月23日~9月22日生まれ)

濃密な恋を楽しめる月です。運気的に仕事が大事な時期を迎えますが、恋愛もアクティブなムードが高まって後回しにできないでしょう。

てんびん座(9月23日~10月23日生まれ)

「ここまで話したからいいだろう。伝わっているはず」と思わないで、とことん話すことが大切です。語り合った時間の長さが相手との心のつながりを深めるでしょう。

さそり座(10月24日~11月21日生まれ)

月半ばまでは気合も情熱も高まるので、クリスマスデートの約束は14日までに取り付けるといいでしょう。フリーの人は友人が紹介してくれる人や、友だちの友だちに注目すると新しい恋が始まりそうです。

いて座(11月22日~12月21日生まれ)

今月は大切な決断を下すことになりそうです。「急進展」や「電撃的な展開」があるかもしれませんが、必要に迫られて決めるのではなく、自ら納得して決めることになるでしょう。しっかり判断するだけの根拠と要素は、すでに手の中にあるようです。

やぎ座(12月22日~1月19日生まれ)

テンション高く恋を楽しめる月です。自分が主役になれる場面が多く、人気運も高まるので月半ばをすぎるとドラマチックな展開が期待できるでしょう。

みずがめ座(1月20日~2月18日生まれ)

仕事が忙しくなるかもしれませんが、恋愛は楽しいムードに包まれる月です。
ターニングポイントは19日。曖昧だったことに決着がつくとか、停滞感から抜け出してスッキリするなどひと区切りつくでしょう。

うお座(2月19日~3月20日生まれ)

大きな運気の変わり目が近づいています。年末には一皮むけるような場面があるので、いつでも飛び立てるように身軽になっておきましょう。

沙木貴咲
占い師/ライター。西洋占星術・数秘術・タロットカードを使いながらも、スピリチュアルに依らない現実的な解釈が特徴的。占い歴は16年、メール鑑定歴は7年(2021年現在)。結婚・出産・離婚・独立を経て、豊富すぎる人生経験を活かしながら占いや恋愛の記事を執筆中。

©Vasyl Dolmatov/gettyimages
©Vasyl Dolmatov/gettyimages

文・沙木貴咲

元記事で読む