1. トップ
  2. 松井玲奈らが明かす撮影を通じて自分自身に起こった“大切な人への表現の変化”

松井玲奈らが明かす撮影を通じて自分自身に起こった“大切な人への表現の変化”

  • 2021.12.4
  • 97 views

映画「幕が下りたら会いましょう」(公開中)の公開記念舞台あいさつが12月4日に都内の劇場で行われ、出演者の松井玲奈、日高七海、江野沢愛美と前田聖来監督が登壇した。

【写真を見る】映画単独初主演を果たした松井玲奈

同作品は、映画単独初主演となる松井と本作が初の商業映画となる新鋭監督の前田によるヒューマンドラマで、どこか歪んだ今の時代に不器用にも真っすぐに生きる女性を描いたもの。松井は劇作家の卵の麻奈美、日高は劇団仲間の早苗、江野沢は麻奈美の妹・尚(筧美和子)の同僚のほのかをそれぞれ演じる。

舞台あいさつでは、撮影を通じて自分自身に起こった“大切な人への表現の変化”について語る一幕も。

松井は「私はすごく心配性なたちで、大切な人たちに対して『大丈夫かな?』って、手厚く何かをしようとしてしまう気があったんですけど、尚を抱きしめるシーンを撮影した時に“一歩そっと身を引いて見守る”“言葉を掛けずに抱きしめる”っていうことだけでも、すごく思いが伝わることがあるんだなっていうのをすごく感じて! 言葉じゃなく触れ合うことで伝わるものってこんなにあるんだなと思いました」とコメント。

一方、日高は「私は、妹と二人で住んでいたんですけど、最近妹が一人暮らしを始めちゃって…。それで、すごく(妹に)電話をするようになりました(苦笑)」と明かした。

また、江野沢は「この作品を撮っている時がちょうどコロナ禍で『大変だったな』っていう気持ちもあるんですけど、こうして今、舞台あいさつをさせてもらって、1年前はこうやって実際に直接(観客と)お会いする機会って全くなかったので、この作品のこの舞台あいさつを通して、『(観客と直接会える機会というのは)結構貴重だな』ってより実感しています」とにっこり。

ほか、前田監督は「この作品を通して、大切な人だったり、本当は大切だけどちょっと今は『大切』って言えないような人に対して、一言でも素直な気持ちが伝えられるような機会になればいいんじゃないかなというふうに思っています」と告白した。

◆取材・文=原田健

元記事で読む
の記事をもっとみる