1. トップ
  2. 闇と光に翻ろうされた第8話、吉高由里子“梨央”と松下洸平“大輝”が見据える「先のこと」はあるのか<最愛>

闇と光に翻ろうされた第8話、吉高由里子“梨央”と松下洸平“大輝”が見据える「先のこと」はあるのか<最愛>

  • 2021.12.4
  • 65 views

吉高由里子主演のドラマ「最愛」(毎週金曜夜10:00-10:54、TBS系)の第8話が12月3日に放送された。ラストで事件にとって重要と思われる証拠品の持ち主から疑惑が浮上。クライマックスに向けて物語の核心に迫る展開が動き始めた。(以下、ネタバレがあります)

【写真を見る】梨央(吉高由里子)に優しいまなざしを向ける加瀬(井浦新)

事件の鍵を握るペンの持ち主とは…

同作は、殺人事件の重要参考人となった実業家・梨央(吉高)と、梨央の初恋の相手であり事件の真相を追う刑事・大輝(松下洸平)、あらゆる手段で梨央を守ろうとする弁護士・加瀬(井浦新)の3人を中心に展開するサスペンスラブストーリー。

梨央が社長を務める真田ウェルネスの専務で、寄付金詐欺の不正を行っていた後藤(及川光博)を巡るストーリーを中心に繰り広げられた第8話。梨央の母で、真田ホールディングスを率いる梓(薬師丸ひろ子)は、不正に対して自身の関与を明らかにせず、そこには闇が広がっていた。

この後藤や梓をはじめとして第8話は、今一度、登場人物の闇に焦点が次々と当てられていったような気がする。そのなかには、警視庁捜査第一係長・山尾(津田健次郎)も含まれ、部下を使い捨てにしてきたという過去が明かされた。これまで捜査に対する鋭さの一方で、かわいい一面も話題になっていただけに、視聴者からは「山尾にも闇があるのか」と驚きの声が上がった。

また、梨央の弟・優(高橋文哉)については、「昨日、また記憶飛んでまった」という場面があった。興奮すると記憶の一部を失ってしまう病を抱える優が、このとき失った闇があるのか。

そしてラストで明かされたのが、昭(酒向芳)の遺体発見現場にあったペンが世界で5本しかないものだったこと。それを持っているのは、梓、梨央の兄・政信(奥野瑛太)、後藤、梨央、そして加瀬。梨央のもの以外の所在は不明だ。

ここで浮上した加瀬に対する疑惑に、「加瀬さんだけには闇がありませんように」「加瀬さん闇オチだけはだめ」といった声がSNSに投稿された。ただ、第5話で遺体発見現場を調べる姿があったため、加瀬の直接の関与はないのかもしれないと考察もできる。

梨央を思う、大輝、加瀬それぞれの姿がキュンとさせる

そんな闇を際立たせたのが、梨央と大輝、梨央と加瀬、それぞれのシーンだった。

実家から届いたどぶろくを梨央に持っていった大輝は、その帰り道、「先のことを考えたい相手は他にはおらんで」と告げた。ようやく手をつないだ二人の姿は、夜の場面ではあったが希望の光が見えたようで、幸せになってほしいと願わずにいられない場面だった。

一方、梨央と共に後藤が潜伏していた別荘に出向いた加瀬。次々と悪いことが起きて落ち込む梨央に、加瀬は優しい言葉をかける。「家族だと思ってる」。梨央の15年の頑張りを認め、見守ってきた加瀬の深い愛を感じる温かさがあった。それだけに、ラストの疑惑が衝撃だった。

残り2話となり、核心に迫っているようで、まだ謎に満ちていて、考察する面白さが増している。本作のメインビジュアルに書かれているキャッチコピーは、「真相は、愛で消える。」「全ては、愛するがゆえに。」だ。登場人物たちそれぞれの愛がたどりつく先は、いったいどこなのだろうか。まずは、12月6日(月)深夜に予定されている、1~8話のダイジェスト放送(※一部地域を除く)で復習しながら、次回を待ちたい。

第9話は12月10日(金)に放送される。大輝は訪ねてきた富山県警の藤井(岡山天音)が帰り際に何か言いかけてやめたことにひっかかった。一方、政信が社長を務める真田ビジネスサービスの30周年記念パーティーの翌日、真田ウェルネスの寄付金詐欺疑惑と、しおり(田中みな実)の不審死に関する週刊誌のスクープ記事が出る。

(文=ザテレビジョンドラマ部)

元記事で読む
の記事をもっとみる