1. トップ
  2. おでかけ
  3. 【目的別】2022年最初の旅はどこへ行く?おすすめの国内旅行先10選

【目的別】2022年最初の旅はどこへ行く?おすすめの国内旅行先10選

  • 2021.12.4
  • 1072 views

そろそろ2021年も終わります。2022年最初の旅行先は決まりましたか?今回は、この時期ならではの魅力的な絶景を見られるおすすめの国内旅行先をご紹介します。ぜひ参考にして、年明け最初の旅行の計画を立ててみてください!(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

1. 冬ならではの絶景を楽しむ / 山形県

冬といったら、あたり一面に広がる雪景色。この時期ならではの絶景を楽しみたい人におすすめなのが、最初にご紹介する「山形県」です。冬は寒さがとっても厳しい雪国の山形県ですが、その分、圧巻の絶景を見ることができますよ。

おすすめスポット1:蔵王の樹氷

山形県のおすすめスポット1つ目は、「蔵王の樹氷」です。樹氷とは、樹木が氷雪に覆われている状態のことを言います。冬には蔵王の山にこの樹氷が現れ、圧倒的な自然の力を体感できますよ。2021年12月25日(土)〜2022年2月28日(月)のうち45日間にはライトアップも行われます。

おすすめスポット2:銀山温泉

山形県のおすすめスポット2つ目は、「銀山温泉」です。タイムスリップしたかのような大正ロマンの雰囲気が魅力的な、人気の温泉街です。レトロな街並みに白く降り積もる雪がなんとも幻想的です。ゆっくりと温泉に癒されながら絶景を楽しんでみてください。

詳細情報

蔵王の樹氷

銀山温泉

2. 南国気分を味わう / 沖縄県

厳しい寒さが続く冬。たまには寒さから抜け出して南国気分を味わいたいですよね。そんな人におすすめの国内旅行先は、次にご紹介する「沖縄県」です。沖縄県は、1月でも気温が10度を下回ることはほぼなく、平均気温17度前後と過ごしやすい日が続きます。

おすすめスポット:浜辺の茶屋

沖縄県のおすすめのスポットは、「バンタカフェ」です。こちらは、目の前に海が広がる絶景カフェです。目の前が海になっているテラス席や、のんびりできるソファ席がありますよ。マンゴーやハイビスカスなど、南国リゾート感あふれる食材を使用したメニューがそろっています。

詳細情報

星野リゾート バンタカフェ

3. 風情ある冬の古都を満喫 / 京都府

雪が降る冬は、冬化粧をした風情あふれる古都の景色も見逃せません。続いてご紹介する国内旅行先は、「京都府」です。日本の代表的な観光地である京都府は、年間を通して四季折々の絶景を楽しめます。寒い冬にも、他の季節とは違った景色を見ることができますよ。

おすすめスポット1:鹿苑寺 金閣寺

京都府のおすすめスポット1つ目は、「鹿苑寺 金閣寺」です。京都府の中でも代表的な観光スポットである金閣寺ですが、冬にはまた違った景色を見ることができます。屋根や周りの木々に雪が積もって、とっても美しい白と金のコントラストを楽しめますよ。

おすすめスポット2:貴布禰總本宮 貴船神社

京都府のおすすめスポット2つ目は、「貴布禰總本宮 貴船神社」です。こちらの神社では、例年冬の間、積雪があったときにだけ特別にライトアップが行われているんです。真っ白な雪と朱色の燈籠、そしてほんのりと灯る明かりがとっても幻想的です。

詳細情報

鹿苑寺 金閣寺

貴布禰總本宮 貴船神社

4. 冬の味覚を堪能する / 石川県

観光スポットや絶景ももちろんですが、グルメも忘れてはいけません!この時期にしか食べられない冬の味覚もぜひ堪能したいですよね。次にご紹介する国内旅行先は、「石川県」です。カニやブリなど、新鮮な海の幸を味わうことができますよ。

おすすめスポット:近江町市場

石川県のおすすめスポットは、「近江町(おうみちょう)市場」です。地元の人から観光客まで、たくさんの人で賑わっている活気あふれるスポットです。獲れたてのカニやブリなど、冬の味覚をおなかいっぱい食べることができますよ。

詳細情報

近江町市場

5. イルミネーションを見に行く / 三重県

キラキラ輝くイルミネーションも、外せない冬の風物詩ですよね。東京都内でもイルミネーションを見られるスポットはたくさんありますが、今年はイルミネーションを見に、遠出してみませんか?続いてご紹介する「三重県」には、忘れられない絶景が広がっています!

おすすめスポット:なばなの里

三重県のおすすめスポットは、「なばなの里」です。国内外から多くの人が訪れるこちらのスポットでは、2021年10月23日(土)~2022年5月31日(火)の期間中、迫力満点のイルミネーションが行われています。ぜひ足を運んでみてくださいね。

詳細情報

なばなの里

6. 至極の雪の絶景を眺める / 北海道

冬の国内旅行先といえば、次にご紹介する「北海道」も定番ですよね。冬の北海道は、まさに極寒。しかし、寒いからこそ最高に美しい冬の絶景が生まれます。他では見ることができない、自然が織りなす至極の雪の絶景を見たい人におすすめです。

おすすめスポット:青い池

北海道のおすすめスポットは、美瑛町にある「青い池」です。その名の通り、コバルトブルーがとっても美しい池で、白い雪がよく映えます。2021年11月1日(月)~2022年4月30日(土)にはライトアップも行われ、この時期にしか見られない絶景を見ることができます。

詳細情報

青い池

7. 温泉で日頃の疲れを癒す / 群馬県

寒い冬には、あたたかい温泉に入りたくなりますよね。温泉で日頃の疲れを癒したい人におすすめの国内旅行先は、続いてご紹介する「群馬県」です。日本有数の観光地である群馬県には、魅力的な温泉が豊富なんです。日頃頑張っている自分をたっぷり癒してあげましょう!

おすすめスポット1:草津温泉

群馬県のおすすめスポット1つ目は、「草津温泉」です。 「天下の名湯」、「日本三名湯」の肩書きを持つこちらの温泉は、連日たくさんの人が訪れます。あたり一面を覆う湯煙から硫黄臭が漂い、それだけで温泉気分になれちゃいそう。

おすすめスポット2:伊香保温泉

群馬県のおすすめスポット2つ目は、「伊香保温泉」です。温泉街としても有名なスポットですが、石段街でぶらぶらと街歩きをするのもおすすめです。あたたかい温泉だけでなく、温泉街特有ののんびりとした雰囲気に癒されてみてください!

詳細情報

草津温泉

伊香保温泉

8. 食欲の冬はくいだおれの街へ / 大阪府

食欲の秋に引き続き、食欲の冬を楽しみたいという人は、満腹になるまで絶品グルメを堪能しましょう!次にご紹介する国内旅行先は、「大阪府」です。くいだおれの街・大阪には絶品グルメが豊富です。ついつい食べ過ぎてしまいそうなほど、たくさんのグルメに目移りしてしまいそうです。

おすすめスポット:串カツだるま

大阪府のおすすめスポットは、「串カツだるま」です。こちらは大阪に本店を構える串カツのお店で、新世界にある本店のほか、新大阪や梅田のルクアイーレの中にも店舗があります。濃厚なソースは二度付け厳禁!ぜひ、大阪ならではの美味しさを堪能してみてくださいね。

詳細情報

串カツだるま 心斎橋店

9. 冬のスポーツに挑戦 / 新潟県

冬も体を動かしてスポーツを満喫したい人におすすめの国内旅行先は、続いてご紹介する「新潟県」です。雪がたくさん降る新潟県では、スキーやスノーボードなど冬に楽しめるスポーツが豊富です。今年の冬は、ウインタースポーツに挑戦してみましょう!

おすすめスポット1:苗場スキー場

新潟県のおすすめスポット1つ目は、「苗場スキー場」です。初級者から上級者まで、子供から大人まで、全ての人が楽しめます。営業期間は、2021年12月18日(土)~2022年4月10日(日)です。また、打ち上げ花火が開催される日もあるのでチェックしてみてください!

おすすめスポット2:GALA湯沢スノーリゾート

新潟県のおすすめスポット2つ目は、「GALA(ガーラ)湯沢スノーリゾート」です。標高1,181mの山頂から広がるパウダースノーのゲレンデでウインタースポーツに挑戦できます。営業期間は、 2021年12月11日(土)~2022年5月5日(祝・木)で、なんと5月まで楽しめるんです!

詳細情報

苗場スキー場

GALA湯沢スキー場(ガーラ湯沢スキー場)

10. ドライブで日帰り旅行へ / 長野県

忙しくて宿泊する時間がないという人は、ドライブで日帰り旅行に出かけませんか?最後にご紹介するのは、「長野県」です。特に軽井沢は、東京都内からも行きやすく、四季折々の自然を堪能できます。家族、恋人、友達、誰と行っても楽しめるスポットです!

おすすめスポット1:旧軽井沢銀座

長野県のおすすめスポット1つ目は、「旧軽井沢銀座」です。近くに駐車場がいくつかあるので、車を停めて商店街で食べ歩きを楽しみましょう!地元の食材を使った絶品グルメを味わうことができますよ。お土産屋さんもあるので、チェックしてみてくださいね。

おすすめスポット2:白糸の滝

長野県のおすすめスポット2つ目は、「白糸の滝」です。こちらでは、2021年12月18日(土)〜2022年2月13日(日)の期間中のうち13日間、3つのセッションに分かれて、「白糸の滝 真冬のライトアップ」が行われます。詳しい開催日時は公式ページをご確認ください。

詳細情報

旧軽井沢銀座

白糸の滝

令和の冬も楽しい旅行を。

いかがでしたか?今回は、2022年最初の国内旅行で行きたい旅行先を目的別にご紹介しました。どの旅行先もそれぞれ違った魅力があり、どこを訪れるか迷ってしまいますよね。ぜひ来年も楽しい旅行をしましょう!(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

元記事で読む