1. トップ
  2. レシピ
  3. リンゴでにおいが抑えられる…!?脇のイヤ〜な臭いの対策法4つ

リンゴでにおいが抑えられる…!?脇のイヤ〜な臭いの対策法4つ

  • 2015.8.1
  • 732 views

暑い夏は、たくさん汗をかいてしまいますよね…。そんなこの時期、特に気になるのが脇のニオイ。ニオイケアのためには制汗剤を使うことが一般的かと思いますが、それ以外でも、ニオイを抑えるための方法や、気をつけたいことをピックアップしてみました!

■脇にリンゴパックをする

体内の「アポタンパク」というタンパク質の一種である成分を減らすことが、ワキのニオイを抑えることにつながるといわれています。

リンゴに含まれる繊維質はこのアポタンパクを減らす効果があるので、自宅でのにおい対策には「りんご湿布」がおすすめ。すりおろしたものをガーゼなどに染み込ませ、脇にパックすると、ニオイの発生を抑えられるのだとか。

湿布が面倒という人でも、りんごは食べるだけでも効果があるそうなので、リンゴ酢などもおすすめです。

■汗をかいたら拭く

ニオイは、皮脂や肌の上の埃や汚れなどと汗が混ざり、雑菌が繁殖したり酸化したりすることで発生します。雑菌を繁殖させないためにも、汗をかいたらこまめに拭くことが大切です。

■不純物を身体に溜め込まない

体内の不純物は汗や尿として排出されます。つまり、汗や尿の量が減ると、体内に不純物が多く残ってしまい、ニオイの元となる成分が汗などに凝縮されてしまいます。お風呂や運動で汗をかいたり、トイレは我慢しないようにし、普段からデトックスを意識しましょう。

■衣類にも気を配る

ニオイが気になるのなら洋服の素材選びもポイント。消臭性能がついた繊維を使った洋服を選んだり、ニオイの元となる脂質やタンパク質をすっきり落とせる「酵素」が入った洗剤で洗濯すると良いでしょう。

いかがでしたか? ニオイの悩みは女性にとってデリケートな問題です。気になる方は、まずは上記のことを実践し、深刻な場合はお医者さんに相談しましょう。

(LBR編集部)

元記事を読む