1. トップ
  2. グルメ
  3. 2021年の総まとめ!東京駅スタッフが選ぶオススメのエキナカスイーツ&グルメ10選

2021年の総まとめ!東京駅スタッフが選ぶオススメのエキナカスイーツ&グルメ10選

  • 2021.12.3
  • 802 views

コロナ禍といわれ早2年目を迎えた2021年も残すところあと1ヶ月。2020年以降、大きく様変わりした新しい生活様式が確実に定着してきた1年だったのではないでしょうか。

東京駅でも、お土産用よりも“おひとり様”用のスイーツのラインナップが増えたり、おうち飲みのお供としてテイクアウトのお惣菜需要が高まった1年でした。

今回はそんな2021年の総まとめとして、「東京駅スタッフが選ぶオススメのエキナカスイーツ&グルメ10選 in 2021」を発表!

1日約2,000件にも及ぶ様々なお問い合わせに対応し、東京駅の“今”を日々肌身で感じているインフォメーションスタッフ3名が独自の視点で選んだ、おひとり様スイーツとお酒に合うお惣菜を、ご紹介していきます。(東京ステーションシティ運営協議会調べ)

がんばった自分にちょっとご褒美!〜おひとり様(少人数用)スイーツ5選〜
1.『くず餅プリン』船橋屋こよみ(エキュート東京)

■399円

くずもちの原材料“発酵小麦澱粉”を使用したプリン。小麦澱粉は15ヵ月もの間、乳酸発酵し熟成。これを入れることによってもっちりした独特な食感を生み出しています。

450日という手間暇かけたプリンに船橋屋秘伝の黒糖蜜、香ばしい黄な粉が絶妙なバランスの口どけで絡み合います。材料と製法にこだわり手間暇かけて1つ1つ丁寧に蒸し上げています。

【審査員コメント】
私たちも日頃からおやつとしてよく購入しています。プリンなのに和スイーツなので思った以上にサッパリとしていて、夕食後のデザートにオススメです。黒蜜ときな粉の相性ばっちり。

2.『東京鈴もなか』香炉庵 KOURO-AN(グランスタ東京)

■2袋入(1袋2個入)/600円/※グランスタ東京限定

横浜元町生まれの和菓子屋「香炉庵」。伝統の味を生かしながらも、独創性の高い新しい和菓子を作っています。

東京鈴もなかは、こしあんにやわらかな求肥もちをはさんだ甘さ控えめな最中。東京駅の待ち合わせスポット「銀の鈴」をモチーフにした可愛らしい鈴の形です。

【審査員コメント】
見た目が可愛らしく、気軽に楽しめるスイーツとしてサイズ感もベスト!最中としては中の求肥もちが珍しいですね。お抹茶などと合わせて楽しむのも良いですね。東京土産としてもよくオススメしています。

3.『はしっこ』柿の木坂 キャトル(エキュート京葉ストリート)

■440円/※販売休止:12/21(火)〜12/25(土)左記期間以外にも、取り扱いがない場合もございます。

生クリームとフルーツがたっぷり入ったスポンジケーキ。とても美味しいケーキを切り落として捨ててしまうのがもったいなくて誕生しました。

人気のショートケーキやロールケーキを始め、仕上げる際にカットして捨ててしまう「はしっこ」。不揃いな形でも美味しさは変わりません。

1つのケーキの中でいろんな味が楽しめる上、日によって味が変わるのもお召し上がりの楽しみのひとつです。

【審査員コメント】
お値段以上に量が多く上にも中にもフルーツが沢山。生地もフワッフワでとても切り落としとは思えないクオリティです。特に生クリーム好きの方にはオススメしたい商品です。

4.『クロッカンシュー』和楽紅屋(エキュート東京)

■300円/※エキュート東京限定

ザクザクとしたシュー皮に、注文を受けてからたっぷりと注入する濃厚カスタードは絶品です。

生地にもク リームにも、石川県産の「珠洲の塩」を使用しており、優しい塩味が味わいを引き立てています。

【審査員コメント】
たっぷり入ったクリームは甘さ控えめで“和風のカスタードクリーム”というような印象です。皮はカリっとしていて食感がとても楽しい!ご褒美スイーツとしてオススメしたいです。

5.『生チョコ』デイジイ東京(グランスタ東京)

■297円

シンプルで誰にでも愛される、毎日食べたくなるこだわりのパンを揃えている「デイジイ東京」。昭和から人気が続くロングセラー商品。ふんわり柔らかなドッグパンは小麦の風味も感じられます。

ケーキで使用する甘さ控えめの上質な生クリームはくちどけ良く、まろやか。濃厚な甘みと程よい苦みのコーティングミルクチョコレートとベストマッチ。

【審査員コメント】
生クリームとチョコの組み合わせだけど、くどくなく丁度良い甘さです。子供から大人まで、皆が大好きな味だと思います。大きさも程よく、ちょっとしたおやつに最適ですね。

手軽におうち飲みをランクアップ!〜お酒に合うテイクアウトお惣菜・おつまみ5選〜
1.『東京つまミール 枝豆ソルト』RF1 SALAD MEAL(グランスタ東京)

■3個入/378円/※グランスタ東京限定

野菜の美味しさを活かしつつ、スパイスやナッツでやみつきになる味わいに仕上げたおつまみフライ

枝豆の甘みや旨みを生地の中に閉じ込めた、動物性食材(肉・魚介・卵・乳製品)不使用のヴィーガンスタイル商品です。

【審査員コメント】
ボリューム感があり値段もお手頃なので、サクっと購入するおつまみにピッタリ。そして何より、枝豆感がすごい!!
■合いそうなお酒:ビール・モヒート・レッドアイ

2.『サバスティック 旨醤油味』若廣TOKYO(グランスタ東京)

■1本/540円/※グランスタ東京限定

伝統の食文化×独創的アイディアをコンセプトにかかげている「若廣TOKYO」。

サバスティックは、ワンハンドで手軽に、味は本格派。特製の旨醤油、大葉と刻みショウガがアクセント。

【審査員コメント】
サバの旨みに大葉の爽やかさがとっても良く合っています。片手でも食べやすいですが一口サイズにカットして食べるのもよさそう!
■合いそうなお酒:ウーロンハイ・レモンサワー・ビール

3.『もろこし揚』てとて(グランスタ東京)

■1個/350円

白身魚のすり身とスーパースイートコーンをあわせたもろこし揚。とうもろこしの甘さと、シャッキッとした歯触りをお楽しみ頂けます。

自然の恵みをそのままいかしたやさしい味わいが魅力です。お子様から大人まで人気の商品です。

【審査員コメント】
揚げ物なのに重たくなく、気軽に食べられます。ほどよい甘みのとうもろこしが印象的でおうち飲みのお供にちょうど良いです!
■合いそうなお酒:白ワイン・日本酒・ビール

4.『4種のシューマイセット』PAOPAO(エキュート東京)

■8個入/848円

黒豚シューマイ、和豚もちぶた肉シューマイ、エビシューマイ、ホタテシューマイの4種類が入った盛りだくさんの満足セットです。

店内厨房でつくられる手作りの味をお楽しみください。

【審査員コメント】
お肉2種はジューシー、海鮮2種はサッパリしていて、それぞれ違う味で楽しいです。アツアツをリクエストできるのも嬉しいポイントです。
■合いそうなお酒:ビール・赤ワイン・紹興酒

5.『ほうれん草と深谷ネギのキッシュ 黒トリュフ風味』レストラン ブラン ルージュ(東京ステーションホテル)

■3,000円/※事前予約制(ご予約はご利用の前日まで、オンラインまたはお電話にて承ります。)

フランス産のトリュフを添えた香り高いホテルオリジナルのキッシュ

ほうれん草と深谷ネギをふんだんに使用し、食べきりサイズの13cmホールで焼き上げました。

【審査員コメント】
1人分サイズ(8等分)だと370円程度なのでこのお値段でこの高級感を味わえるのはすごい!トリュフの香りとたっぷりの具材でご褒美感も味わえます。ホームパーティーでも喜ばれそう!
■合いそうなお酒:赤・白ワイン・シャンパン

東京駅のインフォメーションスタッフについて

東京駅構内に4箇所(中央通路・丸の内中央改札・丸の内地下中央改札・京葉ストリート※)あるインフォメーションセンターで、駅利用者のお問い合わせ対応を行う。(※京葉ストリートは2021年12月15日(水)をもってクローズ予定)各箇所、常時1〜2名体制で総スタッフ数は16名。(2021年11月現在)全スタッフ勤続5〜10年以上で、東京駅を熟知している。

問い合わせの対応件数は、4箇所合計で1日あたり1,300〜2,000件に及ぶ。(2019年までのコロナ禍以前は、4箇所合計で1日あたり5,000〜7,000件に対応)
問い合わせ内容は、東京駅構内外の場所案内だけに留まらず、お客さまのご要望に沿ったお店や手土産のご提案の他、切符の買い方や乗り換え方法など鉄道に関するご案内や、遺失物や迷子など困っているお客さまへの対応など、非常に幅広い。必須言語は日本語と英語。その他、中国語、スペイン語などその他言語での対応も可能。

所属:株式会社JR東日本パーソネルサービス

■対象商品
グランスタ東京、エキュート東京、エキュート京葉ストリート、東京ステーションホテルなどで販売されている、各エリアのデベロッパー担当者と東京駅のインフォメーションスタッフがオススメする以下の商品。
・スイーツ48品(対象:おひとり様〜少人数用の商品。大人数用の箱菓子は対象外)
・お酒に合うお惣菜・おつまみ37品(対象:テイクアウトのみ)

■概要
2021年11月4日(木)〜5日(金)に上記対象商品から選抜した各10品(計20品)を、3名の審査員が全て実食。「価格」、「量」、「味のバランス」、「見た目」、「満足度」を5段階、総合評価(お客様におすすめしたい度)を10段階で採点。

■審査員
東京駅のインフォメーションスタッフ3名

元記事で読む