1. トップ
  2. 恋愛
  3. 【実例あり】社内恋愛から結婚につなげる方法3つ!

【実例あり】社内恋愛から結婚につなげる方法3つ!

  • 2021.12.3
  • 721 views

お付き合いしていれば、結婚を見据えるのは自然な流れかもしれません。

社内恋愛なら、相手の内面までしっかりと把握しやすく、将来像を描きやすいと言われています。

じつは、社内恋愛から結婚へ発展するカップルには特徴があるんです。

社内恋愛から結婚した体験談をもとに、その特徴を探っていきましょう!

公私を分ける

「同じ職場で所属している部署も同じだった彼。共通の話題も多く、仕事の話はいくらでもできる状況ではありましたが、お互いプライベートと仕事はきっちり分けたいタイプ。ルールを作っていたわけではありませんが、2人の時間に仕事の話は極力しないようにしていました。

2人きりになったら自然とデートモードになれるのがよかったのかも!仕事が忙しい時期はお互い分かっているので、暗黙の了解で気遣いもでき、安心して結婚することができました」(28歳女性/メーカー)

恋愛を仕事に持ち込まないのはもちろんのこと。

せっかくのデートまで仕事モードになってしまうのは残念ですよね。

オンとオフの切り替えは社内恋愛では重要です。

あえて仕事の話はしないなどして、2人きりのときは同僚モードから恋人モードに切り替えることが、社内恋愛を長続きさせる方法のようです。

1人の時間をつくる

「部署も同じ彼と休日も一緒に過ごすとなると、毎日一緒にいることに……。社外では会わない週をあえて作り、それぞれの時間を作ることにしました。プライベートの時間も一緒に過ごす時間も両方作るのが、2人にとってベストバランスだったよう。

彼も『プライベート時間を確保できたのが結婚を踏み切った理由だった』と言っていました。結婚した今でも月に1度はそれぞれの時間を確保するようにしています」(29歳女性/公務員)

オンもオフもずっと一緒では、どんなに仲がいい相手でも息が詰まるでしょう。

あえてそれぞれの時間を作り、お互いのプライベートを確保することも大切です。

彼のプライベート時間をすべて奪ってしまうと、結婚から遠のいてしまうかもしれません。

意識して、時間を作ることがポイントになりそう。

周囲に言わない

「社内恋愛だった旦那はなかなかモテるタイプ。嫉妬されたり詮索されたりが嫌だったため、お付き合いしていることはだれにも知らせていませんでした。

デートは家か会社の人が来ないような遠い場所、会社では必要なこと以外話さないなど、少し面倒なこともありましたが、それが2人のペースを崩さずお付き合いできた理由かなと思います」(29歳女性/製造業)

お付き合いしていることが周囲に知れると、思わぬトラブルの原因になります。

もしかすると、妬み嫉みで仕事に影響が出てしまうことも考えられるでしょう。

2人のペースを大切にするためにも、むやみに公言するのは避けておいた方がよさそう。

結婚が決まるまでは、バレないように気をつけた方がいいかも。

職場恋愛を実現させるには…

仕事とプライベートの両方を充実させることができる職場恋愛ですが、周囲の目や詮索など、面倒なこともたくさん。

オンオフや彼との距離感のバランスが、職場恋愛を成功させる秘訣のようです。

社内恋愛から結婚に発展したカップルの特徴を参考に、職場恋愛からの結婚を成功させてみてくださいね!

(恋愛メディア・愛カツ編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる