1. トップ
  2. ファッション
  3. これぞ美シルエット!「スカート×コート」が絵になるバランス術【海外スナップ】

これぞ美シルエット!「スカート×コート」が絵になるバランス術【海外スナップ】

  • 2021.12.2
  • 3648 views

ご紹介する三人のセレブやファッショニスタたちは、スカートのシルエットや素材感を意識することで、美しいバランスへと導いていました。また、こなれて見える色合わせにも注目です。

■1:キャロライン・イッサは…トレンチコートの裾からプリーツスカートを覗かせドラマティックに

するりと落ちる素材のプリーツスカートなら、アウターに響きません。
するりと落ち感のいい素材のプリーツスカートなら、アウターに響きません。

パリ・ファッションウィーク中の街中を颯爽と歩いているところをキャッチされた、雑誌『TANK』の創設者兼ファッションディレクターのキャロライン・イッサ。定番のベージュトレンチコートを使って「絵になる」スタイルを叶えるなら、是非参考にしたい着こなしです。

トレンチコートを共布ベルトできゅっとウエストマークしてくびれを強調し、メリハリシルエットをメイク。歩くたびに豊かな表情を見せてくれる黒のプリーツスカートは、落ち感があるのでアウターの下に忍ばせてももたつきません。そこに適度に重厚感のある黒ブーツを繋ぎ、今っぽい足元バランスへ。

トップスは、トレンチコートのクラシカルさが引き立つ真っ白なシャツをセレクト。その下に仕込んだパープルのタートルニットトップスが、無難にならないきらりと光るアクセントになり、さらに防寒力も上がって一石二鳥です。

■2:アマンダ・ホールデンは…しなやかなベージュの装いはレザー投入で表情豊かに

レザー素材がニュアンス配色のアクセントになり、ぼんやりして見えません。
レザー素材がニュアンス配色のアクセントになり、ぼんやりして見えません。

今年らしさたっぷりのベージュとブラウンの装いでロンドンの街中に現れた女優のアマンダ・ホールデン。

タイムレスに活躍するベージュのチェスターコートは、クラシカルな趣でまとう人にエレガントなムードを授けてくれます。そこに同色のタートルニットとタイトスカートを組み合わせ、すっきりとしたシルエットにすればロングコートとの相性がばっちり。さらにスカートは光沢感のあるレザー素材を選ぶことで、同じベージュの組み合わせに抑揚をつけることに成功しました。

小物は、ベージュと馴染みの良いブラウンをセレクト。スカートと同じようにレザーを選んだことで、しなやかなベージュとブラウンの装いに適度なスパイスを添えることができます。

■3:クレア・ローズ・クリツールは…黒×縦落ちシルエットでスマートさを追求

スタイルアップ効果も洗練された印象も手に入る黒を活用して。
スタイルアップ効果も洗練された印象も手に入る黒を活用して。

インフルエンサーのクレア・ローズ・クリツールをNYファッションウィーク中のストリートでスナップ。黒を基調とした着こなしで、きりりとシックな面持ちへ。

定番のトレンチコートも、しなやかな光沢を放つ黒レザーを選べば無難を回避することができます。すとんとしたシルエットのコートに同色のタイトスカートを合わせIラインを強調すれば、引き締め効果が倍増。

小物も徹底的に黒で統一しながら、今年トレンドのタフな表情のロングブーツを迎えることで黒の装いを今っぽくアップデートしました。

トップスは黒に映える白シャツをセレクトし、明確なカラーコントラストをつけモード感を上乗せ。無彩色の白黒がさみしくならないよう、ゴールドのネックレスでツヤを宿してフィニッシュしました。

これからの時期に役立てたい、スカートとロングコートの着こなし術をご紹介しました。

美バランスに整え、冬のエレガントな装いを堪能してみてくださいね。

元記事で読む