1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. コーヒーや緑茶が実は美肌の味方!?乾燥する季節はポリフェノールが含まれる飲み物で肌のうるおいキープ!

コーヒーや緑茶が実は美肌の味方!?乾燥する季節はポリフェノールが含まれる飲み物で肌のうるおいキープ!

  • 2021.12.2
  • 1268 views
肌が乾燥する季節、うるおいを保つのに最適な飲み物は、こちらです。

日々寒さが増す今日この頃。
気温と同時に湿度も下がり、30%を切ってしまうこともしばしば。
こうなると、お肌の乾燥も気になってくるように。
スキンケアを丁寧にしたり、アイテムを追加したりする方は多いと思いますが、実は飲み物でも肌のうるおいU Pに貢献できるかもしれません。

日本人なら! 緑茶は美肌の味方

あなたは緑茶が好きですか?
ペットボトル飲料の種類も豊富で、ホットもアイスも美味しい緑茶。
最近では海外でもグリーンティーと呼ばれ、その健康効果に注目が集まっています。
実は、緑茶には肌にとって嬉しい効果が期待できるってご存知ですか?
緑茶を飲んだときの肌状態の変化について調査した試験についてご紹介したいと思います。
60人の女性ボランティアが緑茶を12週間にわたって摂取した結果、肌の弾力・キメの細かさ・水分量などが改善されたのです。
緑茶に含まれるポリフェノールが太陽光に含まれる有害な紫外線から肌を保護し、女性の肌の状態を総合的に改善するのに役立ったと考えられています(出典:The Journal of Nutrition, Volume 141, Issue 6, June 2011, Pages 1202–1208)。
緑茶には、以下に代表されるポリフェノールの一種であるカテキン(主に4種類)が含まれています。

上記試験中、被験者は1日に1リットルの緑茶を飲み、カテキンのトータル摂取量としては1,402mgを摂取したとのこと。
1日に1リットルというと、お手軽に摂取できる量ではないのですが、飲み物のメインを緑茶にすれば問題なく摂取できそうですね。
また、カテキン類が関与成分となっている特定保健用食品(トクホ)や機能性食品となっている緑茶には、カテキン類の含有量が表示されていて、かつ含有量も一般の緑茶より多くなっています。
1リットル飲むのが難しい方は、利用してみてもいいかもしれませんね。
緑茶の入れ方によってもカテキンの含有量は変わります。
カテキンは80℃以上の高温で溶け出しやすくなるので、カテキンをしっかり摂りたいときは熱いお湯でいれるのもおすすめです。
ただし、カテキンは渋みが強いので、高温でいれるとカテキンは摂取しやすくなりますが、お茶としては渋みや苦みが強くなってしまうので注意してくださいね。

緑茶と組み合わせれば最強?! 女性の大きな悩みであるアレにも効果テキメン!


ポリフェノールの豊富な飲み物といえば、緑茶以外にコーヒーも該当します。
実は、コーヒーは、日本人のポリフェノールの供給源としても最も大きなものなのです。
そんなコーヒーと緑茶を飲むことによる、肌への効果についてご紹介したいと思います(出典:Clin Cosmet Investig Dermatol. 2020; 13: 165–172.)。
日常生活で普通に日光を浴び、喫煙をしない30〜60歳の日本人女性計244名を調査した結果、コーヒーや緑茶を飲んでいる量と、色素沈着スポット(いわゆるシミのあるところ)の数や面積、濃さなどをスコア化したもの(PSスコア:Pigmented Spot Score)との間に関連が報告されました。
コーヒーや緑茶を摂取することによるポリフェノールの摂取量が多い人ほど、シミが少ない(PSスコアが低い)という結果に。

この試験の結果では、両者に大きな差はなく、コーヒーでも緑茶でも、お好きな方を飲めば良いようです。
さらに、両方が好きでどちらも飲むという方には朗報です。

なんと、コーヒーと緑茶の両方を飲んでいる方が、どちらか片方を飲んでいる人よりもさらにシミが少なかった(PSスコアが低かった)のです。
なぜポリフェノールが色素沈着の抑制に寄与するのか、根本的なメカニズムは明らかにはなっていませんが、抗酸化能を有するポリフェノールが、ヒトの酸化ストレスの軽減に働いているのでは、と考えられるとのこと。
では、それぞれの飲料をどのくらい飲めばいいのでしょうか?
コップ1杯を200mLとして、それぞれに含まれるポリフェノール量から換算すると、上記試験では1日にコーヒーを多く飲む群は2~3杯、少ない群は1杯以下、緑茶を多く飲む群は1~2杯、少ない群は1杯以下となりました。
※ちなみに、飲料のポリフェノール量はコーヒー:200mg/100mL、緑茶:115mg/100mLとして計算しました(出典:Journal of Agricultural and Food Chemistry 2009 57 (4), 1253-1259)。

コーヒーも緑茶も、私たちにとって身近で飲み慣れたものですが、想像以上のポテンシャルを秘めた飲み物だったのですね。
肌の状態を総合的向上させ、シミにまで効果があるなんて、すごすぎです。
いつもの飲み物をポリフェノールが豊富な緑茶やコーヒーにかえて、肌にとって厳しい季節の今、美肌をランクアップさせてみませんか?

[文:キレイ研究室研究員 船木(化粧品メーカー研究員・サプリメントアドバイザー・健康管理士一般指導員・健康管理能力検定1級)]

元記事で読む
の記事をもっとみる