1. トップ
  2. グルメ
  3. 自然観察、運動、キャンプ等様々な楽しみ方ができる「井草森公園」@上井草

自然観察、運動、キャンプ等様々な楽しみ方ができる「井草森公園」@上井草

  • 2021.11.30
  • 784 views
特徴あるエリアごとに分割された広大な公園

今回ご紹介するのは「井草森公園」。 39,503.80㎡とひろーい公園です。

公園入口にはこのような案内図が設置されていました。 テーマごとにゾーン分けがされていて、それぞれのゾーンに特徴があるようです。 さっそく行ってみましょう。

出典:リビングむさしのWeb
自然溢れる水辺環境と、多目的に活用できるグラウンド

まずは「森と水のゾーン」。

水の流れは二本あり、一本は滝から落水し渓流の雰囲気。 その下流は浅い水たまりになっていて、幼稚園/保育園児くらいの子どもたちが水遊びをしていました。

もう一本の流れには、水生植物や水辺植物が植わっており、自然観察を楽しむことができるようになっています。池には中の島が配され、畔の東屋からはゆったりと周囲を眺められるようになっています。カルガモなど水鳥が飛来してくることもあるとか。

周囲の森も、四季折々に花を楽しめるようになっているようです。 子どもたちにとっても気軽に自然に触れられる環境です。

出典:リビングむさしのWeb

植えられている木々には案内板がついており、点字解説もついています。 こちらの柚子は、初夏になると花が咲き、夏になると青い実をつけ、秋にはその実が黄色く熟すとのこと。

出典:リビングむさしのWeb

次に「多目的運動場ゾーン」。 この日は何も行われていませんでしたが、全面天然芝で覆われており、サッカー・ラグビーなどに利用できるそう。 災害時には避難広場としての利用も想定されているようです。

出典:リビングむさしのWeb
幅広い年代の子どもたちが遊べるゾーンも

そして「原っぱゾーン」。 公園の中央に位置し、疎林や草地でのびのびできる空間です。

一画には子供たちが遊べる複合遊具があり、ゲートボールなど軽スポーツが可能な広場もあります。 複合遊具は写真の通り(少し遠目ですが)、大きい子向けのものと小さい子向けのものと2種類あり、それぞれ子どもたちに大人気の様子でした。

この広場では夏休みにはグループでデイキャンプもできるそう(日曜・祝日を除く)。

出典:リビングむさしのWeb

複合遊具で遊ぶにはまだ早い乳幼児向けに「すくすくひろば」もあります。 こちらは杉並区ならではの施設で、歩き始めたばかりの小さい子でも安心して遊べるようになっています。

ところどころの公園で見かけますが、こちらは特に周囲を囲われていて、不意な方向に子どもがヨチヨチ歩いていっても慌てずにすみます。

出典:リビングむさしのWeb

設置してある遊具もほのぼのとしたものばかり。 地面もクッション性があって安心です。

出典:リビングむさしのWeb

様々な楽しみ方ができる井草森公園、ぜひ訪れてみてください😊

◇◆井草森公園◆◇ 【住所】〒167-0021 東京都杉並区井草4丁目12番1号 【営業時間】終日 【定休日】なし 【電話番号】03-5310-4515(杉並区都市整備部みどり公園課管理係) 【アクセス】西部新宿線上石神井駅南口から徒歩約5分 【HP】https://www.city.suginami.tokyo.jp/shisetsu/kouen/01/igusa/1007086.html

元記事で読む
の記事をもっとみる