1. トップ
  2. 防弾少年団(BTS)が2年ぶり対面コンサート 写真で見る圧巻のスケール

防弾少年団(BTS)が2年ぶり対面コンサート 写真で見る圧巻のスケール

  • 2021.11.30
  • 3891 views

グループ防弾少年団が約2年ぶりに対面コンサートを通じてファンと会った。

防弾少年団は27~28日(以下現地時間)、米国ロサンゼルスにあるSoFiスタジアムで「BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE - LA」ツアーコンサートを行った。2日間の公演に10万6000人余りの観客が訪れた。

今回のコンサートは防弾少年団が去る2019年にソウルで行った「2019 BTS WORLD TOUR 'LOVE YOURSELF: SPEAK YOURSELF' [THE FINAL]」以来、約2年ぶりに行われたオフライン公演で、公演開始前から全世界の注目が集まった。

公演は華やかなセットと強烈なパフォーマンスで注目を集めた「ON」の舞台で始まった。防弾少年団は引き続き「FIRE」、「DOPE」、「DNA」と「BLACK SWAN」、「血、汗、涙」、「Life Goes On」、「Dynamite」、「IDOL」、「Butter」、「Permission to Dance」 など計24曲を熱唱した。先月24日に行われたオンラインコンサートでは見ることができなかった「We are Bulletproof : the Eternal」、「I'm Fine」が追加されるなど、一部公演セットリストがさらに豊かになった。

2回目(28日)の公演では「Butter」のリミックスバージョンのフィーチャリングに参加したメーガン・ジー・スタリオン(Megan Thee Stallion)がサプライズゲストとして登場した。防弾少年団はメーガン・ジー・スタリオンと共に合同ステージを繰り広げ、公演の雰囲気を最高潮に引き上げた。客席では数万人のファンが防弾少年団の応援棒(コンサートライト)である「ARMY BOMB」を振って曲に合わせて歌って波を作るなど150分ほど続いた公演に熱気を加えた。

防弾少年団は2日目の公演を終え、「皆さんとこのようにまた会えました。昨日(27日)もまるで夢のような時間だったけど、今もそうです。ようやく僕らが、そしてこの曲たちが自分の居場所を見つけたような気がします。ARMYの歓声、熱気、本当に見るものすべてを本当にすごく感じて行きます。今日の夢でもう一度コンサートをしよう」と胸いっぱいの感想を伝えた。

今回の公演では別のスクリーンを通じてリアルタイムで公演を視聴できる「LIVE PLAY in LA」イベント会場も設けられた。世界中からきたファンたちがロサンゼルスにある専門公演場「YouTubeシアター」に設置された大型スクリーンを通じてもコンサートを観覧して感激の瞬間を共にした。

防弾少年団は今回の「BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE - LA」を通じて新しい記録も作った。SoFiスタジアムは「防弾少年団がSoFiスタジアムとしては初めて4回公演をすべて完売させた。彼らはまたSoFiスタジアムで開催された単独バンドあるいはアーティストの公演のなかで最多のチケット販売を記録した」と明らかにした。

一方、防弾少年団は来る12月1~2日SoFiスタジアムで「BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE - LA」公演を続ける。最終回の公演(12月2日)はファンプラットフォームのWeverseで利用券を購入すれば生中継リンクを通じて視聴できる。


元記事で読む