1. トップ
  2. メイク
  3. コンシーラーは肌悩みによって違う!ニキビ、シミ、クマに合わせた選び方をプロが伝授

コンシーラーは肌悩みによって違う!ニキビ、シミ、クマに合わせた選び方をプロが伝授

  • 2021.11.30
  • 1938 views

コンシーラーは肌の悩みをカバーする便利なアイテムだけれど、どれでも同じだと思っていない? ニキビ、シミ、クマなど肌悩みのタイプに合わせたコンシーラーの選び方をプロが紹介。(フロントロウ編集部)

肌悩み別「コンシーラー」の種類と使い方

ファンデーションだけでは隠すのが難しいニキビ、シミ、クマなどの肌悩みをカバーするのに役立つアイテム「コンシーラー」。しかし、コンシーラーと一言に言ってもさまざまな種類があり、隠したい肌悩みに合わないコンシーラーを使うと、きれいに隠れないどころか、かえって目立たせることもあるという。

画像: 肌悩み別「コンシーラー」の種類と使い方

そこで、今回はそれぞれの肌悩みに合わせたコンシーラーの選び方と効果的な使い方を海外のメイクアップアーティストたちが紹介。コンシーラーを使っても肌悩みがうまく隠れないという人は必見。

ニキビには「クリームコンシーラー」

メイクアップアーティストのルビー・ハマーいわく、赤みやニキビ跡を隠したい場合は、半固形タイプの「クリームコンシーラー」がピッタリ。

画像: ニキビには「クリームコンシーラー」

ルビーは「ニキビを隠したい場合は、滑りやすいリキッドタイプよりも、クリーミーなタイプの方がカバーしやすい。指につけて、赤みの強い部分を中心に優しく叩き込むのがコツ」と米Popsugarでコメント。

一方で、クリームコンシーラーのなかには油分が多いものもあるため、ニキビのもとになりにくいノンコメドジェニック処方や肌への刺激が少ないタイプを選んだほうがいいとアドバイスした。

シミ、色素沈着には「スティックコンシーラー」

メイクアップアーティストのフランチェスカ・ブラッツォによると、シミや色素沈着を隠したい場合は、固形タイプの「スティックコンシーラー」がおすすめ。

画像: シミ、色素沈着には「スティックコンシーラー」

硬めのテクスチャーのスティックコンシーラーは、ほかの形状のコンシーラーに比べてカバー力が高く、肌にピタッと密着するため、シミをしっかり隠したいときにもってこいのアイテムなのだそう。また、コンシーラーだけではシミがきれいに隠れない場合は、オレンジ、ピーチ、イエローなどのコントロールカラーと併用して使うのもアリだという。

クマには「リキッドコンシーラー」

メイクアップアーティストのアルフィ・サダドによると、目の下のクマを隠したい場合は、液体タイプの「リキッドコンシーラー」がピッタリ。軽やかなつけ心地で非常に伸びが良く、目元に塗ってもヨレにくいため、クマを隠すには最適なのだとか。

画像: クマには「リキッドコンシーラー」

ちなみに、コンシーラーの色はファンデーションよりも1~2段階ほど明るい色がおすすめだそうで、青みのあるクマにはピンクやピーチ系のリキッドコンシーラーを選ぶと、より厚塗り感なく自然にクマをカバーできると豪Beauty Crewで話している。

コンシーラーは、肌悩みに合わせて使い分けるだけでベースメイクの仕上がりが格段に良くなるので、これまでうまくカバーできなかったという人は、これを機に手持ちのコンシーラーを見直してみるのもいいかも。(フロントロウ編集部)

元記事で読む