1. トップ
  2. メイク
  3. 人気ヘアメイクの仕事道具を覗き見! 色やきらめきで個性をトッピング。気分まであがるアクセントカラー。【BACKSTAGE BEAUTY / TAMAYO YAMAMOTO / vol.4】

人気ヘアメイクの仕事道具を覗き見! 色やきらめきで個性をトッピング。気分まであがるアクセントカラー。【BACKSTAGE BEAUTY / TAMAYO YAMAMOTO / vol.4】

  • 2021.11.30
  • 438 views

ロンドンでキャリアをスタートし、パリやミラノのコレクションバックステージを毎シーズン経験してきたメイクアップアーティスト山本珠世さん。美大かヘアメイクの学校かで悩んだというだけあって、メイクとアートをリンクさせる感覚に優れ、色彩豊かなメイクを得意とする山本さんのお仕事道具はどんなラインナップなのか……。今回は、メイクにちょっとした遊びを感じさせたいときに活躍しているアクセントカラーをピックアップ。「パッと見てテンションがあがることも、メイクの大事な要素のひとつ。楽しい色やきらめきで気分があがると、より美しさが内側からにじみ出るような気がします」。アクセントカラーを使うのは、主に目もと。いろんなタイプがある中から、パウダー、ペンシル、ピグメント系、それぞれの特徴やおすすめの使い方を教えてもらいました。

【さらに写真を見る】人気ヘアメイクの仕事道具を覗き見! 色やきらめきで個性をトッピング。気分まであがるアクセントカラー。【BACKSTAGE BEAUTY / TAMAYO YAMAMOTO / vol.4】

色+きらめきを楽しむパウダー系。

パウダータイプのアクセントカラーは、ツヤやきらめきがあるメタリック系が気分。色を混ぜるというより、上から重ねていくうちに素敵な色になることも多く、そこもまた楽しいです。バイレードの18色パレットは遊びのある色が揃っていて、どれも発色がいい。パステル系など淡めな色もあって、控えめだけど遊べます。バイレードの5色セットのほうは色みは濃いけど薄づきなので、カラフルなメイクに抵抗のある人も使いやすいパレット。目尻だけに使うとか、ブラウン系のアイメイクに重ねるのもおすすめです。イヴ・サンローランは色のトーンがまとまっていてグラデーションしやすいのと、ツヤ感が上品なのがポイント。フォーマルなシーンで正装しつつ、品よくカラーメイクしたいときにぴったりです。そして、パーティメイクを想定して色をセレクトしたのがアディクションのパレット。上3色がラメ&グリッター系、下3色はマットな質感をセットしています。下のマットな原色と上のきらめきカラーをかけ合わせると、ゴージャスなカラーメイクに。ブラウンやゴールドをはさむことで、コントラストがありつつ肌なじみのいい、ツヤと華やかさのある目もとに仕上がります。

■バイレード プリズミック アイシャドウ パレット 18 カラーズ
■バイレード アイシャドウ サイオマンサー
■アディクション ザ アイシャドウ(好みの色を選んでセット)
■イヴ・サンローラン クチュール クルール パレット 5

 

こっそり遊びメイクがしやすいペンシル系。

アイライナーは色遊びに便利なアイテム。グラフィカルに描けるリキッドタイプもいいけれど、ペンシルならなじませることもできるし、さり気なく遊びメイクが楽しめます。M・A・Cの鮮やかなブルーとオレンジはマットな質感で、見たままの色がのってくれる。一方、M・A・Cのグリーンはメタリックで薄づきなので、肌なじみがいいです。Gabriniもマットで発色がよいですが、太めだから淡めの色遊びもできる。何より、ヴィヴィッドなピンクの色がすごく可愛いです。濃密なプラム色のロレアル パリは、パープル系のアイシャドウと合わせると洗練された遊びメイクに。締め色にもなりつつ、黒や茶より女性らしさがあるので、デートメイクにもおすすめです。そして、NARSの太めのリップライナーを目もとにも愛用。ベーシックな赤で、リップと色を揃えると可愛いと思います。

■M・A・C クロマグラフィック ペンシル Hi-Def Cyan、同 Genuine Orange
■M・A・C テクナコール ベント
■Gabrini LIP & EYE EXPRESS PENCIL 109
■ロレアル パリ Color Riche Classic Lip Liner 374
■ナーズ ベルベットマットリップペンシル 2477

 

気持ちまで盛り上がるきらきらピグメント系。

ラメやグリッターの粒を集めたピグメント系は、きらめき度合いがピカイチ。このきらきら感で気分があがる人は多いと思います。M・A・Cのグリッターのような大粒タイプは、100%遊びアイテム。使い方は自由自在で、髪やボディにもOKだし、まつ毛にトッピングしたりもします。KRYOLANはマットな質感で、色がしっかりのるタイプ。アイシャドウに重ねて色を濃く、はっきりさせたいときに使います。M・A・Cのダズルシャドウ リキッド はその名のとおりリキッドタイプなので、乾く前に上から色を重ねることが多く、アイシャドウの内側から偏光パールがにじむ感じに仕上がります。ブラウンメイクをして、目頭にピンポイントでのせるのも可愛くておすすめ。チップが付いているから使いやすく、ベタベタしないし、ヨレにくく、落ちにくいところも優秀です。ピグメント系はテクスチャーがないと定着しないので、M・A・Cのリキットタイプみたいなものをベースに仕込むと、よりきらめきが楽しめます。

■M・A・C グリッター GOLD HOLOGRAM
■KRYOLAN PURE PIGMENTS pure cheer
■M・A・C ダズルシャドウ リキッド ダイヤモンド クランブルズ

 

元記事で読む